コラム

 公開日: 2015-08-06 

人が育つ環境② 〜緊張しないために〜

人前で話をするとき緊張するのはなぜでしょうか?
シンプルな法則があります。



それは、「自分のことが気になっている」からです。
うまく話せているかな?
と自分が失敗しないことに関心が向くと緊張します。

そういう理屈が分かっていても
聴き手の眉間にシワがよっていると「大丈夫かな?」と思ったり、
話に詰まってしまうと「しっかりしなきゃ」
とすぐに自分の見られ方に関心がいってしまいます。

そうならないように結果に執着するのをやめ
ある意味開き直り、
「やるべきこと(パフォーマンス)」に集中する方が結果が良くなります。

仕事の中で目標設定をして達成に向けて努力するときも同じです。
「達成できなければどうしよう」
と失敗を気にさせたらパフォーマンスが落ちます。

会議で報告をさせるときも同じです。
「指摘をされたらどうしよう」
と防衛本能が働き、縮こまっている人から良いアイデアは出てきません。



シカゴ大学の心理学者 ミハイ・チクセントミハイ氏のフロー理論にも通じます。
「フロー」の状態とは、一つの活動に深く没入し、
他の何ものも問題とならなくなる状態、のことです。
スポーツの世界では「ゾーンに入る」などと表現されています。
仕事においては、寝食を忘れて仕事に没頭している状態です。

その状態に入るためには
「簡単ではないが、達成見込みの感じられる課題に挑戦している」
「自分のしていることに集中できている」
「直接的なフィードバックを得られている」
などが条件になります。

結果にとらわれず「自然体」で自分のなすべきことに集中している
状態を作れば、良いパフォーマンスが出せるということです。


ここでマネジメントの役割が重要になります。
①認められている感を持たせる
「できないやつ」と思われてしまっていると、
自分が「できるやつ」 であることを証明する必要が出てきます。
ここでだいじなことは、
全てを認められなくとも、一部で良いということです。
「スキル」はなくとも「仕事の姿勢」や「ポテンシャル」が認められたり、
「気配り」ができなくとも「集中するとすごいパワーを発揮する」
「不器用」でも「修正能力が高い」
など、人の特徴の捉え方次第でなんとでも認める部分は発見できます。

②計画を立てる
「計画通りにいかないから」と計画を立てない人がいます。
しかし、計画を立てるのは「計画通りに進める」ことが目的ではありません。
仕事が溢れかえってパニックに陥っている人には
「やるべきことを紙に全て書き出させる」
という手法が有効であったりします。
書き出してみると、「これだけのことをやれば良いのか」と
心にゆとりをもてるものです。
見通しをよくし、軌道修正力を高め、成功確率を高めることが「計画」の目的です。
やるべきことがはっきりしているほど、
やるべきことに集中しやすくなります。

③フィードバックは「結果」ではなく「プロセス」に
結果を出せなかった部下に対し、
「なぜできなかった?」と質問をしてしまうと
結果の責任が人にあるように感じてしまいます。
「何が足りなかった?」「どういうやり方が良かっただろうか?」
などと、プロセスを再考するスタンスが大切です。

貴方のチームスタッフは
「自然体」でなすべきことに集中できているでしょうか?

----------------------------------------------
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: info@penetra.jp

著書:『壁をうち破る方法』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/
----------------------------------------------

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
営業マネジャーは営業同行の腕をどう磨けば良いか?(1/2)

目標を達成するためには、様々な問題を解決することが必要になりますが、その問題解決の際に何をみて、何を解決...

[ マネジメント ]

目標への挑戦意欲を高める
イメージ

目標を決める際に、目標を与える際に「どの水準で設定すればよいのか?」に頭を悩ませたことはないでしょうか?...

[ マネジメント ]

ダブル・ループ(人生の早い段階で教えるべき「無駄な努力をしない」コツ)
イメージ

大学受験・高校受験だけでなく学校のテストのためなど、なんらかの到達目標を持って勉強に取り組んだ経験は誰も...

[ 教育 ]

やりたい仕事に取り組ませる(1/2)
イメージ

あなたの社員はどのような目標を持って仕事をしているでしょうか?先日、ある企業の部門会議で「何をモチベ...

[ 経営者向け ]

社長の力量が足りないと社員は育たないのか? (1/3)

人は経験によってしか成長できない部分があり、どのような環境で誰と仕事をするかによって成長のスピードが変わ...

[ 経営者向け ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ