プロへのQ&A

東京で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:マネー

夫が死亡し住宅ローンが2社の場合の返済について

住宅ローンが2社で1社が9割で団体信用保険がついています。もう1社は変動金利で金利が低い為、ローン借り換えの際残しました。夫が死亡の場合団体信用保険の方は支払いがなくなると思いますが、もう1社は妻が払うのでしようか?
もし妻が払うなら夫が生きている内に払った方がよいのか、亡くなってからだと負の財産について何か損な事や得な事があるのかが知りたいです。現在1割の300万位を払うのは子供学費があり大変です。

投稿日時:2014-02-02 02:04:41 | 最終回答日時:2014-02-25 18:31:42 | 回答件数:1

マネー

この質問の回答受付は締め切られました。

藤森哲也

藤森哲也の回答

一部繰上返済を活用されてみてはいかがですか。

はじめまして。
不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。


さてご質問いただきました件ですが、
9割分の融資につきましては団体信用生命保険(=団信)がついているため、
ご主人さまがお亡くなりになれば残債は残りません。

しかし、残り1割分の融資は団信がついていませんので、
ご主人様がお亡くなりになりましたら、
残債はそのまま相続人に引き継がれることになります。


kokoroさまの場合、ご主人様がお亡くなりになると9割分の融資がなくなり、
残り1割分(300万円)の融資を相続人(奥様やお子様)が引き継ぐことになります。

つきましては、まずは残り1割分(300万円)の月々のご返済額をご確認いただき、
ご主人様がお亡くなりになった後もお支払いできるのか、
ご家族とご相談されることをお勧めいたします。

もしお支払いが可能であれば、今後の残債リスクを少しでも減らすために、
一括で300万円お支払いいただくのではなく、
一部繰上返済で少しずつ残債を減らしていくのが一般的です。


他方、残債に対するご不安が強いようであれば、
残り1割分(300万円)を生命保険でカバーする方法もございます。
例えば、今ご加入している死亡保険金を増額されたり、
収入保障保険で残債に対する返済分を補填していくことも可能です。


いずれにしろ、まずはご家族の方にとって何が最善な選択なのか、
みなさまでよくお話し合いされることをお勧めいたします。



以上、ご参考になりましたでしょうか。

アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/ 藤森哲也

FPによる住宅ローン相談 初回無料相談 http://www.ad-cast.co.jp/money/loan/

FPによる生命保険相談 初回無料相談 http://www.ad-cast.co.jp/money/life-insurance/

回答日時:2014-02-25 18:31:42

このプロの回答一覧を見る

藤森哲也(生涯パートナーを目指す次代の不動産コンサルタント)

株式会社 アドキャスト

  • 電話:03-5773-4111 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:年中無休 (年末年始を除く)

このプロに問い合わせたい

 

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
家事
グルメ・料理
防災・防犯
ブライダル
葬祭
オーダーメイド・贈り物
結婚相談
ビジネス
会計税務
法務・人事・労務
会社設立・起業支援
事業再生・承継
各種コンサルティング
ビジネススキル・キャリアアップ
転職
法律
民事
家事
刑事
書類作成・申請代行
趣味・ライフスタイル
旅行・アウトドア
クルマ・バイク
スポーツ
ペット
リサイクル
住宅
建築・設計
設備・リフォーム
不動産
インテリア・内装
エクステリア・外装
稽古事・資格
資格
マナー
習い事
ファッション・美容
コスメ・美容
ファッション
リラクゼーション
フィットネス
出産・子育て
出産・乳幼児
受験・進学
マネー
保険・年金
投資・運用
家計・ライフプラン・ローン
税金・相続
医療・健康
歯科医療系
各種医療系
介護・福祉
マッサージ・各種療法
メンタル・カウンセリング
家族・夫婦関係
こども、学校生活
ビジネス・職場
シニア
その他
その他
ページの先頭へ