コラム一覧 :マネジメント

1件~15件(33件)

過去の15件

コーチングでは解決できない問題(問題解決における対話の基本 その②)

イメージ

「問題解決における対話の基本 その②」は「創発(エマージング)」です。「上司は部下の問題解決者である」というマネジメントの考えを学び、問題解決の対話技術(質問技術)を学び真面目に取り組んでいる人が陥るのが、「上司が答えを持っていなくてはいけない」「部下から考えを引き... 続きを読む

マネジメント

2016-11-03

人に向き合わず、課題に向き合う(問題解決における対話の基本 その①)

イメージ

ここのところ「目標」に関するコラムを書かせていただいていましたが、「問題解決」がうまくできないと、「目標」もうまく扱えなくなるということがあります。今回と次回に分けて、「問題解決における対話の基本」を2つ紹介させて頂きます。まずは「人と課題の分離」です。「人の問題... 続きを読む

マネジメント

2016-11-02

ウェルズファーゴの失敗を他山の石とする

イメージ

先日、米金融大手ウェルズ・ファーゴの多数の従業員が顧客に無断で口座開設やクレジットカード作成をしていたという事件がありました。この事件の背景には、厳しい営業ノルマがあったということです。目的を見失って目標を追求してしまった事例です。東芝やフォルクス・ワーゲンの事例の... 続きを読む

マネジメント

2016-10-22

目標への挑戦意欲を高める

イメージ

目標を決める際に、目標を与える際に「どの水準で設定すればよいのか?」に頭を悩ませたことはないでしょうか?目標を目指すことで人の知恵や能力が引き出されることが大事なわけです。どれほどの難易度の目標であれば人の能力は引き出されるのでしょうか?これを研究したのが、シカゴ... 続きを読む

マネジメント

2016-10-21

ダブル・ループ(専門性の高め方)

前回はダブル・ループの存在を紹介させていただきましたが、このダブル・ループの回し方を自覚的に磨き、企業としての競争力・存在価値を高めていく活動はどれほどなされているでしょうか?社員の方々は自覚的にPDCAの回し方を工夫できているでしょうか?例えば、新人・若手の育成です。... 続きを読む

マネジメント

2016-10-10

勘違い先生になってませんか?

今年に入り、育成に関するコラムを数多く書かせて頂いております。先日も社員が育たないことに悩んでいる経営者の方がいました。育成をしようと必死の努力をされていますが、思うように社員が育っていません。何が原因でしょうか?一つ見落とされている視点に気がつきました。社... 続きを読む

マネジメント

2016-04-18

10年後に後悔しないための「最初の一歩」

皆さんは、「面白い文章を書くコツ」「読みやすい文章を書くコツ」をご存知でしょうか?ふと気になって、複数の方に伺ってみたのですが、明確な答えを持った方には出会えませんでした。なぜ、明確な答えを持った方がいないのでしょうか?その理由は単純です。「そういうことを考えたこと... 続きを読む

マネジメント

2016-02-08

「気づき方の違い」を自覚していますか?

人が成長するには、「新たな経験を得ること」が必要条件で、そのために「新たな取り組み」「新たな行動」「新たな工夫」を加えていきましょう。というのが前回のコラムのメッセージでした。しかし、「新たな取り組み」「新たな行動」「新たな工夫」を行っているのに、成長できないケース... 続きを読む

マネジメント

2016-02-05

年始の目標を立てた人のうち80%が2月半ばまでに脱落している

2016年も早1ヶ月が経過しました。皆様、どのようなスタートをきれましたでしょうか?ある調査では、「年始の目標を立てた人のうち80%が2月半ばまでに脱落している」という結果があります。初心を忘れず、気持ちを新たに2月も取り組んで参りましょう。 成長のパターン 人には... 続きを読む

マネジメント

2016-02-03

1を聞いて10を知る人にはどのような思考スキルがあるのか?(3/3)

横展開の話に入る前に2回を使ってしまいましたが、ここまで説明してきたことが「横展開のエッセンス」になります。成功事例も失敗事例も、大切なことは「目に見えない」ものです。そこに気がつけるようになることが成長を早め、成果を増やします。現在、様々な企業で「情報共有」ツー... 続きを読む

マネジメント

2015-11-16

1を聞いて10を知る人にはどのような思考スキルがあるのか?(2/3)

最近の営業プロジェクトで次のような事例もありました。****************飲食チェーンに食品を販売している食品メーカーの営業担当から「○○店で採用になりました。店長が入れてくれるとのことです」という報告がありました。しかし、1ヶ月経っても出荷がありません... 続きを読む

マネジメント

2015-11-11

1を聞いて10を知る人にはどのような思考スキルがあるのか?(1/3)

ビジネスにおいて、成功者の秘訣を真似たり、失敗者の教訓から学ぶことが大切です。横展開・水平展開といわれますが、とても重要なビジネススキルです。しかし、世間には学べる人と学べない人がいるのはどうしてでしょう?1を聞いて10を考えられる人はどういう思考スキルを持っているので... 続きを読む

マネジメント

2015-11-09

標準化を成功させる視点(3/3) 〜 視点の標準化

規定演技の必要性をもう少し身近に感じられるように一つ事例を挙げてみたいと思います。営業プロジェクトをしていると「アポ取得」に営業担当者が取り組むことがあります。時折、頑張り方を見ていて「マネジメント技術があれば良いのにもったいないな」と感じる時があります。例えば、「アポ... 続きを読む

マネジメント

2015-11-04

標準化を成功させる視点(2/3) 〜 規定演技と自由演技

人は誰もが幸せになりたいし、楽しく仕事がしたいと考えていますが、必ずしも楽しくできるとは限らないという話です。思い通りの結果を出せない時や、仕事の進め方に納得がいかない時は、前に進めなくなることもあります。この後者について考えてみたいと思います。これは集団で社会を... 続きを読む

マネジメント

2015-11-02

標準化を成功させる視点(1/3) 〜 変化の定着

「マニュアル化」「標準化」をしたのにすぐに内容が陳腐化し、内容が現場にそぐわない内容になってくるとやがて使われなくなり、いつの間にか多大な労力をかけて作成したマニュアルが無用の長物になっている。ありがちな話だと思いますが、そんな状態に陥っている企業にお勧めしたいのは 「... 続きを読む

マネジメント

2015-10-30

1件~15件(33件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
目標への挑戦意欲を高める
イメージ

目標を決める際に、目標を与える際に「どの水準で設定すればよいのか?」に頭を悩ませたことはないでしょうか?...

[ マネジメント ]

ダブル・ループ(人生の早い段階で教えるべき「無駄な努力をしない」コツ)
イメージ

大学受験・高校受験だけでなく学校のテストのためなど、なんらかの到達目標を持って勉強に取り組んだ経験は誰も...

[ 教育 ]

やりたい仕事に取り組ませる(1/2)
イメージ

あなたの社員はどのような目標を持って仕事をしているでしょうか?先日、ある企業の部門会議で「何をモチベ...

[ 経営者向け ]

社長の力量が足りないと社員は育たないのか? (1/3)

人は経験によってしか成長できない部分があり、どのような環境で誰と仕事をするかによって成長のスピードが変わ...

[ 経営者向け ]

GWの経験を自分のコトバに変える

GWいかがお過ごしだったでしょうか?どのようなGWだったであろうとGWの経験を自分のコトバにされていますでし...

[ 教育 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ