コラム

 公開日: 2014-10-13 

遺言川柳ー30

遺言川柳の30回目です。

幻冬舎:
http://www.gentosha.co.jp/search/index.php?search_keyword=%E9%81%BA%E8%A8%80%E5%B7%9D%E6%9F%B3&x=0&y=0

「太閤も いまわのきわは ただの親」
親亡き後の幼児を心配するのは、世の常です。
財産がいくらあっても、関係ありません。
親が子を思う心情を、遺言書やエンディングノートに残しましょう。

「人格を 変わらせないのも 親心」
親心には、いろいろなものがありますね。
日本の公園の父とよばれ、私が敬愛する本多静六林学博士が、まさに実践されています。

久喜市HPより ↓
http://www.city.kuki.lg.jp/kanko/rekishi/honda/honda_00.html

 本多静六博士は、日本最初の林学博士として日本の造林学・造園学の基礎を築くとともに、東京の日比谷公園、明治神宮の森をはじめ、本県の大宮公園など、日本各地を代表する数百にも及ぶ公園の設計に携わった人物としても知られています。
 「人生即(すなわち)努力、努力即幸福」を人生の教訓とした博士。学術研究だけにとどまらず、自ら考えついた「四分の一天引き預金」をもとに非凡な才を発揮して、莫大な財産を築きました。しかし自らは簡素な生活を続け、多大な財産は公共事業のために寄付していました。博士が秩父市(旧大滝村)に所有していた2,700ヘクタール余りの山林を奨学金制度の実施を条件に埼玉県に寄付したのは有名ですが、この制度は「本多静六博士奨学金」として現在まで1,400名以上の子弟に利用され、今日まで埼玉県の教育水準の向上に大きな役割を果たしています。

この記事を書いたプロ

高伊FP社労士事務所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 高伊茂

東京都豊島区池袋2-68-10-801 [地図]
TEL:03-5911-7405

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
執筆のご紹介
イメージ

今年も、セールス手帖社保険FPS研究所から、FP知識シリーズ『相続・贈与編』が発行されました。皆さまからわかりやすいと好評で、お陰様で9年目(第9版)平成...

 
このプロの紹介記事
相続・年金・ライフプラン、中高年の皆さまの相談相手のFP

“存在価値”を意識したライフプランニングを。(1/3)

 池袋駅北口からほど近くに事務所を構えて、まもなく10年。大手信託銀行勤務を経て独立したファイナンシャルプランナー(FP)の高伊さんは、元銀行員というよりも話しかけやすい先生といった趣を感じさせる、快活で明るい人柄がトレードマークです。...

高伊茂プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 高伊FP社労士事務所
住所 : 東京都豊島区池袋2-68-10-801 [地図]
TEL : 03-5911-7405

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5911-7405

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高伊茂(たかいしげる)

高伊FP社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
サラリーマン川柳 いちおしー143

12月9日は「漱石忌」です。墓所を訪ねるのは、いかがでしょう。さて、NHK出版社『サラリーマン川柳 ...

[ 人生100年 ]

サラリーマン川柳 いちおしー142

年金滞納者の9割が免除対象とのこと、大事な年金のことが周知されていないとは、驚きです。さて、NHK出...

[ 人生100年 ]

サラリーマン川柳 いちおしー141

急激に寒くなりました。風邪など引かないよう、お気をつけ願います。さて、NHK出版社『サラリーマン川柳 ...

[ 人生100年 ]

サラリーマン川柳 いちおしー140

12月6日は「音の日」です。さて、NHK出版社『サラリーマン川柳 いちおし傑作選』の中から、「サラリーマ...

[ 人生100年 ]

サラリーマン川柳 いちおしー139

東京水天宮は毎月5日が縁日で、12月5日は納めの水天宮です。さて、NHK出版社『サラリーマン川柳 いちおし...

[ 人生100年 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ