コラム

 公開日: 2016-07-11 

社長の力量が足りないと社員は育たないのか? (1/3)

人は経験によってしか成長できない部分があり、
どのような環境で誰と仕事をするかによって成長のスピードが変わります。
今回はどのような環境が成長に必要であるのか、
社長の力量の観点で考えてみたいと思います。

少し抽象的に書いてみますので、
周囲の人を想像しながらイメージをして頂き、
ご自身の仕事の進め方、会社のあり方を点検してみて頂ければと思います。


【社長の力量不足の場合】
社長の力量も様々です。
専門知識やスキルが足りず、社員への関与に遠慮をしたり、
上手く導けていないケースに遭遇することがあります。
社長は、限られた時間の中でチームの力を発揮させ、
成果を出していく責任がありますが、時間は刻々と過ぎていき、
なかなかチームを纏められず苦慮されていることがあります。

しかし、プロジェクトをすると意外と上手くいくのがこのケースです。
プロジェクトでは、経営課題に照らして目標を決め、施策を構築して成果創出に向かっていきます。
その社長は一人で考えても良いアイデア(施策)が思いつきません。
しかし、プロジェクトをきっかけに、社員や周りの関係者に
「どうあるべきか/どうすべきか」を聞いて回ります。

そして、議論を重ねる中で良いアイデアに遭遇し、
そのアイデアを出した人・その議論に参加した人の関心や参加度が高まり、
チームとしての取り組みが進んでいきます。

最終的には、適切な役割分担をし、チームで創意工夫ができるようになれば最高です。
そのようなチームで仕事をしている社員は、独りよがりの意見に陥らず、
多様な視点から学ぶことができ成長も進んでいきます。
自分が成果創出に貢献できているという有用感も増していきますので、
生き生きと仕事をできるようになっていきます。
 
常識の壁を打ち破っていくには「(社長が)一緒に取り組む」という観点が必要になりますが、
自然とそれができるパターンです。
このパターンに上手く入れないケースは「情熱(勇気)の欠如」によって生じます。
困っているにもかかわらず、「遠慮をして周囲に相談をできない」
「プライドが邪魔をして一人で抱え込む」と、殻を破れなかったり、
せっかく相談をしても「熱意が伝わらず相手が本気にならない」ということが起きます。
「なんとかしたいねん」「良くしたいねん」という情熱で力量不足を凌駕できるものですので、
起業をした時の気持ち、社長に就任した時の気持ちを取り戻すことが必要かもしれません。

また、このパターンで注意をしなければいけないのは、「失速」です。
チームの雰囲気の良さに満足してしまうと、力量不足が見えなくなってしまいます。
そこは謙虚に、チームの状態が良い間に知識やスキルをどんどん身につけないといけません。
自分で勉強もせずに、いつまでも周囲に相談をしているばかりでは行き詰まってしまいます。
情熱だけで情熱を維持することは難しく、
目の前にある課題に徹底的に向き合って解決することを自分に課してほしいと思います。
社長の成長は必ず企業の成長に繋がります。

(つづく)

———————————————-
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: http://penetra.jp/84

著書:『壁をうち破る方法』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/
———————————————-

◆ 20代の戦力化には 『壁をうち破る方法』
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/

◆ 経験学習(OJT)には 『ひとつ上の思考力』
https://www.amazon.co.jp/dp/4295400718/

◆ 組織戦略、組織の課題を分析したい方には 『組織診断 IIOSS』
http://penetra.jp/service/iioss

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
提供サービス

変化の激しい時代、人と組織の変革による持続的成長をはかるために、人と組織の本質的な問題を炙り出し、チームとしての意思決定を支援する診断サービスです。■...

 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
日本のエレクトロニクス産業はなぜ凋落したか?

『愚者は(自分の)経験に学び、賢者は歴史(他人の経験)に学ぶ』とはドイツ首相ビスマルクの言葉ですが、日本の...

[ 経営者向け ]

組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、そ...

[ マネジメント ]

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)
イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢...

[ 人材育成 ]

新任営業マネジャーは思考の方向性に気をつけろ

ある営業部門長の悩み「今回自分の部署に配属になった新任課長は自分で考える力がない。 担当者とMTGをしても...

[ マネジメント(ケース) ]

事業承継を成功させる大原則

企業は存続をすることが目的ではないしかし、社会になくてはならない存在として存続し続けることには大きな意味...

[ 経営者向け ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ