>   >   >   >   >   >  アドラ―心理学ライフスタイル診断

コラム一覧 :アドラ―心理学ライフスタイル診断

1件~3件(3件)

アドラー心理学ライフスタイル診断感想<2017/12/28>

アドラー心理学ライフスタイル診断感想です。この方は4月にアドラー心理学ライフスタイル診断を受けてから、定期的なカウンセリングセッションを行ってきたのですが、その頃と比べてかなり変わりました。ご自身でもそうおっしゃっています。正に変化の年だったようです。アドラー心理学... 続きを読む

アドラ―心理学ライフスタイル診断

2017-12-29

アドラー心理学ライフスタイル診断感想<2017/12/6>

岐阜県で子育て関係の教室を主催されている小川のりこさんにアドラー心理学ライフスタイル診断を受けて頂きました。 アドラー心理学ライフスタイル診断とは、人の人生の生き方のパターンを読み解き、その人独自の生きる意味と目的を見つけるものです。 ストレングスファインダーとか、エニ... 続きを読む

アドラ―心理学ライフスタイル診断

2017-12-07

アドラ―心理学ライフスタイル診断感想/アドラーカウンセラー佐藤たけはる

イメージ

「株式会社子育て支援」代表の熊野 英一さんのアドラ―心理学ライフスタイル診断の感想です。以下本人より。  【アドラー芸人のライフスタイル(人格)を、ご開陳します】アドラー仲間のカウンセラー、佐藤たけはるさんの「ライフスタイル診断」を受けました。私の45年間の人生を... 続きを読む

アドラ―心理学ライフスタイル診断

2017-10-13

1件~3件(3件)

RSS
一日一言365日メルマガ
千里の道も一歩から

あがり症克服一日一言365日メルマガ配信中!あがり症克服のヒントになる一日一言と解説文を365日毎朝配信します。あがり症克服のための様々な心理学のメソッドや人間...

 
このプロの紹介記事
「佐藤たけはる カウンセリングルーム」代表の佐藤健陽さん

あがり症の苦しみから解放され、人前でも自然な自分でいられる(1/3)

 「意外かもしれませんが、あがり症の人は完璧主義、強い向上心の持ち主と言えます。より良く生きたいその気持ちが、自分の欠点を責める方向に向いてしまうのですね。つまり、人前で『しくじってはダメ』、『みっともない姿を晒してはダメ』と強く思い、結果...

佐藤健陽プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

あがり症療法「森田療法」×「アドラー」であがり症の根本改善

屋号 : 佐藤たけはる カウンセリングオフィス
住所 : 東京都東大和市桜ヶ丘2-137-5 中小企業大学校東大和寮 BusiNest(ビジネスト)530号室 [地図]
TEL : 090-2884-8613

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2884-8613

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤健陽(さとうたけはる)

佐藤たけはる カウンセリングオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ヒューマンギルド公式ブログより「あがり症は治さなくていい」著書紹介と講演会案内!
イメージ

アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」 ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログより、新刊と講...

[ 出版 ]

〔18〕書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」―『あがり症の特徴・その1』
イメージ

書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」【amazon事前予約はコチラ】https://goo.gl/W6JXya・...

[ 出版 ]

〔17〕書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」―『あがり症でなかったら(2)』
イメージ

書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」【amazon事前予約はコチラ】https://goo.gl/W6JXya・...

[ 出版 ]

〔16〕書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」―『あがり症でなかったら』
イメージ

書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」【amazon事前予約はコチラ】https://goo.gl/W6JXya・...

[ 出版 ]

〔15〕書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」―『あがらないことが目的となるとき2』
イメージ

書店に並ぶ前に読める!「あがり症は治さなくていい」【amazon事前予約はコチラ】https://goo.gl/W6JXya・...

[ 出版 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ