コラム

 公開日: 2016-03-01  最終更新日: 2016-03-23

Q)経営者に必要な資質って何ですか?→答)数字を組み立てる力です

Q&A

ご質問:


こんにちは。いつもブログを拝見しています。
20年前、まだ20代だったころに友人と会社をテレビ局を顧客として番組制作会社を興し、2年くらい前まで
順調に成長してきました。しかし最近はテレビ局の不調に伴い、当社も売上が伸び悩んでいます。

今後あらためて新しく会社の方向性を見出さないといけないわけですが(モバイル向けの動画制作などを検討しています)、
経営などちゃんと勉強したことがなかったので、自分の方針には実は自信がなく、
あらためて「経営者にとって何が大事か」ということを考えたりしています。

よかったらお考えを聞かせてください。

ご回答:


ご質問ありがとうございます。

テレビ局をお客さんとしたビジネスで売上が伸び悩んでいるとのこと。きっといまは大きな転換の時期なんですね。
「経営者にとって何が大事か」とのご質問、とても興味深いので回答したくなりました。

情熱的な社長、親分肌の社長、研究者のような社長、慎重な社長、
ご本人の性格によっていろいろな社長像があってよいと私は思っています。

すべての人が孫正義やスティーブジョブスを目指す必要は全くありません。基本はあなたらしくでいいと思います。

でも、絶対的に必要なのは「数字を読む力」です。あとは「数字を組み立てる力」。

この数字力とアイデアが結びついたときに、良いビジネスになると私は思っています。

今起こっている現象を、「数字」として表すこと


自分の会社の売上はご相談者も分かっていらっしゃると思いますが、では、それを販路別にとらえると?(貴社の場合、例えば、売上に占めるテレビ局の売上はどれくらいなのでしょう?)

または、番組の制作の原価率・粗利はどれくらいなのか?

テレビ局の予算が減っているとしたら、テレビ局自体の売上は過去20年どんな風に変化したのか?そしてテレビ局は今後何をしようとしているのか?

モバイルの動画制作に移行していきたいとのこと。モバイルに関して世の中でどんな流れが起こっているかを判断するときにも、数字が重要です。

スマホのユーザー数は過去10年でどれくらい増えたのか?
Youtubeの投稿は、日本国内でどれくらいの数があるのか?
InstagramとLINEのユーザー数は、どれくらいの差があるのか?

関連する重要なできごとは、すべて数字に置き換えて考えてみましょう。(ガセネタに惑わされる無駄やリスクを減らすためです)

新たな「数字」を組み立てること


そして、それらの数字に基づいて将来を計画していきます。

色々なアイデアがある中で、自社のノウハウや人材や機材を生かして、今後どの市場とかかわるのが一番儲かりそうか?

今後どんなビジネスがよさそうか、仲間や社員に聞いてみたり、メディアから情報取集したり、海外の最新事例を
見たりすれば、アイデアはたくさん出てくるでしょう。けれども、判断基準の基本は、数字です。
必要な投資の額、銀行から借りないといけないお金の金額、売上の見込み、必要経費、失敗の確率、そのときの損失額、、、、すべて数字ですよね?(だって、ビジネスの成果=利益=数字なので、なんといっても数字が重要です。)

数字の管理ができてこそ、新しいアイデアや斬新な取り組みは生きてくるのです。

経営戦略と財務はマンガで学ぶ。その後得意な人を雇う


経営戦略や財務管理については、「絶対に」(強調します!)基本知識を身につけましょう。
数字が苦手な方もいますが、ちゃんと練習を重ねれば身についてきます。(私がその証拠です。今でこそ銀行の人とも対等に話せていますが、10年前は売上・利益・資金の違いもわからない状態でした。)Amazonで「マンガ 財務」
「マンガ 経営戦略」などの検索キーワードを入れれば、初心者向けの本がいくつも出てくることでしょう。

基本知識を身に着けたら、他人に頼る、という手もあります。(基本知識がないままに他人に頼るのは危険です。)

あるレストランのオーナーは顧客別の原価算出・利益の把握を、ホールスタッフをしていた理系アルバイト学生に任せてみたところ、なんなく数字が管理できるようになりました。

ある化粧品会社の社長は、経理出身の企業OBに定期的に会社に来てもらい、プロジェクトごとの利益を管理できるようになりました。

世で言われる「社長の資質」の間違い


「数字が大事」だなんて、心打たれるような感動的なアドバイスではないですね。ものたりない回答だったらすみません。

もしかすると、あなたは「経営者に必要なのは情熱だ」とか「不屈の精神こそ経営者に求められる」ものだ、という
アドバイスが好きかもしれません。あるいは、「人を大切にする」「感謝の心を忘れない」とか。
(実は、私もそういうアドバイスは大好きです。)

でもですね。やはりたくさんの経営者を見てきて思うことは、社長が数字を読めないと会社はダメになる。ということなのです。
戦略をまちがって、借入をしすぎると、本当に経営は苦しくなります。日々の経営と返済のための資金繰りに追われて、夢の中でも資金繰り、そして身も心も疲れ果ててしまうのです。あなたとあなたの周りのひとを幸せにするはずの経営は、あなたとあなたの周りの人を不幸にする経営、になってしまうのですよ。

「情熱」も「不屈の精神」も「人を大切に」も「感謝の心」も、数字の計算ができてから、のものです。

いくら人格がすばらしくても、利益がでていなければ、悲しいかな「良い経営者」ではないのですね。(良い人間であることには違いないですが。) どうぞあなたは、冷静に、数字を見ながら、確実に利益を作っていきましょう。そして、自分も人も幸せになるような経営をしてくださいね。


なるほど、でもうちの会社の場合はどうなるの? ...と思ったら、あなたも質問しませんか?<お問い合わせフォームをクリックしてお気軽にどうぞ。>

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
”経営を変える、人生が変わる” 経営変革をサポートする専門家
中小企業診断士 本 由美子 
◆ 最新情報はFacebookでどうぞ ◆ 公式WEBサイト

この記事を書いたプロ

株式会社Sente [ホームページ]

中小企業診断士 本由美子

東京都三鷹市深大寺2-2-6-306 [地図]
TEL:0422-31-8003

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー等のご依頼
20160405がんばるやめれば経営はうまくいく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・セミナー・ワークショップ・講演・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・経営戦略、マー...

経営相談について

 ◎顧問・社外取締役 ◎有料相談 ◎補助金・助成金申請支援  ◎http://mbp-tokyo.com/sente/service1/無料相談

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
本由美子 もとゆみこ

創業・新規事業を勝てる戦略・実践的手法で成長へ導く(1/3)

 「ビジネスにおいて、『なんとかなるだろう』という楽観的な結論は正しいです。基本的に、なんとかなるだろう、しかないのですね。ですが、将来を見とおせず道筋が見えないままでは、経営は危険です」。小柄で可憐な見た目とは正反対の、内側からみなぎる熱...

本由美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ロジカルな分析力・リサーチ力・勝てる戦略・CF・数字に強い

会社名 : 株式会社Sente
住所 : 東京都三鷹市深大寺2-2-6-306 [地図]
TEL : 0422-31-8003

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-31-8003

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本由美子(もとゆみこ)

株式会社Sente

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

主催者として嬉しいです

本様 昨日はお疲れ様でした。受講した皆さんの評判は「分か...

MT
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
公式④客単価を上げるには「品種」を増やす
イメージ

 Q4 客単価=品種数×品目数×品目当たり単価 について <全業態>ここで客単価を増やすとしたら、「品種...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

公式②「客数」と「客単価」なら、「客数」を増やす
イメージ

 Q2 売上高=客数×客単価 について <小売業・飲食業>小売業・飲食業で、1店舗あたりの売上を伸ばすと...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

経営戦略で一番重要な数字は”ROI”
イメージ

以前、経営戦略では「マネジメント=計測・数字管理することが重要」、というお話をしたんですが、今回は、その計測...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

「集客力を上げたい」なら、場所と商品を変える

「集客力を上げたい」「集客力を上げるにはどうしたらいいですか」という、経営者のお悩みをよく聞きます。は...

[ Q&A ]

90分で数字感覚は身につく(月に1回30分×3か月)

さて。ここまでたくさん数字をご紹介してきましたが。 人間はそもそも計算が苦手ですが... 人間は、...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ