コラム

 公開日: 2014-07-18  最終更新日: 2014-07-31

花火大会シーズンは浴衣の出番/浴衣の着付け~小物

東京・中野の着付け教室「彩華文化学院」の松本美紀子です。

花火大会を前提とした、浴衣についてのコラムもこれで3回目。
最終回の本日は「着付けのポイント」や「小物」について
紹介します。実際に花火大会へ出掛けてみましょう!

浴衣の着付けのポイント


■前
・衿合わせ
浴衣の衿合わせは、合わせ方が浅いと着くずれやすくなり、だらしなく見えます。
やや深めに合わせましょう。

・おはしょり部分
長さは帯下から5~6㎝くらいで、もたつきに注意し、すっきり見えるように整えてください。

・帯
結び方だけでなく、結ぶ位置でも高いと幼く見え、低いと落ち着いた感じに見えます。

・補正
補正をしないで浴衣を着ると、ウエストのくびれに沿って帯がへこみ、
全体のバランスが崩れて美しくなく、また着くずれの原因にもなります。

■後
・襟の抜き加減
色気の表れる場所です。浴衣は着物ほど抜きませんが、
あまりに抜かないで着ると、子供のように見えてしまいます。

・帯結び
半巾帯は名古屋帯に比べ、気軽に締められます。いろんな形を自由に楽しみましょう。

・裾
裾つぼまりの美しいシルエットに。腰紐が緩いと
、動いているうちに裾が下がってくることがあるので、しっかり締めましょう。

・裾の長さ
かかとが見える程度が程良い長さです。

浴衣向きの小物


●下駄
下駄は桐の白木から漆塗りまでさまざまな素材があります。
白木のものは素足で履くと指のあとが付くので注意しましょう。

●扇子・団扇
浴衣には団扇が似合います。前面に書かれている絵もゆかたの色柄に合わせて
コーディネートして楽しんでください。あまり早くパタパタとあおがないように注意しましょう。

●夏小物
紺白ゆかたに小物を赤や朱、橙、ピンクなどでアクセントを付けましょう。
またにぎやかな柄物のゆかたには、小物を白・ブルー系などで爽やかさを演出しましょう。
カジュアルな浴衣でも、品のある着こなしで好感が持てる雰囲気がつくれます。

※突然の雨で足袋が濡れてしまったり、人混みの中で白い足袋が汚れてしまったり、
そんな経験はありません?
そこで、着脱ワンタッチで取り外し可能な草履用カバーを販売しております。
興味がおありの方は、下記のページをご覧下さい。
http://saikabunka.com/t_cover.php



都内花火大会情報


簡単に東京都内で開催される7月の花火大会日程をお知らせします!
今年の夏は是非、浴衣で花火を見に行きましょう!

■第36回足立の花火          7月19日(土)
■第48回葛飾納涼花火大会       7月22日(火)
■八王子花火大会            7月26日(土)
■立川まつり国営昭和記念公園花火大会 7月26日(土)
■第37回隅田川花火大会        7月26日(土)
■夏休み!神宮花火ナイター  7月21日(月・祝)~7月23日(水)、7月25日(金)~7月27日(日)

■手ぶらで通える着付け教室 「彩華文化学院」
お問い合わせ、お申し込み、見学・体験をご希望の方は
コチラ ⇒ http://www.sai-ka.com/contact/ からどうぞ!
住所 : 東京都中野区中野3丁目34番15号 中村ビル4階
TEL : 03-3382-5767

この記事を書いたプロ

彩華文化学院 [ホームページ]

着物コンサルタント 松本美紀子

東京都中野区中野3丁目34番15号 中村ビル4階 [地図]
TEL:03-3382-5767

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
幅広い資格を持つ知的な和装研究家

初心者でも、確かな技術を気楽に学べる着付け教室(1/3)

 器具を使わない手結びの着付けを教える、彩華文化学院学院長の松本美紀子さん。「『手結び』というキーワードで検索して、当学院のホームページを見つけてくださる方も多いようです」と話すように、帯と腰ひもだけで結ぶ伝統的な着付けは、着崩れしにくいの...

松本美紀子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

こだわりの美しい着付けと和の知識をわかりやすく指導

屋号 : 彩華文化学院
住所 : 東京都中野区中野3丁目34番15号 中村ビル4階 [地図]
TEL : 03-3382-5767

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3382-5767

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本美紀子(まつもとみきこ)

彩華文化学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
着付け教室は手ぶらで通う事のメリットは?

手ぶらで通える着付け教室が多くなってきました。「手ぶらで」というのは、着付け教室の着物や帯などをレンタルす...

着付け教室は妊婦でも通う事ができるのか?

妊婦さんでも事前に相談しておくことで、着付け教室に通うことが可能です。健康状態、妊娠周期などあらかじめ注意...

着付け教室に通い始めてからトラブルに合わないように注意する。

免許や資格取得のための上級コースへの進級や受講期間の引き延ばし、といったトラブルに合わないようにするには早...

着付け教室の相場はいくら?テキスト代やレンタル代もしっかり計算するのがポイント。

受講コースや教室のレベル・規模によってもその相場はさまざま。最も安い公民館などでの着付け教室では無料~3000...

着付け教室に通う場合着物は必要なのか?レンタルはできないのか?

着付け教室に通うために、はじめから着物・小物を全てそろえる必要はありません。ただ、肌に直接触れるものは用意...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ