プロTOP:原田正美プロのご紹介

マナーには人や組織の「仕事に向き合う姿勢」がそのまま現れる(1/3)

マナーで社員の力を引き出す人材コンサルタント 	原田正美さん

マナーのプロが教えるのは外見的な美しさよりも「心の姿勢」

 マナーとは、型を学ぶものだと考える人は多いでしょう。しかし、表面的な形だけを整えても、その行動が内的な動機によるものでなければ、自律型の人材は育ちません。セランスタイル代表の原田正美さんは、これまで8000名以上にビジネスマナーやコミュニケーションの研修を行ってきましたが、「きれいな所作を教えるよりも、働く喜びを知る人を増やしたいという思いで取り組んでいます」と語ります。「その人の魅力を発揮するための基礎を作り、持ち味を引き出すことができれば、一人ひとりが生き生きと働くことができ、結果的に製品やサービスの良さが伝わり、組織の実績につながるのです」。しかし、そう言い切る原田さんも、もともとは人見知りで、笑顔や接客には自信がなく悩んでいた一人だったと言います。

 原田さんは、日本の顔とも呼べる金融機関にて各界の重鎮を迎える役目を担ったことから、「マニュアル通りのマナーでは通用しない」と痛感。コミュニケーションスキルや心理学、話し方を徹底して学び、自信をつけました。「せっかく身につけたスキルは活かしてこそ」と考え、婚礼司会者に転身後、スキルだけではない「心に働きかける関わり」こそが人を動かすと確信し、マナーを教えるプロとして独立しました。

 企業研修や講演に登壇する一方で、もっとも重視しているのは現場目線のコンサルティング。IT分野や製造業など、コミュニケーションが苦手な社員が目立つ企業からの依頼も多いのですが、「自分もコミュニケーションが苦手だったので、苦手な人が“わからない”と感じるポイントが、よくわかります」

<次ページへ続く>

【次ページ】 徹底的な調査をもとに、本音で人とぶつかる

原田正美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

本気で向き合い、やる気を引き出し、仕事に自信をつける研修

屋号 : Selan Style(セランスタイル)
住所 : 東京都文京区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

原田正美(はらだまさみ)

Selan Style(セランスタイル)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ