コラム

 公開日: 2015-01-15 

聴く技術(3/3)

昨日は聴くスキルの3段階の2番目に関するコツを紹介させて頂きました。
①『情報』を正確に聞くレベル
②情報だけでなく、相手の『意図』を正確に理解するレベル
③情報・意図に加え、相手の『感情』までとらえて聴くレベル

本日は、③感情を捉えるコツです。

■感情に問題がある場合
いくら『理で』合意しようとしても、
「話をしたくない」「感情がコントロールできていない」相手と接したときは、
合意形成は難しいものです。

理屈上は「聴く3段階」を自分が分かっていても、相手がそうとは限りません。
相手が自らの感情をコントロールできておらず、議論にならない場合は、
基本的には、こちらが変化するしかありません。
それは、「歩み寄りの姿勢を見せる」ことです。

歩み寄りの第一歩は、「相手の主義主張を理解すること」でしかありません。
例えば、対立する主義には以下のようなものがあります。

『理想主義VS現実主義』
『悲観主義VS楽観主義』
『マクロ論者VSミクロ論者』

どちらも必要ですが、好みが偏っていることはないでしょうか?
馬が合わない人とはどんな主義の違いがあるでしょうか?
営業の事例ばかりになってしまいますが、例を上げます。
「お客さんがあることなので」という現実主義の人と
「商品価値を分からせれば必ず採用になる」と理想主義の人は衝突しやすいのです。

ここで、
現実主義の人が「困難な状況を打破したい」と思っていないかというと違います。
「打破したい」という思いは持っています。
理想主義の人が「顧客の実態を考慮すべき」と考えていないかというとそれも違います。
「顧客の事を知ったうえで提案すべき」という考えはあります。

別の事例(マクロ論者VSミクロ論者)では
いつも細部に目が行って大局的な見方のできない人が
「全体を俯瞰して捉えたい」と考えていないかというと違うと思います。
大上段からの話ばかりで細部の変化を捉えられない人が
「現場の小さな成長を知りたい」と思っていないかというと違います。

しかしながら、好み・関心の偏りは誰もが持っていて、強い方が表面に出ます。
弱い方の思いは行動に繋がらないことが多くなります。

人は「行動」に認識が現れていると判断するものですので、
「行動をしていない」=「想いがない」と勘違いをしてしまいます。
そして、感情の悪化を招きます。

この「馬が合わない理由」に気づけば、好機に変えることができます。
理想主義に過ぎる人は、つい現実の難しさを無視して失敗したり、
現実主義の人は、安全圏から抜け出せず、機会を逃してしまうことが多くなります。
そういう互いの弱点を補い合える絶好のパートナーとしての関係を築くチャンスです。

そこで、自分の特徴を表明し「応援してほしい」と伝えることが歩み寄りになります。
思っているだけでは駄目で、この問題をテーブルの上に載せることが必要です。
馬が合わないギスギスした関係で過ごすのか、
互いの特徴を認め協力し合える関係で過ごすのか、ビジネスライフは大きく異なります。
是非、1年の最初に周囲の人とのより良い関係構築を考えてみて頂きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

----------------------------------------------
ペネトラ・コンサルティング株式会社
代表取締役 安澤武郎
公式サイト:http://penetra.jp/
お問合せ: info@penetra.jp

著書:『壁をうち破る方法』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4799314378/
----------------------------------------------

この記事を書いたプロ

ペネトラ・コンサルティング株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 安澤武郎

東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL:03-5843-1259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
営業マネジャーは営業同行の腕をどう磨けば良いか?(1/2)

目標を達成するためには、様々な問題を解決することが必要になりますが、その問題解決の際に何をみて、何を解決...

[ マネジメント ]

目標への挑戦意欲を高める
イメージ

目標を決める際に、目標を与える際に「どの水準で設定すればよいのか?」に頭を悩ませたことはないでしょうか?...

[ マネジメント ]

ダブル・ループ(人生の早い段階で教えるべき「無駄な努力をしない」コツ)
イメージ

大学受験・高校受験だけでなく学校のテストのためなど、なんらかの到達目標を持って勉強に取り組んだ経験は誰も...

[ 教育 ]

やりたい仕事に取り組ませる(1/2)
イメージ

あなたの社員はどのような目標を持って仕事をしているでしょうか?先日、ある企業の部門会議で「何をモチベ...

[ 経営者向け ]

社長の力量が足りないと社員は育たないのか? (1/3)

人は経験によってしか成長できない部分があり、どのような環境で誰と仕事をするかによって成長のスピードが変わ...

[ 経営者向け ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ