コラム

 公開日: 2016-01-21 

田中真澄のパワー日めくり(21日)

21日は「生きがい」です。

「朝起きたとき、自分の仕事が待っている これが誠の生きがい」

生きがいには、いろいろな生きがいがあります。
仕事やボランティアなど、働きを通じての生きがい。余暇や家族との時間を通じての生きがいなど。
中には、孫の成長が生きがいだとおっしゃる方もいます。
その中で、社会貢献ができて、自分自身も成長していくものが良いのではないでしょうか。

例えばサラリーマンの場合、朝起きて行く場所、やる仕事があります。
定年等で退職したときに、朝起きて行く場所、やる仕事があるでしょうか。
言い換えれば、居場所があるでしょうか。居場所があることが生きがいです。
これまでの仕事や趣味を活かすのも良し、あるいは新しいことに挑戦するのも良いです。
新しいことにチャレンジする場合、早めの意準備をお勧めします。

仕事をすることにより、収入を得るだけでなく、体のリズムを保てますので、
健康に通じます。健康であればお金も出て行かない。そして仕事をすることができます。
60歳以降も厚生年金の事業所で働けば、65歳以降の年金額が増えます。
この好循環を、生きがいになさることをお勧めします。

朝起きたとき、自分の仕事が待っている
これが誠の生きがい
です。


今月は、田中真澄先生の日めくりカレンダーを元に、わたしの想いをつづらせていただきます。
実際の「田中真澄のパワー日めくり」には、田中真澄先生の7000回を超える講義内容と
91冊もの著書のポイントが綺羅星のごとく解説されています。
ぱるす出版:http://www.pulse-p.co.jp/index.asp

この記事を書いたプロ

高伊FP社労士事務所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 高伊茂

東京都豊島区池袋2-68-10-801 [地図]
TEL:03-5911-7405

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
執筆のご紹介
『定年を楽園にする仕事とお金の話』

2018年1月17日、日経新聞のトップ記事は、「年金受給開始 70歳超も」横見出しが「高齢者に就労促す」でした。『定年を楽園にする仕事とお金の話』...

 
このプロの紹介記事
相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

“存在価値”を意識したライフプランニングを。(1/3)

 池袋駅北口からほど近くに事務所を構えて、まもなく10年。大手信託銀行勤務を経て独立したファイナンシャルプランナー(FP)の高伊さんは、元銀行員というよりも話しかけやすい先生といった趣を感じさせる、快活で明るい人柄がトレードマークです。...

高伊茂プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 高伊FP社労士事務所
住所 : 東京都豊島区池袋2-68-10-801 [地図]
TEL : 03-5911-7405

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5911-7405

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高伊茂(たかいしげる)

高伊FP社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「逃げ切る」という発想を止めよう
イメージ

朝日新聞をご覧くださったかた、ありがとうございます。拙著、『定年を楽園にするお金と仕事の本』の冒頭にあ...

[ 人生100年 ]

お金のウソ、仕事のウソ
イメージ

朝日新聞をご覧くださったかた、ありがとうございます。拙著、『定年を楽園にするお金と仕事の本』の冒頭にあ...

[ 人生100年 ]

「80歳でお迎え」は見積もりが甘い
イメージ

先日、某老人大学でのこと90人くらいの方の前で「80歳でお迎えが来るだろう」と思っている方は手を挙げ...

[ 人生100年 ]

定年後こそ楽しい人生が待っている
イメージ

日経ビジネス2018.02.05、No.1927の特集は「幸せ100歳達成法 長寿リスクを超える」です。拙著、『定年を楽...

[ 人生100年 ]

定年を楽園にする人⇔地獄にする人「お金の増やし方」
イメージ

仮想通貨で、損をした人がいるようです。さて、今日は、『定年を楽園にするお金と仕事の本』の中から見開き...

[ 人生100年 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ