コラム

 公開日: 2016-04-14 

一生使える技術を身につけよう⑥ 〜 相手の意図が見えるか(2/2)

「相手の意図」に目を向ける思考について、もう少し深めたいと思います。
結論から書いておきますと、
*「相手の意図」について、幅を持って想定する力がある
*「前向きな意図」に焦点を当て、前向きな意図を育てていくことができる。
の二つを「体で覚える」ことがポイントです。

これは分かっているかどうかではなく、どの水準でできるかが大事になってきます。
「やってみなくちゃ(できてみなくちゃ)わからない」
「やれば(できれば)わかる」
という種類のものです。

とてもリーダーシップが求められます。
周りの人が「無理だ」「駄目に決まっている」という状況下で
相手を信じて、相手が反応するまで付き合うことが必要だからです。

では、どうすれば身につけることができるでしょうか?

一つヒントになる話を紹介してみたいと思います。
中島敦さんの「名人伝」に出てくる紀昌という弓の修行者の話です。
弓の名人になろうと志を立て、飛衛という達人に弟子入りをします。

そこで、飛衛が最初に紀昌に求めたことは「瞬きをしないこと」でした。
紀昌は機織機の下に入り、瞬きをしない練習をします。
そしてまつ毛とまつ毛の間に蜘蛛の巣が貼るまでになり、飛衛の元に帰ります。

すると、次に求められたのは「視ること」でした。
「小を視ること大のごとく、微を見ること著のごとくなったならば、帰ってきてよい」
と言われ、シラミを窓の下に吊るして毎日毎日睨み暮らしたということです。
3年後には窓のシラミが馬のような大きさに見えるようになり、
その状態で弓を射れば百発百中。外すことはなくなったということです。

このイメージです。
相手のよい部分を見つける修行をする必要があります。
相手のよい部分が大きく大きく見えるようになった時、誰もを育てる力の基礎が養われたと考えてよいでしょう。

人は自覚しようがしまいが、人を測るモノサシを持っています。
「偏差値」という限られたモノサシだけで子供を評価するのはよくない。
子供の個性に合わせたモノサシでよい部分を見つけてあげることが大事なように、
大人だって多様なモノサシで測るべきです。

しかしながら、国の文化、企業の社風の中で過ごすうちに
人は限られたモノサシを身につけてしまいます。
まずはそこを自覚することです。
自分がどのようなモノサシで他人を評価しているのか。

ネット上の誹謗中傷記事を多読んでいると
簡単に人を批判するようになるかもしれません。

「ダメな人だ」「嫌な人だ」と思った人に出会った時がチャンスです。
モノサシの種類を増やし、相手を信じて接していると、
実は「分かり合える人」「個性的な人」であり、
そのご縁に感謝できる関係になれます。
その経験を増やしていくことが人生を豊かにしていきます。


———————————————-
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: info@penetra.jp

著書:『壁をうち破る方法』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/
———————————————-

◆ 20代の戦力化には 『壁をうち破る方法』
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/

◆ 経験学習(OJT)には 『ひとつ上の思考力』
https://www.amazon.co.jp/dp/4295400718/

◆ 組織戦略、組織の課題を分析したい方には 『組織診断 IIOSS』
http://penetra.jp/service/iioss

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
提供サービス

変化の激しい時代、人と組織の変革による持続的成長をはかるために、人と組織の本質的な問題を炙り出し、チームとしての意思決定を支援する診断サービスです。■...

 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
日本のエレクトロニクス産業はなぜ凋落したか?

『愚者は(自分の)経験に学び、賢者は歴史(他人の経験)に学ぶ』とはドイツ首相ビスマルクの言葉ですが、日本の...

[ 経営者向け ]

組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、そ...

[ マネジメント ]

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)
イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢...

[ 人材育成 ]

新任営業マネジャーは思考の方向性に気をつけろ

ある営業部門長の悩み「今回自分の部署に配属になった新任課長は自分で考える力がない。 担当者とMTGをしても...

[ マネジメント(ケース) ]

事業承継を成功させる大原則

企業は存続をすることが目的ではないしかし、社会になくてはならない存在として存続し続けることには大きな意味...

[ 経営者向け ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ