コラム

 公開日: 2015-04-08 

接待を成功させる方法

人の心をつかみ、動かす一つの方法として「接待」があります。
その接待ですが、最高のおもてなしをし、満足をしてもらうために、
どのように工夫をしていけばよいでしょうか?
どのように接待の質を高めていけばよいのでしょうか?

人を動かすのは「理」か「情」か?
という問いがあります。

ある人は、
「感動という言葉はあるが、理動という言葉はない。
だから感情が人を動かすのだ。
感情を動かすために、即興で相手の言葉に響く話や応対をするのが良い」
という意見を持っています。

またある人は、
「考えられることを書き出して、
 一つ一つやるべき事を行い
 伝えるべき事を伝えることが大事だ」
という意見を持っています。

どちらが正しいのでしょうか?

結論としては両方が大事だということなのですが、
その使い分け方を分かっているでしょうか?


準備段階では「理」のアプローチです。
接待で必要なことを書きだし細分化し、
細かな工夫を準備します。
*お店の選定
*参加者の選定
*送り迎えの段取り
*導入の話題・・・
かなりの数の要素に分解できると思います。
そして、各要素を最適化し、
最高のシナリオを考えることができます。

しかし、その場に臨んであらかじめ決めた
シナリオを守ることが目的になってしまうと
相手をもてなす心が失われてしまいます。
ギスギスした心の伴わない接待になってしまうことが想像されます。

その場に臨んでは、本来の目的に立ち返り、
自然体でその場の状況に合わせたおもてなしをする方がベターです。
当初のシナリオ通りにいかなくとも
完璧でなくとも、心が伝わることが第一です。

この「脚本は緻密に、舞台では自然体で」
という組み合わせがパフォーマンスを最高に高める秘訣なのです。

営業スキルトレーニングもそうです。
営業のプロセスを分解して学ぶことは有効です。
しかし、そのプロセスを正確にこなすことが目的になると上手くいきません。

そして、上手くいかないからと言って、
最高のプロセスの追求を怠ると腕が上がりません。

この話は様々な場面で当てはまります。
物事を切り分けることで、見えてくるものがあります。
物事への捉われを無くすことで、見えてくるものがあります。
計画段階と実行段階で必要なアプローチは違うのです。

----------------------------------------------
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: info@penetra.jp

著書:『壁をうち破る方法』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/
----------------------------------------------

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
新任営業マネジャーは思考の方向性に気をつけろ

ある営業部門長の悩み「今回自分の部署に配属になった新任課長は自分で考える力がない。 担当者とMTGをしても...

[ マネジメント(ケース) ]

事業承継を成功させる大原則

企業は存続をすることが目的ではないしかし、社会になくてはならない存在として存続し続けることには大きな意味...

[ 経営者向け ]

正しい「働き方改革」を推進しよう

新年明けましておめでとうございます。本年も、より多くの人や企業が「仕事を通じて成長し、人生を豊かにしてい...

[ 社会を知る ]

虹を見ながら教訓について考える
イメージ

「虹の色は何色ありますか?」と聞かれて、どのように回答をするでしょうか?「7色です」と答える人「日本...

[ 人材育成 ]

長時間労働の問題を解決するためにはどうすれば良いか?

年末のクリスマスシーズンに「新嘗祭(にいなめのまつり)」の話を聞く、日本では、古くから五穀の収穫を祝う風...

[ 経営者向け ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ