コラム一覧 :マネジメント

1件~15件(39件)

過去の15件

組織の問題解決力を高める(2/2)

昨日は問題解決のコツ「分解をする」を紹介いたしました。それに関して、演習をしてみましょう。*************************あなたは、食品会社の役マーケティング担当者です。体感型の企画を仕掛けることを決め、以下のような案内文をネットで流して集客を... 続きを読む

マネジメント

2017-07-12

組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、その発展段階を5段階に分類をし、適切なマネジメント行動を取るためのヒントを提供しました(1972年)。どのような組織も人間の性には逆らえず、構造的な問題として、各段階で問題... 続きを読む

マネジメント

2017-07-11

仕事の生産性を高める(2/2)

前回は「生産性」を考える上で、「VE」という概念について紹介をさせていただきました。では、仕事の生産性を高めるために、そのはたらきの要素を分解してみましょう。以下に一つの切り口として、仕事を3つの種類に分類をしてみました。 第1の仕事・・・価値創造業務、本業の顧客に対... 続きを読む

マネジメント

2017-01-03

仕事の生産性を高める(1/2)

イメージ

昨日のコラムでは「生産性を向上させる」目的について書かせていただきました。(参考 http://mbp-tokyo.com/penetra/column/58071/ )本日は「生産性を向上させる」方法について触れていきたいと思います。「生産性を向上させる」ということを考えるためには、そもそもの「生産性」の定... 続きを読む

マネジメント

2017-01-02

営業マネジャーは営業同行の腕をどう磨けば良いか?(2/2)

イメージ

前回は、課題の分解を紹介させていただきましたが、それを進める上でもう一つ多くの人が認識できていない点を共有しておきたいと思います。物事の実践度合いを計る5ステップを表すと、下図のようになるかと思います。様々なスキルを習得する際には全て当てはまるステップです。... 続きを読む

マネジメント

2016-12-07

営業マネジャーは営業同行の腕をどう磨けば良いか?(1/2)

目標を達成するためには、様々な問題を解決することが必要になりますが、その問題解決の際に何をみて、何を解決すれば良いでしょうか?見るべき視点は持てているでしょうか?一つの事例で考えてみましょう。営業マネジャーであれば、担当者に成功体験を積ませるべく営業場面に同行・... 続きを読む

マネジメント

2016-12-06

コーチングでは解決できない問題(問題解決における対話の基本 その②)

イメージ

「問題解決における対話の基本 その②」は「創発(エマージング)」です。「上司は部下の問題解決者である」というマネジメントの考えを学び、問題解決の対話技術(質問技術)を学び真面目に取り組んでいる人が陥るのが、「上司が答えを持っていなくてはいけない」「部下から考えを引き... 続きを読む

マネジメント

2016-11-03

人に向き合わず、課題に向き合う(問題解決における対話の基本 その①)

イメージ

ここのところ「目標」に関するコラムを書かせていただいていましたが、「問題解決」がうまくできないと、「目標」もうまく扱えなくなるということがあります。今回と次回に分けて、「問題解決における対話の基本」を2つ紹介させて頂きます。まずは「人と課題の分離」です。「人の問題... 続きを読む

マネジメント

2016-11-02

ウェルズファーゴの失敗を他山の石とする

イメージ

先日、米金融大手ウェルズ・ファーゴの多数の従業員が顧客に無断で口座開設やクレジットカード作成をしていたという事件がありました。この事件の背景には、厳しい営業ノルマがあったということです。目的を見失って目標を追求してしまった事例です。東芝やフォルクス・ワーゲンの事例の... 続きを読む

マネジメント

2016-10-22

目標への挑戦意欲を高める

イメージ

目標を決める際に、目標を与える際に「どの水準で設定すればよいのか?」に頭を悩ませたことはないでしょうか?目標を目指すことで人の知恵や能力が引き出されることが大事なわけです。どれほどの難易度の目標であれば人の能力は引き出されるのでしょうか?これを研究したのが、シカゴ... 続きを読む

マネジメント

2016-10-21

ダブル・ループ(専門性の高め方)

前回はダブル・ループの存在を紹介させていただきましたが、このダブル・ループの回し方を自覚的に磨き、企業としての競争力・存在価値を高めていく活動はどれほどなされているでしょうか?社員の方々は自覚的にPDCAの回し方を工夫できているでしょうか?例えば、新人・若手の育成です。... 続きを読む

マネジメント

2016-10-10

勘違い先生になってませんか?

今年に入り、育成に関するコラムを数多く書かせて頂いております。先日も社員が育たないことに悩んでいる経営者の方がいました。育成をしようと必死の努力をされていますが、思うように社員が育っていません。何が原因でしょうか?一つ見落とされている視点に気がつきました。社... 続きを読む

マネジメント

2016-04-18

10年後に後悔しないための「最初の一歩」

皆さんは、「面白い文章を書くコツ」「読みやすい文章を書くコツ」をご存知でしょうか?ふと気になって、複数の方に伺ってみたのですが、明確な答えを持った方には出会えませんでした。なぜ、明確な答えを持った方がいないのでしょうか?その理由は単純です。「そういうことを考えたこと... 続きを読む

マネジメント

2016-02-08

「気づき方の違い」を自覚していますか?

人が成長するには、「新たな経験を得ること」が必要条件で、そのために「新たな取り組み」「新たな行動」「新たな工夫」を加えていきましょう。というのが前回のコラムのメッセージでした。しかし、「新たな取り組み」「新たな行動」「新たな工夫」を行っているのに、成長できないケース... 続きを読む

マネジメント

2016-02-05

年始の目標を立てた人のうち80%が2月半ばまでに脱落している

2016年も早1ヶ月が経過しました。皆様、どのようなスタートをきれましたでしょうか?ある調査では、「年始の目標を立てた人のうち80%が2月半ばまでに脱落している」という結果があります。初心を忘れず、気持ちを新たに2月も取り組んで参りましょう。 成長のパターン 人には... 続きを読む

マネジメント

2016-02-03

1件~15件(39件)

過去の15件

RSS
提供サービス

変化の激しい時代、人と組織の変革による持続的成長をはかるために、人と組織の本質的な問題を炙り出し、チームとしての意思決定を支援する診断サービスです。■...

 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
日本のエレクトロニクス産業はなぜ凋落したか?

『愚者は(自分の)経験に学び、賢者は歴史(他人の経験)に学ぶ』とはドイツ首相ビスマルクの言葉ですが、日本の...

[ 経営者向け ]

組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、そ...

[ マネジメント ]

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)
イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢...

[ 人材育成 ]

新任営業マネジャーは思考の方向性に気をつけろ

ある営業部門長の悩み「今回自分の部署に配属になった新任課長は自分で考える力がない。 担当者とMTGをしても...

[ マネジメント(ケース) ]

事業承継を成功させる大原則

企業は存続をすることが目的ではないしかし、社会になくてはならない存在として存続し続けることには大きな意味...

[ 経営者向け ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ