橋爪里枝

はしづめさとえ

母と子の心の相談室  クオレ学習塾

[ 豊島区 ]

職種

コラム

 公開日: 2018-06-15  最終更新日: 2018-06-19

不登校の経過 不登校の始まりから回復まで

不登校の克服について


不登校の経過とその始まりから回復まで
不登校は、さまざまな要因が絡み合い、学校環境に拒絶反応を起こす状態を言います。



「学校に行けない状態」になるまでには、何らかのサインがあり、きっかけがあったはずです。
早期に気づき、適切な対応がなされれば、長期化することなく解決できます。逆に適切な対応ができず長期化すると解決は難しくなり、リスクが高くなります。ですから、ご家庭の問題だと抱え込まず、学校や専門機関と連携を図り、早い段階での対応、あるいは、その子の心の状態に合わせた対応が必要です。

不登校の経過


不登校は一般的に下記のような経過を辿るとされています。

1. 前駆期 不登校の前触れ
いわゆる行き渋りという時期です。頭が痛いとか、お腹が痛いとか、気持ち悪い等の体調不良を起こす、また、朝起きれない、なかなか着替えようとしない、トイレに行って出てこない等の行動に出るのもこの時期です。

この時期を見逃さないことが、早期対応につながり、早い解決につながります。
叱ったり、否定したりせずに向かい合って問題点を見つけることが大切です。何か様子が変だなと感じたら、その子の心の状態に目を向け、子どもの話をゆっくり聞いてあげて下さい。
学校生活がスムーズに送れるように配慮することで解決できる時期でもあります。

2. 不登校の始まり・進行期 
学校に行かない、行けないという意思表示をする「不登校宣言」の時期です。
この時期に適切な対応をしないと欠席は継続し、登校するきっかけを失ってしまいます。

この時期には、子どもは「学校に行けない」罪悪感や自責の念に悩み、苦しんでいるので、親のイライラや不満をぶつけたりしないで、子どもの意思を尊重し、家庭ではできるだけ規則正しい生活をさせ、ゆったりとした時間を過ごし、心の安定を図ることが肝要です。
この時期をうまく乗り越えられるとぐっと回復し、前向きになり、解決の糸口が見えてきます。

3. 混乱期 
子ども自身が内面の怒り、苛立ちを爆発させ、混乱する時期です。自分の気持ちをどうしてよいのか分からなく、粗暴な振る舞いや反抗的な言動、沈黙や無気力など自暴自棄に陥る時期でもあります。
長期欠席していることで、登校への不安は大きくなり、登校への意欲もなくなっていきます。

この時期には、専門医への受診を勧めています。決してあきらめず、放置せずに専門医や専門機関に相談してください。

4. 回復期
子どもの心が安定し、少しずつ自信を取り戻し、前向きになれる時期です。

回復への兆しが見えたら、焦らず、先回りせず、本人の意思とペースを大切にし、家族間で肯定的な関わり方を持続し、そっと後押しするのがポイントです。

不登校の解決とはどのような状態をいうのか


・今まで通っていた学校に登校する
・環境を変えて別の学校に転校する
・フリースクール等、その子の学びに合った場を見つける

何よりの解決は、自分らしさや自分の良いところに気づき、自分が好きになることです。そして、自分で自分の居場所を見つけ歩みだすことです。

不登校の子どもの気持ち


不登校の子どもは、心の奥に「自分はダメな人間だ」という感情を抱いています。
集団生活ができない、人に対して過剰に遠慮したり、気を使ったりしてしまう、羞恥心や猜疑心など否定的な感情が潜在しています。自分らしさや自分の良いところに気づき、小さな自信を積み重ねていくことが大切です。そのために家族は、肯定的な関係を構築し、その子の良さが引き出せるよう寄り添って下さい。

初めにも申し上げた通り、「学校に行けない状態」になる前の何らかのサインを見落とさず、適切は対応をすれば長期化することなく解決できます。また予防することもできます。
ご家庭の問題だと抱え込まず、学校や専門機関に相談し、その子の心の状態に合わせた対応をなさってください。


橋爪里枝

児童発達支援・不登校支援・教育アドバイザー
クオレ学習塾・母と子の心の相談室代表

主に豊島区巣鴨にて活動

職種  不登校支援・児童発達支援・学習支援・教育アドバイザー
分野  不登校支援・児童発達支援・子育て支援・学習支援・教育相談

母と子の心の相談室 
http://www.cuore-edu.com/
住所:東京都豊島区巣鴨3-24-13リバティベルズ シバタ 202号室 
最寄駅:巣鴨駅より徒歩3分

この記事を書いたプロ

母と子の心の相談室  クオレ学習塾 [[[ホームページ http://www.cuore-edu.com/ ]]]

講師 橋爪里枝

東京都豊島区巣鴨3-24-13 リバティベルズシバタ202 [地図]
TEL:03-6903-5883

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
クオレ学習塾の橋爪里枝さん

不登校、軽度発達障害の子どもの学習と親の悩みをサポート(1/3)

 巣鴨駅近くにある「クオレ学習塾」では、不登校、軽度発達障害の子どもの学習と親の支援に力を入れています。代表の橋爪里枝さんは、幼稚園、幼児教室、進学塾での勤務経験ほか、家庭教師として子どもたちに寄りそってきた経歴の持ち主。現在の塾のルーツは...

橋爪里枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

手助けが必要な子どもや気がかりな子どもの学習指導と教育相談

屋号 : 母と子の心の相談室  クオレ学習塾
住所 : 東京都豊島区巣鴨3-24-13 リバティベルズシバタ202 [地図]
TEL : 03-6903-5883

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6903-5883

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋爪里枝(はしづめさとえ)

母と子の心の相談室  クオレ学習塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
潜在的な発達障害児の早期発見と早期療育の必要性
イメージ

  発達障害って何? 発達障害とは発達の凸凹があって、そのせいで苦手なことや上手くできないことが表面...

[ 児童発達支援 ]

不登校になる原因 子どもの心に向き合うには
イメージ

 なぜうちの子が不登校になったの? なぜうちの子が不登校になったのか、その原因は何なのか、と思い悩...

[ 不登校支援 ]

不登校になってしまう原因と対応策や解決に向けてできることは?
イメージ

 気づいていますか? 不登校になった本当の原因を見つける大切さ 「毎日通うのが当たり前なのに、...

[ 不登校支援 ]

不登校は「甘え」ではありません。しっかり原因を探ってあげることが大切です。
イメージ

 不登校の子供に接する時に忘れてはいけないこと 「みんなが学校へ行っているのに、自分の子供だけが行くこ...

[ 不登校支援 ]

不登校の理由を聞いても、本人は答えず、理由がわからない場合は?
イメージ

 問い詰めないでください。不登校になってしまった時は待つ時です 子供が病気でもないのに学校へ行きた...

[ 不登校支援 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ