プロTOP:平野晃広プロのご紹介

築35年以上、旧耐震基準の戸建て住宅に可能性を見出して、“売れる・貸せる”物件へと蘇らせる(1/3)

サイセイデザイン株式会社の平野晃広さん

売れない・貸せない。中古一戸建て住宅も、使い方次第で息を吹き返す

 7軒に1軒が空き家という未曾有の状況に陥っている日本。そんな状況に「実にもったいない。私から見ると活用できる空き家はたくさんあります」と力強く話すのは不動産コンサルタントの平野晃広さん。2013年にサイセイデザイン株式会社を立ち上げ不動産運営・投資のコンサルティングを行う一方、全国でも珍しい「築35年以上の中古一戸建ての再生・活用」に取り組み、空き家に息吹をふき込んでいます。

 「親や祖父母の家を相続したものの住まう人間がいないなど、少子高齢化時代の今、家はますます余りゆく傾向にあります。特に築年数35 年以上の物件は現在の耐震基準を満たさないこともあって、売ることも貸すことも叶わず、いたずらに税金や保険、諸経費だけがかかる“負の遺産”となりがちです。しかし適切な再生処理さえ施せば家は生き返ります。活路を見つけないのはもったいないですよ」

 再生方法は大きくはふたつ。オーナーさんに物件再生の道をアドバイスする「コンサルティング」と、自身が借り手となってオーナーに賃料を払い運営を自らの手で行う「サブリース(借り上げ)」です。両方に共通するキーワードは“売れる・貸せる物件にすること”なのだとか。

 「“貸すため、売るためにどうするか”の視点が大事なんです。たとえばリノベーションを行う場合、つい『新しく』『かっこよく』と思いがちですが、果たしてスタイリッシュを求める人がその物件を借りるのか、をまず考えなくては。逆に古さはある程度そのままに、耐震補強、清潔感といった最低限のテーマにしぼって低コストでリフォームを行い、『あとは入居者のリノベーション自由』とした方が人気が出ることもあります。そのあたりの見極めが再生のポイント。方法は物件ごとに千差万別。将来の住人を想い描いて彼らに響くような処置を施すと必ず興味をもつ人が現れますよ」 

<次ページへ続く>

【次ページ】 建築設計と投資運用ファンド。多角的な目で適切な再生プランを提案

平野晃広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

空き家の魅力を引き出し、“売れる・貸せる物件”へと変える

会社名 : サイセイデザイン株式会社
住所 : 東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル1階 [地図]
TEL : 03-6684-2216

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6684-2216

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平野晃広(ひらのあきひろ)

サイセイデザイン株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
サービスの内容、流れ。どの段階から相談が有料になるのか

 具体的な事業内容について(1.戸建て賃貸経営のための事業プラン作成) 戸建てを貸し出そうと思っているけども...

[ サービス紹介 ]

サイセイデザインの特長。他サービスとの比較

 サイセイデザイン株式会社とは? 「サイセイデザイン」をインターネットで検索すると、〝空室対策、外壁...

[ サービス紹介 ]

親名義の戸建て貸出しの注意点

 親が高齢になったことで居住環境を見直す時期がきたら 高齢化社会の今、「子供と同居することになった」「設...

[ 一戸建て貸出・運用の成功ノウハウ ]

戸建てでの貸出は「儲かる」「儲からない」?

 支出や原価が抑えられた状態で売り上げが伸びれば利益に 戸建てでの貸出を不動産投資として捉えた場合、実際...

[ 一戸建て住宅の貸出中のトラブル事例と対処法 ]

一戸建て貸出のトラブル事例 収支がうまくつりあわない

 戸建貸し出しの収支について、問題の原因を探る 戸建を貸し出しているが、予想していた収支とどうも釣り合わ...

[ 一戸建て住宅の貸出中のトラブル事例と対処法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ