コラム

 公開日: 2015-08-24 

細かなルールは必要か?

ある社員寮の住人から相談を受けました。
あなたならどのように解決するでしょうか?

***************(ケース)******************
【ある社員寮での問題】

「寮の台所が汚れている」という課題に対して、
私は厳格なルールとして、食べ終わったら皿を片付ける、
食器は元あった場所に戻す、などのように細かにルールを設定することを提案した。
それに対してAは、そのような細かなルールを設定することに反対し、
「普通の感覚として”綺麗だ”と納得できる状態にすること」
のような大きなルールの設定程度で十分で、
細かなルールを設定するのは社会人として相応しくない、と主張した。

Aの提案においては、台所をきれいにするということが目標としてありながらも、
その過程において住人のプライドも尊重すべきであり、
達成目標としての台所が綺麗になることと、
住人のプライドを傷付けないことのバランスを取ることが重要であると考えている。
現在の住人が台所を綺麗に使えていないことを認識していながらも、
「社会人であるならば細かなルール設定は不要だろう」との認識を強く持っている。
************************************


あなたが寮の住人であったとしたら、どちらの意見を支持するでしょうか?
もしくは、代替案があるとしたらどのような案でしょうか?
どちらが正解とは断言できない状況です。


私は以下のように考えました。

「割れ窓理論」というのをご存知でしょうか?
ニューヨークの犯罪を減少させたアプローチとして有名になった理論です。
窓が割れたままになっていると、それが当たり前になり、
窓を破る人が後を絶たない。
しかし、一旦、綺麗な状態が作られ、窓が全く割れていない状態を維持すると、
窓を破ろうとする人は減り、犯罪も減少するというものです。
そういう観点から、地下鉄や路地の落書きを消して
綺麗な街に変えるところから犯罪は減っていったそうです。
一旦綺麗な台所にすることが必要だと考えられます。

また、この台所が汚れるメカニズムを深掘りすると、
食洗機の使い方にありました。
「食洗機に入れたまま放置されている食器があり、
次に食洗機を使う人が、その食器を出してから使えばいいのに、
前の人の食器を入れたまま食洗機を使うので、
食器がたまって汚れていた」ということです。
確かに、食洗機を使った人が食器を片付ける場合、
一定の時間をおいて片付けに戻らないといけないので、手間がかかります。
そこを「食洗機に入れっぱなしにしても良い。
次に使う人が中の食器を出してから食洗機を使う」
というルールを決めることで、一人当たりの手間を減らせます。
チームとしてのルールを持つことで、効率化されるということです。

これはビジネスの世界でも同じです。
例えば、「書面によるレポーティング」です。
上司部下のコミュニケーションを「都度」「思い立った時に」「口頭で」
というルールで運営しているチームがあります。
これは担当者からすれば自分の都合の良い時間に上司と話ができ、非常に便利に思えます。
しかし、実際は相談待ちの渋滞を引き起こしたり、
複数のメンバーがいるチームでは上司の仕事は非効率になります。
また、複雑な案件を口頭でのみ共有していると、
説明〜理解に時間がかかりますし、深く話すことができません。
そういう状況では「書面によるレポーティング」という仕組みを活用することが有効です。

全体像が見えていない担当者からすると、
「仕事が増えて嫌だ」と思ってしまうかもしれませんが、
担当者自身の頭の整理のために活用し、
上司に事前に考察してもらっておくと短時間でコミュニケーションができ、
チームとしてのパフォーマンスは高まります。

情緒的な意見に流されず、全体像を捉え、ルールの活用を考えることが必要な場合もあります。

----------------------------------------------
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: info@penetra.jp

著書:『壁をうち破る方法』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/
----------------------------------------------

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、そ...

[ マネジメント ]

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)
イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢...

[ 人材育成 ]

新任営業マネジャーは思考の方向性に気をつけろ

ある営業部門長の悩み「今回自分の部署に配属になった新任課長は自分で考える力がない。 担当者とMTGをしても...

[ マネジメント(ケース) ]

事業承継を成功させる大原則

企業は存続をすることが目的ではないしかし、社会になくてはならない存在として存続し続けることには大きな意味...

[ 経営者向け ]

正しい「働き方改革」を推進しよう

新年明けましておめでとうございます。本年も、より多くの人や企業が「仕事を通じて成長し、人生を豊かにしてい...

[ 社会を知る ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ