橋爪里枝

はしづめさとえ

母と子の心の相談室  クオレ学習塾

[ 豊島区 ]

職種

コラム

 公開日: 2015-03-25  最終更新日: 2015-06-02

人と人のつながりを第一に考えた、心を育む指導とは

子どもの本質を見極めて、指導方法を構築

クオレ学習塾では、素直な子、気がやさしい子、少し気難しく見えるけれどシャイな子、おとなしいけれど芯が強い子など、個性豊かな子ども達が学んでいます。

私は、子どもたちひとりひとりの本質を見極め、そしてその子に必要なものを考え、ちょうどよいタイミングに提供するといった指導を心がけています。それは、点数を重視した学習方法ではなく、それぞれの子どもの学力と心身の状態に合わせた学びが大切だと思うからです。

子どもの個性や成長に応じた学習を行うには、子どもたちの心の変化を見落とさないようにすることが大切です。そして、ちょっとした変化でもキャッチできるように子ども達と向き合うこと重要です。
子どもたちの心を育むための指導方法や、その子に合った教材を選ぶことが、クオレ学習塾の特徴のひとつです。

子どもたちが落ち着いた気持ちで学習する姿勢を学べるように

・自分を打ち消さない
・諦めない
・必ずできると信じる
・大丈夫という日を積み重ねて自信をつける
・時間がかかっても最後までやり遂げる

私は、指導指針として上記を掲げています。これらを実現していくためには、保護者の方とのコミュニケーションは欠かせません。面談を通じて、入塾されるまでの学習や学校での様子、親子関係、家庭環境などにも触れながら、じっくりとお話しをさせていただきます。

お子さんの家庭での様子を伺い、家庭学習を進めるにあたって、お声かけやご協力をお願いしています。また、塾での様子をお伝えすることで日常のお子さんとの関わりに生かしていただけたら、と思っています。
子どもたちが落ち着いた気持ちで、前向きに学習できるように、保護者の方とご一緒に日々取り組んでいます。

このようにご家庭と連携をとり、ひとりひとりのペースに合わせてじっくりと指導しますから、生徒は着実に力をつけていきます。これこそが、クオレ学習塾の大きな特徴です。

顔と顔を合わせ、言葉を交わすことで子どもの心を育む

近頃では、インターネットの普及によりパソコンやスマートフォンといったタブレット端末を使って情報を得る機会が増えています。そういった端末を取り入れた授業が行われている学校もあります。

しかし、子どもたちにとっては
「パソコンの画面を通してではなく、実際に人と人が顔を合わせて話をすること」、そして「ネットなどから情報や答えを得るだけでなく、人と人が言葉を交わして伝えあうこと」が大切だと思っています。
人間関係が希薄になっている時代だからこそ、人と人の温かい触れ合いが心を育むのだと思います。

子どもの良いところも、悪いところもそのまま受け入れて、その子のために何が必要かを見い出していくことが私の役割だと思っています。

母と子の心の相談室  クオレ学習塾
http://www.cuore-educare.jp/
03-6903-5883

この記事を書いたプロ

母と子の心の相談室  クオレ学習塾 [[[ホームページ http://www.cuore-edu.com/ ]]]

講師 橋爪里枝

東京都豊島区巣鴨3-24-13 リバティベルズシバタ202 [地図]
TEL:03-6903-5883

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

94
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
クオレ学習塾の橋爪里枝さん

不登校、軽度発達障害の子どもの学習と親の悩みをサポート(1/3)

 巣鴨駅近くにある「クオレ学習塾」では、不登校、軽度発達障害の子どもの学習と親の支援に力を入れています。代表の橋爪里枝さんは、幼稚園、幼児教室、進学塾での勤務経験ほか、家庭教師として子どもたちに寄りそってきた経歴の持ち主。現在の塾のルーツは...

橋爪里枝プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

手助けが必要な子どもや気がかりな子どもの学習指導と教育相談

屋号 : 母と子の心の相談室  クオレ学習塾
住所 : 東京都豊島区巣鴨3-24-13 リバティベルズシバタ202 [地図]
TEL : 03-6903-5883

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6903-5883

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋爪里枝(はしづめさとえ)

母と子の心の相談室  クオレ学習塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不登校の理由を聞いても、本人は答えず、理由がわからない場合は?
イメージ

 問い詰めないでください。不登校になってしまった時は待つ時です 子供が病気でもないのに学校へ行きたくない...

[ 学校の勉強についていけない子 ]

不登校は「甘え」ではありません。しっかり原因を探ってあげることが大切です。
イメージ

 不登校の子供に接する時に忘れてはいけないこと 「みんなが学校へ行っているのに、自分の子供だけが行くこ...

[ 学校の勉強についていけない子 ]

不登校になってしまう原因と対応策や解決に向けてできることは?
イメージ

 気づいていますか? 不登校になった本当の原因を見つける大切さ 「毎日通うのが当たり前なのに、なぜうち...

[ 学校の勉強についていけない子 ]

不登校になるには、心理的きっかけがあり 親の対応が大事
イメージ

 不登校になるのには、心理的きっかけがある 不登校になるには、どんなきっかけがあるのでしょうか?・ ...

[ 学校の勉強についていけない子 ]

学校に行けなくても勉強は必要 不登校の子どもに寄り添うとは
イメージ

 不登校の子どもたちのメンタル面、学習面をサポート 学校に行けない子どもたちの心の状態はひとりひとり違っ...

[ 学校の勉強についていけない子 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ