異文化コミュニケーションを教える英語研修講師

村田志乃

むらたしの

株式会社RADIANT(レディエント)

[ 文京区 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-07-13 

奇妙な英語表記 1

【本当の意味を知ったら・・・】


最近、街中で見かける奇妙な英語表記。
笑えるものから、これは・・・すぐにでも教えてあげなきゃ!と思うものまで、多種多様です。

今回は、そんな中で、いくつかご紹介いたしますね。

1) 日本語で聞くと、同音に聞こえるためのスペル間違え。これは、頻度でいうとかなり高いです!
   Fresh juice(新鮮なジュース)→Flesh juice(肉ジュース)

2) 似た単語を間違って使用。これも頻度が高いです。
   No Dumping here. (ゴミ捨て禁止)→Do not dumb here.(ここで黙るな!)
   ※dumbは、形容詞の場合、「馬鹿な、あほな、間抜けな」の意味で使われます。

3) 自動翻訳アプリにかけて、まったく、意味が理解不能になっているもの。
   Entering in the foreigner will hold back while holding the event for the following reasons.
・in the hall became there is no staff who understands English.

ここまでくると、何を言いたいのか、さっぱりわかりませんね(笑)
   1)2)は、クスクスで済むかもしれませんが、3)のパターンは、きっと注意喚起か、何か大切なメッセージを伝えたかった   はずです。これでは、かえって会場で混乱を招くことになったりします。

   外国人向けのサインボード、皆さんの周り、奇妙な表記はありませんか?
 

この記事を書いたプロ

株式会社RADIANT(レディエント) [ホームページ]

講師 村田志乃

東京都文京区本駒込2-4-12 [地図]
TEL:03-5940-0263

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
村田志乃 むらたしの

異文化への理解とサービスの本質から英語研修をコンサルティング(1/3)

  RADIANTの村田志乃さんは、ホテル、飲食店などのサービス業を中心とした英語コミュニケーションのコンサルタント。マンダリンオリエンタルホテル東京、東京ステーションホテルなど、ハイクラスのホテルでスタッフ向けの英語コミュニケーション研修...

村田志乃プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

クライアントが求めに応じて研修カリキュラムをカスタマイズ

会社名 : 株式会社RADIANT(レディエント)
住所 : 東京都文京区本駒込2-4-12 [地図]
TEL : 03-5940-0263

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5940-0263

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田志乃(むらたしの)

株式会社RADIANT(レディエント)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
息継ぎ代わりに使っていませんか? "Thank you"
イメージ

 息継ぎ代わりに使われる"Thank you" サービス業では、欠かせない感謝の言葉。"Thank you." "Thank you ve...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ