コラム

 公開日: 2016-08-24 

リオ五輪で印象的だった選手の言葉と行動

今回のリオ・オリンピック。素晴らしかったですね!沢山の感動と気付きを頂きました。
印象に残った出来事を振り返りながら、自分に置き換えて整理してみたいと思います。


こんにちは。好印象プロデューサーの原田眞里です。


私が最も考えさせられたことの一つ。
それは女子レスリング・吉田沙保里選手の銀メダル獲得に関してです。



吉田選手は決勝戦でアメリカのヘレン・マルーリス選手に敗れ、五輪4連覇を逃しました。
試合後は涙が止まりませんでしたね。
「たくさんの人に応援していただいたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです。
日本選手の主将として金メダルを取らないといけないところだったのにごめんなさい」
表彰式でも涙は止まりませんでした。
「最後の最後に銀メダルに終わると思っていなかったです。悔しいです。」
と、気持ちの整理がつかないようでした。

私からすれば「銀メダル、すご~い!」です。
でも、吉田選手は今までオリンピック・世界選手権を16連覇していました。
2001年からは個人戦で206連勝していました。
だから「金メダルで当たり前!」なワケです。

「金を取って当たり前」と「金は取れなくて当たり前」の差。
自分に置き換えて「達成して当たり前」と「出来なくて当たり前。」の差。
金が取れないのは「自分にはそこまでの力は無いから」。
達成できないのは「だってこういうご時世だもの」などど理由がつく場合が多いです。

自分の当たり前の基準って・・・どの辺にあるんだろう?
どこに置きたいのだろう?と考えてしまいました。
では、どうすれば当たり前の基準を引き上げることが出来るのでしょう?
それは、高い基準を持つ人の近くにいること。そういう人や考え方と常に接することです。
吉田選手の背中を見ながら育った若手選手達が金メダルを獲得したことがその証拠です。
彼女たちは吉田選手のやり方、考え方、生き様に接しながら、
若いなりに「当たり前」の基準値をどんどん上げて行ったのでしょう。
そういう意味で、吉田選手は主将としての役割を充分に果たしたと思います。

吉田選手の「当たり前」は崩れましたが、この時こそ、次のステージへの扉が開かれる時です。
それが「引退」という形であっても、それは「成長」なのです。
素晴らしい感動を頂いた事に感謝です!


そしてもう一人。
男子体操のエース・内村航平選手に関してです。
内村選手の「オリンピックにいる魔物は、自分で作り出していた」発言には、考えさせられるものがありました。



2008年のロンドン五輪では、個人総合で金メダルを獲得するも、鉄棒やあん馬で落下するなど
内村選手本来の演技を披露するには至らず、その試合後
「オリンピックには魔物がいた」という言葉を残したのを記憶しておられる方は多いと思います。

今回、オリンピック開始前にその「魔物の正体」について、
ある番組で松岡修造が内村選手にインタビューしていました。

いつもと同じようには出来なくなること、それが「魔物」だと内村選手は答えていました。
技術的にも非常にレベルの高い内村選手。練習を重ね、美しい体操を心がけ
世界選手権もオリンピックも日頃の練習の通りできたら何の問題もないわけです。
が、そこはオリンピック、意識してしまうのだそうです。
「世界選手権だから」とか「オリンピックだから」とか無意識のうちに思ってしまっている自分に気づいては、
「いやいや、そうじゃない」と打ち消していたものの、
やはり「オリンピックだ!」という特別意識を持ってしまっていたとのこと。
その特別意識こそが「魔物」の正体だと語っていました。

つまり「魔物」はオリンピックの競技場に住むものではなく、自分の心の中に潜んでいた。
それに気付いたというワケです。そして結果はご存知の通りですね。

魔物とは「プレッシャー」だとも分析されています。柔道金メダリストの大野将平選手は
「当たり前のことを当たり前にやるという難しさを改めて感じました。」と発言していました。
周りにある外の世界ではなく、自分の意識、想いとの闘いですね。

自分に置き換えた時、私には魔物と感じるほどの存在はありません。
でも、自分の意識、想いが全てを創りだしているのは認めます。
良いこととして現れるも、嫌なこととして現れるも、それらは全て自分の想いが原因です。
自分の想いが現実を創りだしているのです。
良くも悪くも今在るこの自分は、自分の想いの結果なのです。
想いはカタチとなり、人生となるのです。

「心が変れば態度が変わる。
態度が変れば行動が変る。
行動が変れば習慣が変る。
習慣が変れば人格が変わる。
人格が変れば運命が変わる。
運命が変れば人生が変わる。」なのです!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
印象表現の基礎を見つける「好印象スター診断®」では、
6つのタイプの中からあなたが本来持つスター性を見つけ出します。
5000人以上の女性の印象作りを基に独自開発した、
全く新しい印象診断メソッドです。
「体験1Dayグループワークショップ」は毎月開催です。
http://premiumstage.com/workshop
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

この記事を書いたプロ

株式会社プレミアムステージ [ホームページ]

イメージコンサルタント 原田眞里

東京都   「学芸大学駅」から徒歩約6分 [地図]
TEL:03-5794-6188

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

好印象セミナーへの参加を申し込んだきっかけは、産後の再就職から5年半が経ち、これからの仕事と自分らしい生き方を再確認したいと考えていたからです。セミナー内容...

サービス一覧
イメージ

■企業様向けサービス◆【好印象戦略 研修プログラム】◆~女性活躍推進支援の新しいカタチ~行き詰りを切り開く唯一の手がかり5,000人以上の女性たちの好印象...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
原田眞里 はらだまり

5000人以上のコンサルティングを実施!あなたの生き方に自信をつける好印象プロデューサー(1/3)

 株式会社プレミアムステージ代表の原田眞里さんは、国際イメージコンサルタントとして過去10年間に約5000人以上の女性たちのコンサルティングを実施してきました。その経験から、女性たちの外見が整い印象が改善されれば、内面にも大きく影響を及ぼす...

原田眞里プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

独自の手法で好印象を磨き「選ばれる人」を創る

会社名 : 株式会社プレミアムステージ
住所 : 東京都   「学芸大学駅」から徒歩約6分 [地図]
TEL : 03-5794-6188

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5794-6188

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原田眞里(はらだまり)

株式会社プレミアムステージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

グラフィックデザイナー 石田祐子様より「好印象セミナー」のご感想

好印象セミナーへの参加を申し込んだきっかけは、産後の再就...

石田 祐子様
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【ご感想】スターの衣裳部屋診断
イメージ

好印象スター診断の結果をさらに生かし、あなたを最上級に印象付ける「好印象プロデュースプログラム」現在...

[ 好印象コーディネート ]

【年末スペシャル企画】マンツーマンセッション受付開始!
イメージ

さあ、11月も半ばです!外へ出て、知らない方々と出会う機会が一気に増える時期ですね。様々な交流会、ラ...

[ お知らせ・ご案内 ]

アメリカ大統領選に見るイメージ戦略
イメージ

アメリカ大統領選挙が迫って来ました。アメリカは一体どこへ向かうのか?日本にどんな影響があるのか? 結果が...

[ 印象戦略 ]

女性活躍に特化した企業研修がメディアに掲載されました
イメージ

「好印象スター診断」は、個人向けのワークショップで、印象の基礎が見つかります。「好印象プロデュース」も同...

[ お知らせ・ご案内 ]

印象力を上げて、エネルギーの好循環に乗る!
イメージ

「好印象スター診断」は、あくまでも出発点です。 「スターサイクル号」に乗るための切符を手に入れるみたいなも...

[ 印象戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ