コラム

 公開日: 2018-04-16 

あがり症克服カウンセラー日記「あがるままにあるがままに~森田療法」

森田療法創始者の森田正馬は、森田神経質いわゆる対人恐怖症などの不安神経症の患者にとって望ましいあり方を、「あるがままに」の姿勢で生きることにこそあるとしました。

では、森田療法における「あるがまま」とはどういう意味を持つのでしょうか?

それは症状があってもそれはそのままにして今目の前にある物事に集中するということです。

緊張がなくなってから行動するという姿勢ではなく、びくびくするならびくびくするがまま、緊張するなら緊張するがまま人前で話す。
伝えるべきことを伝える。

不安がなくならない限りみんなとのお茶会に参加しない、飲み会に参加しないというのではなく、不安にかられながらも、え~い、ままよとばかりに参加する。

緊張や不安がありながらもそれはそのままにして恐怖突入することにこそ症状克服の鍵があるとしたのです。

あがり症を含む森田神経質の方々は段階的思考の傾向があります。
それは自分の症状がなくならない限り、恐れている状況を回避するというものです。
そうして自分の行動範囲を狭めていくのです。

なるほど回避している限り失敗することはありません。
しかし一方、成功体験を持つことも一生ないでしょう。
人によっては一生抱え続ける悩みとなります。
私はそういう人も見てきました。

その方は、不安や恐怖がある場面を避けることで自分の安全が保たれるとし、危険地域には近寄らなかったのです。

しかし火山や原発事故のあった場所は避けられても、果たして不安や恐怖という感情そのものは避けられることができるのでしょうか?

人が生きるうえにおいて不安や恐怖はつきものです。
あがり症~別名、社交不安障害の方が不安や恐怖を避ける選択をした時、それは社交、すなわち人との関わりを持たないという決断になるのです。
私が見た方は今目の前の恐怖から逃れるために、人との関わりを極力なくす回避的人生を選択したのです。

不安や恐怖におびえながらも人と会話したり人前で話すことは、短期的には回避的人生を選択した方々より苦痛を味わいます。
その苦痛は社交不安障害の方にとって確かに相当なものです。

しかし、不安や恐怖という気分があっても、会話に集中したり、人前で伝えるべきことを伝えようとしたりして今ある目的に集中し取り組み続けていく中で、必ずや不安や恐怖が軽くなっていたり、あるいは不安や恐怖を忘れている瞬間があったことに気づきます。

それは、確かに最初のうちは砂上の楼閣のようなあるかないか分からないような瞬間かもしれません。
しかし、取り組み続けていく中でやがてそれは継続した時間となるでしょう。

あがることをあってはならないと打ち消そうとするのではなく、不安や恐怖は「あるがままに」今ある目的に取り組むことによって付随してあがることが流れていく、そしてあがることへの囚われがなくなっていく、それこそが森田療法における症状克服なのです。

あなたは魔法の薬を願っているのかもしれない。
しかし、そこには魔法の薬はないのです。

現実生活に飛び込んで生きていく中にこそ、泥臭いけど、真実の答えがあるのです。


………………………………
※今月でこのマイベストプロの掲載を終了します。
今後は、同内容のものを下記ブログで引き続き掲載していきます。
よろしくお願いいたします。

《ブログ毎日更新中!》「あがり症に悩む全ての人のために」
http://ameblo.jp/732853/
………………………………

「あがり症は治さなくていい——大切なことはアドラーと森田正馬から教えてもらった」 佐藤健陽著<旬報社>発売中!!
【amazonより→】https://goo.gl/W6JXya

↓↓<カウンセリングのご相談・セミナー詳細はこちら!>↓↓
「佐藤たけはるあがり症克服本気塾!」
https://www.takeharukokoro.jp/agarisyoukokufukuhonkijyuku/

………………………………………………
あがり症克服一日一言365日メルマガ配信中!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgoDpwkk

この記事を書いたプロ

佐藤たけはる カウンセリングオフィス [ホームページ]

心理カウンセラー 佐藤健陽

東京都東大和市桜ヶ丘2-137-5 中小企業大学校東大和寮 BusiNest(ビジネスト)530号室 [地図]
TEL:090-2884-8613

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
一日一言365日メルマガ
千里の道も一歩から

あがり症克服一日一言365日メルマガ配信中!あがり症克服のヒントになる一日一言と解説文を365日毎朝配信します。あがり症克服のための様々な心理学のメソッドや人間...

 
このプロの紹介記事
「佐藤たけはる カウンセリングルーム」代表の佐藤健陽さん

あがり症の苦しみから解放され、人前でも自然な自分でいられる(1/3)

 「意外かもしれませんが、あがり症の人は完璧主義、強い向上心の持ち主と言えます。より良く生きたいその気持ちが、自分の欠点を責める方向に向いてしまうのですね。つまり、人前で『しくじってはダメ』、『みっともない姿を晒してはダメ』と強く思い、結果...

佐藤健陽プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

あがり症療法「森田療法」×「アドラー」であがり症の根本改善

屋号 : 佐藤たけはる カウンセリングオフィス
住所 : 東京都東大和市桜ヶ丘2-137-5 中小企業大学校東大和寮 BusiNest(ビジネスト)530号室 [地図]
TEL : 090-2884-8613

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2884-8613

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤健陽(さとうたけはる)

佐藤たけはる カウンセリングオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「アドラー心理学であなたの人生が変わる!東京立川(水曜夜コース)」
イメージ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※今月でこのマイベストプロの掲載を終了します。今後は、同内容のものを下記ブログで引き...

[ セミナー・講演 ]

あがり症克服カウンセラー日記「絶望=苦悩ー意味(ヴィクトール・フランクル)」
イメージ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※今月でこのマイベストプロの掲載を終了します。今後は、同内容のものを下記ブログで引き...

[ 人生論 ]

アドラー心理学ライフスタイル診断感想<2018/4/23>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※今月でこのマイベストプロの掲載を終了します。今後は、同内容のものを下記ブログで引き...

[ アドラ―心理学ライフスタイル診断 ]

「私の生きた物語」~究極の自分史~始めます!

<モニター募集中!>(シニア・余命の限られた方)※ご高齢の親御さんなどにお勧めしてみませんか?・・・・・・...

[ ディグニティセラピー ]

あがり症克服カウンセラー日記「可能性の中に生きる~自分をも騙して」
イメージ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※今月でこのマイベストプロの掲載を終了します。今後は、同内容のものを下記ブログで引き...

[ あがり症克服の秘訣 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ