コラム一覧 :仕事術

1件~6件(6件)

組織コンサルタントが愛用するビジネスグッズ11選

先日、「組織コンサルタントが愛用するビジネスグッズ11選」なる記事を書きましたので、こちらのページでもシェアをさせて頂きます。なかなか好評で、特に11個目のアイテムに対する共感が多くございました。皆様のビジネスシーンが少しでも豊かになることを願っております。(リンク... 続きを読む

仕事術

2018-01-25

鞄の中を見ずに必要な書類を取り出せますか?(ダブル・ループ)

書類の山に囲まれて資料が見つからない経験をしたり、パソコンの中のデータを探せず困った経験はないでしょうか?これを防ぐ方法として、様々な仕事術・整理術の本が存在します。(2016年10月時点で、amazonの「仕事術・整理術」には4,978冊の本がある)一念発起して、机の上を片付けたと... 続きを読む

仕事術

2016-10-11

プライドありますか?

「無いように見えてあるのがプライド」と言いますが、プライドはある方が良いのでしょうか?無い方が良いのでしょうか?自分の仕事や取り組みに対するプライドは必要です。「誇れる水準で頑張れているか?」と、自問し、点検する際にプライドは役立ちます。しかし、プライドを... 続きを読む

仕事術

2014-11-04

あなたが正しい

『やれると思えばやれるやれないと思うのなら、あなたが正しい』とは実業家メアリー・ケイ・アッシュの言葉です。どういう文脈で語られた言葉か私は知りませんが、肩の力を抜いて一呼吸させてくれるので好きな言葉です。企業戦士として高い目標を掲げ、挑戦することを求められ... 続きを読む

仕事術

2014-10-30

忘れる技術(応用編)

イメージ

前回はタスク管理の話でしたが、応用編としてアイデアを生み出すための忘れる技術を紹介したいと思います。アイデアを温めることで良いアイデアに昇華した経験はないでしょうか?多くの場合、最初から素晴らしい閃くのではなく、思考を積み重ねたり、多くの情報をインプットすることで... 続きを読む

仕事術

2014-10-29

忘れる技術

イメージ

仕事に追われ、スケジュール管理もままならなくなり、ミスや抜け漏れを多発させている人は身の回りにいないでしょうか?ちょっとした仕事のコツを身につけることが必要です。 多くの場合、仕事に追い回されている人は悪循環に陥っています。仕事の一つ一つに割く時間が少なくなり、... 続きを読む

仕事術

2014-10-22

1件~6件(6件)

RSS
提供サービス

変化の激しい時代、人と組織の変革による持続的成長をはかるために、人と組織の本質的な問題を炙り出し、チームとしての意思決定を支援する診断サービスです。■...

 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
昭和のマネジメントと平成のマネジメントのGAPを埋める(1/2)
イメージ

最近、パワハラの課題解決のご相談を受けることが多くなりました。この問題を解消する上で厄介なことは、「ハラス...

[ マネジメント ]

今年一年を素晴らしい年にするための「目標設定」と「目標の活かし方」の話

新年あけましておめでとうございます。やる気に満ちた一年のスタート、皆様今年の目標を描いておられるかと思いま...

[ マネジメント ]

日本のエレクトロニクス産業はなぜ凋落したか?

『愚者は(自分の)経験に学び、賢者は歴史(他人の経験)に学ぶ』とはドイツ首相ビスマルクの言葉ですが、日本の...

[ 経営者向け ]

組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、そ...

[ マネジメント ]

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)
イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ