コラム

 公開日: 2015-08-07 

人が育つ環境③ 〜課題の持たせ方〜

前回のブログの中でフロー理論を紹介しました。
その中で「簡単ではないが、達成見込みの感じられる課題に挑戦している」
が人が仕事に没入する条件の一つでした。
マネジメントの立場からすると、
「適切な課題に挑戦させられているか?」
という問いになります。



「その人にしかできない役割を持たせられているか?」
「その仕事の価値を感じさせられているか?」
という問いが大事になります。

ドラッカーが示したマネジャーの2つの役割の一つは
「部分の和よりも大きな全体、
 すなわち投入した資源の総和よりも
 大きなものを生み出す生産体を創造すること」 です。

そのためには「分業」が必要になってきます。
「単純に仕事を分担する」だけでは うまくいきません。
分業の仕方としては大きく二つあります。

千羽鶴を100羽ずつ10人で折るような
「同じ仕事を複数人で分けて行う」スタイルと
野球の守備のように
「各人が違った仕事を分担する」スタイルです。

前者の方が、仕事が完成した時の達成感はありますが、
「自分でなくてはならない」という自分の価値は感じにくくなります。
後者は、自分の持ち場が明確ではありますが、
組織が巨大になると仕事の結果とのつながりが感じにくく、
自分の役割の価値がわかりにくくなります。


組織の大きさ、仕事の種類によって変わりますが、
両方を満たすように「分業」することが大事になります。

その時に、大事になるのが、
組織として挑戦するテーマ設定です。
組織の力量や課題に合わせて、「今何に取り組むべきか」
を決めて、全員と共有することです。

共有すると言っても、一度話して終わりとか
何かに書いて貼り出しているだけでは不十分です。
課題解決までの全体像を示し、
「誰々にこれをやってもらう」
「この部分は◯◯君よろしく」
と、各人のスキルレベルに合わせて
共通の目的と結びつけて仕事を割り振ります。
そして、各人のタスクが節目を迎えるごとにその成果を共有し、
仕事の価値を評価される機会を設ける必要があります。

そういうマネジャーの丁寧な意味づけによって、
自分の「居場所」があると感じられ、
自分の「役立ち感」を高めていくことができるのです。

そのような感覚を手にした人たちは自ら進んで仕事をするようになります。

◆ 20代の戦力化には 『壁をうち破る方法』
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/

◆ 経験学習(OJT)には 『ひとつ上の思考力』
https://www.amazon.co.jp/dp/4295400718/

◆ 組織戦略、組織の課題を分析したい方には 『組織診断 IIOSS』
http://penetra.jp/service/iioss

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
提供サービス

変化の激しい時代、人と組織の変革による持続的成長をはかるために、人と組織の問題を早期に発見し、早期治療・予防をする診断サービスをご提案します。■解決で...

 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、そ...

[ マネジメント ]

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)
イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢...

[ 人材育成 ]

新任営業マネジャーは思考の方向性に気をつけろ

ある営業部門長の悩み「今回自分の部署に配属になった新任課長は自分で考える力がない。 担当者とMTGをしても...

[ マネジメント(ケース) ]

事業承継を成功させる大原則

企業は存続をすることが目的ではないしかし、社会になくてはならない存在として存続し続けることには大きな意味...

[ 経営者向け ]

正しい「働き方改革」を推進しよう

新年明けましておめでとうございます。本年も、より多くの人や企業が「仕事を通じて成長し、人生を豊かにしてい...

[ 社会を知る ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ