コラム

 公開日: 2015-10-30  最終更新日: 2015-11-11

標準化を成功させる視点(1/3) 〜 変化の定着

「マニュアル化」「標準化」をしたのにすぐに内容が陳腐化し、
内容が現場にそぐわない内容になってくるとやがて使われなくなり、
いつの間にか多大な労力をかけて作成したマニュアルが無用の長物になっている。
ありがちな話だと思いますが、そんな状態に陥っている企業にお勧めしたいのは
「変化の仕方の標準化」です。

顧客の変化を察知し、先手をうつことが必要な時代になり、
「形の定着」ではなく「変化の定着」が必要になってきています。

「変化の定着」とはどういうことでしょうか?

「変化の定着」とは、成長し続けることに他なりません。
自分を成長させ、部下を成長させ、チーム力を上げて
新たな成果を生み出していく営みは、冒険に似ています。

例えば、宝を探すために冒険に出る際に、
どのようにすれば宝にたどり着けるのかは、
宝を見つける瞬間までわかりません。
人は出来るようになってしまえば当たり前のことも、
出来る前にはどうなれば良いか、どうすれば良いか分からないものです。
そのような状況の中で、お宝の姿をイメージし、
たどり着くための道を探し続けることは冒険と同じではないかと思います。


では、この冒険を成功させるために何が必要になるでしょうか?

「ドラゴンクエスト」とか「ファイナルファンタジー」という
ロールプレイングゲームでイメージすると分かりやすいでしょうか?

例えば、絶対に必要になるのは「地図」です。
今どこにいて、周辺に何があるのかが分からないと、
正しい道を進んでいるのか分からず不安になるでしょうし、
闇雲に歩き回っても疲れるだけです。
仕事においては、「課題リスト」「アクションプラン」が地図に相当しますし、
身につけるべきことを整理した「スキルリスト」のようなものも地図にあたります。

スキルリストが全て○になればお宝にたどり着けるとは限りませんが、
少なくとも「どこをめざして、何をクリアすべきか」
が分かれば不安は減少し、歩みやすくなります。
ここで「この辺りに宝があるよ」という情報が加わると目指す意欲が湧いてきます。

全く進む方向が分からない時でも、
「ここにあるかもしれない。ここを目指して進もう」と、
目的地を決めることは冒険の必須条件です。
「今どこにいるのか」「どこを目指すのか」
「そこまでにどれだけの峠や山を越え行くのか」
「そのために限られたリソースでどうやりくりするのか」
そんなことを整理することを「計画」と言います。


もう一つ必要なものをあげるとしたら何でしょうか?

それは「仲間」ではないでしょうか?

一人で歩むのではなく、仲間と知恵を出しあいながら進んだほうが、
宝を探せる確率は上がります。
単純にチームを組んだだけでうまくいくとは限りませんので、
どのような仲間との関係性があれば良いか、
どのようなチーム環境になれば良いのか、ということを考えて、
成功しやすい状態を作ることも必要でしょう。


実際に、冒険に疲れることはあります。
時には、「宝なんて本当はないんじゃないか?」と思える時もあるでしょう。
そういう時、勇者はどうするのでしょうか?
勇者は街で休息し、食事をとって体力を回復するだけでなく、
武器の手入れをし、次こそは進めなかった秘境に踏み込めるように準備をします。
情報を集めなおし、再び旅立てる準備をします。
それでも情報が見つからず、行き詰まった時は、
少しは遊んだり、息抜きもするでしょう。それも必要なことです。
再び挑戦できる状態に自分を持っていくためには、
多くの人と話をすることが一番なような気がします。
そういう意味で、「話し合える場」を持つことは冒険を成功させる必要条件だと考えます。


「変化を定着させる(冒険を成功させる)」ためには、
「地図を描く」「仲間と話し合う」など、必要な行動があるということです。
マネジャーとして、冒険に行き詰まったメンバーに気がついた時には、
一度立ち止まって現在地を確認させたり、
情報を提供して目的地を設定できるようにしてあげることが必要になります。
マネジャーでなくとも、冒険に行き詰まっている仲間を助け、
再び挑戦できるように互いにサポートできる組織作りを目指して欲しいと思います。

(つづく)


----------------------------------------------
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: info@penetra.jp

著書:『壁をうち破る方法』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/
----------------------------------------------

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
目標への挑戦意欲を高める
イメージ

目標を決める際に、目標を与える際に「どの水準で設定すればよいのか?」に頭を悩ませたことはないでしょうか?...

[ マネジメント ]

ダブル・ループ(人生の早い段階で教えるべき「無駄な努力をしない」コツ)
イメージ

大学受験・高校受験だけでなく学校のテストのためなど、なんらかの到達目標を持って勉強に取り組んだ経験は誰も...

[ 教育 ]

やりたい仕事に取り組ませる(1/2)
イメージ

あなたの社員はどのような目標を持って仕事をしているでしょうか?先日、ある企業の部門会議で「何をモチベ...

[ 経営者向け ]

社長の力量が足りないと社員は育たないのか? (1/3)

人は経験によってしか成長できない部分があり、どのような環境で誰と仕事をするかによって成長のスピードが変わ...

[ 経営者向け ]

GWの経験を自分のコトバに変える

GWいかがお過ごしだったでしょうか?どのようなGWだったであろうとGWの経験を自分のコトバにされていますでし...

[ 教育 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ