>   >   >   >  田上忠之

プロTOP:田上忠之プロのご紹介

音色もタッチもそのままに。音量だけを小さくする画期的なシステム「NighTONE(ナイトーン)」(1/3)

「NighTONE(ナイトーン)」の開発者で調律師の田上忠之さん

卓越した技術力を備えるピアノ技術者のみが製作する

 「音色を変えることなく、音量だけが小さくなり、繊細なタッチをそのまま表現できる」という特長を持つ、ピアノ用アナログ式超弱音システム「NighTONE(ナイトーン)」。昨今の住宅事情や多忙によって夜中しか練習時間が確保できない演奏者にとって、ピアノに取り付けただけで、時間を問わず自由に演奏が可能になると話題を集めています。グランドモデルの場合、予約は半年待ちという状態の画期的なシステムを開発した生みの親が、「TAGAMI-PIANO TUNE」の田上忠之さんです。

 田上さんの職業は「ピアノ調律師」。調律以外にも、修理、オーバーホール、修復などを行い、ピアノに関する多様な専門知識や技術が必要とされる職人の世界です。長年の経験によって培われてきた調律師の知識と技術力は、「NighTONE」にも存分に生かされています。ピアノといっても、各自が所持しているピアノはメーカーや機種や年代等が異なり、それは内部の設計や寸法にも及びます。そのため、「NighTONE」は完全なオーダーメイドで作成され、職人の手作業が必須。現在は後進の育成が進んだことでアップライトピアノは対応可能な人員が増えたものの、グランドピアノにおいては田上さん本人が設計、製作を担当する必要があります。

 一方、関西圏においては技術提携という形でノウハウを提供し、西日本の希望者にも対応できる体制を構築。さらに、全国展開のほか、ヨーロッパなど世界規模での反響があり、「NighTONE」をどう広めていくかが目下の課題となっているそうです。「NighTONE」は2010年から製品化が実現していますが、当初の予測よりも幅広い年代、用途、地域でニーズが存在し、「弾きたくても弾けなかった」という本物志向のピアノ愛好家にとっては、まさに救世主とも呼べる画期的なシステムです。その開発経緯には、田上さんだからこそ成し得た要素が随所に存在します。

<次ページへ続く>

【次ページ】 職人気質である師匠の元に弟子入りしての修行時代を経て

田上忠之プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

繊細なタッチと音色は不変。夜中もピアノが弾ける画期的システム

屋号 : TAGAMI-PIANO TUNE
住所 : 東京都港区高輪3-14-41 ベルジューレ高輪6F [地図]
TEL : 03-5449-7343

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5449-7343

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田上忠之(たがみただゆき)

TAGAMI-PIANO TUNE

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ナイトーン・グランドピアノ用 “超“ 弱音装置 「お客様の声」
イメージ

昨年の10月に大阪までナイトーンGPライトの製作に行ってきました!現役の音大生(男性)の方のピアノで、マ...

[ ナイトーン・お客様の声 ]

ピアノの “超“ 弱音装置ナイトーン 「お客様の声」
イメージ

カワイのハイクオリティ・グランドピアノ「SHIGERU KAWAI SK-2」に、ナイトーンGPプロフェッショナルを製作中...

[ ナイトーン・お客様の声 ]

ピアノ用 “超” 弱音システム・ナイトーン「防音専・門建築士の声」
イメージ

先日、グランドピアノ・ボストン/193でナイトーンGPプロフェッショナルをお申込みになられましたN.M様...

[ ナイトーン・お客様の声 ]

ピアノ用 “超“ 弱音装置 ナイトーン 「お客様の声」
イメージ

グランドピアノ・ボストン/193 をお弾きのお客様が、防音専門の建築士の方と一緒に、ご試弾にいらっしゃいま...

[ ナイトーン・お客様の声 ]

テレビの音よりも小さい☆ナイトーンUP “超“ 弱音装置「お客様の声」
イメージ

渋谷区代々木の一戸建てのお家ですが、隣のお家と近接していて、もう何年も弾きたくても弾けなかったということ...

[ ナイトーン・お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ