コラム一覧

1件~15件(94件)

過去の15件

昭和のマネジメントと平成のマネジメントのGAPを埋める(2/2)

イメージ

前回は、「人が能力を発揮できる組織」の条件を紹介しました。では、「そのような組織を作るために自分に何ができるのか?」ということが今回のテーマです。■そのような組織を作るために自分に何ができるのか?組織の中で良い仕事をするためには、まず「自分の役割を知る」ことです。そし... 続きを読む

マネジメント

2018-04-10

昭和のマネジメントと平成のマネジメントのGAPを埋める(1/2)

イメージ

最近、パワハラの課題解決のご相談を受けることが多くなりました。この問題を解消する上で厄介なことは、「ハラスメントをしている」とされる側の人間に自覚がないことです。「これくらい普通の指導だ」と厳しい説教を繰り返している指導者の下で、その指導に愛情を感じられず精神を病んでしまう方... 続きを読む

マネジメント

2018-04-09

組織コンサルタントが愛用するビジネスグッズ11選

先日、「組織コンサルタントが愛用するビジネスグッズ11選」なる記事を書きましたので、こちらのページでもシェアをさせて頂きます。なかなか好評で、特に11個目のアイテムに対する共感が多くございました。皆様のビジネスシーンが少しでも豊かになることを願っております。(リンク... 続きを読む

仕事術

2018-01-25

今年一年を素晴らしい年にするための「目標設定」と「目標の活かし方」の話

新年あけましておめでとうございます。やる気に満ちた一年のスタート、皆様今年の目標を描いておられるかと思います。「目標設定」はマネジメントの基本中の基本ですが、なかなかに奥が深いものですので、今回は目標設定について考えを深めて見たいと思います。 組織変革では「高い目標」に... 続きを読む

マネジメント

2018-01-05

人財の流れを作る「教える具体論」

イメージ

■ 人財の流れ 前回のコラムの冒頭で紹介した「動的平衡が生命である」という「生命の定義」は覚えておられるでしょうか?「組織」を「生命体」と見立てた場合、いくつか健全に循環をさせるべき流れとして、「お金の流れ」「人財の流れ」「技術サービスの流れ」などがあることを説明しました。... 続きを読む

経営者向け

2017-10-05

日本のエレクトロニクス産業はなぜ凋落したか?

『愚者は(自分の)経験に学び、賢者は歴史(他人の経験)に学ぶ』とはドイツ首相ビスマルクの言葉ですが、日本のエレクトロニクス産業が凋落している状況から何を学ぶことができるでしょうか?例えば、2006年から2017年で日本製の液晶テレビ生産量は100分の1に減少したと言います。パソコンや携... 続きを読む

経営者向け

2017-08-24

社員が育つ組織の特徴(2/2)

イメージ

前回に続き「社員が育っている企業」の事例を紹介したいと思います。かつては、なかなか幹部で話し合った方針や施策が展開されていかない企業でした。それが、組織の状態が変わり「今までになく施策が展開され、担当者が新たな営業に挑戦する」ということが起きるようになった事例です。... 続きを読む

人材育成

2017-08-11

社員が育つ組織の特徴(1/2)

社員が育っていない組織には育っていない原因があります。一つの事例をもとに考えてみましょう。担当者を成長させるためには、成功体験をつませることが重要です。一つの成功体験で得た知見はその人の一生ものの宝になります。そこで、「本年中に担当者にどのような成功体験をつませるか... 続きを読む

人材育成

2017-08-10

組織の問題解決力を高める(2/2)

昨日は問題解決のコツ「分解をする」を紹介いたしました。それに関して、演習をしてみましょう。*************************あなたは、食品会社の役マーケティング担当者です。体感型の企画を仕掛けることを決め、以下のような案内文をネットで流して集客を... 続きを読む

マネジメント

2017-07-12

組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、その発展段階を5段階に分類をし、適切なマネジメント行動を取るためのヒントを提供しました(1972年)。どのような組織も人間の性には逆らえず、構造的な問題として、各段階で問題... 続きを読む

マネジメント

2017-07-11

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (後編)

イメージ

前回、熱意ある社員が6%になる要因として、「現実の問題」と「フィルターの問題」を紹介いたしました。今回は、そのフィルター(受け止め方)を良くする方法を二つ紹介させていただきます。仕事を面白く感じられる一つの条件は、成長したり進歩があることです。誰もが自分の成長や進... 続きを読む

人材育成

2017-06-06

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)

イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢れる社員」の割合が日本では6%(米国32%)であり、調査した139カ国中132位と最下位クラスであったということです。また、「周囲に不満を撒き散らしている無気力な社員... 続きを読む

人材育成

2017-06-05

ノー残業手当は本当に効果を発揮するのか?

昨今、長時間労働の見直しが推進されている。先日もある企業でそのようなご相談を受けた。残業を削減しようとしてもなかなか減らないということだが、社内では残業時間の削減目標があり、社員は帰宅時間の目標を決めて早く帰るように心がけている。実際に、「どのように仕事を減らしてい... 続きを読む

社会を知る

2017-03-31

新任営業マネジャーは思考の方向性に気をつけろ

ある営業部門長の悩み「今回自分の部署に配属になった新任課長は自分で考える力がない。 担当者とMTGをしてもヒアリングをしているだけで問題を解決していない。 担当者が『あのお客さん難しいんです』と言ってきたら、「そうだよな」で終わっている。 担当者との関係は良いんですよ。仲... 続きを読む

マネジメント(ケース)

2017-03-30

事業承継を成功させる大原則

企業は存続をすることが目的ではないしかし、社会になくてはならない存在として存続し続けることには大きな意味がある。長く経営をしていると、苦境に立たされることがある。その中でも経営者の交代という大きな節目をどう乗り切るかという課題は大きな経営課題として存在する。後継社... 続きを読む

経営者向け

2017-03-29

1件~15件(94件)

過去の15件

RSS
提供サービス

変化の激しい時代、人と組織の変革による持続的成長をはかるために、人と組織の本質的な問題を炙り出し、チームとしての意思決定を支援する診断サービスです。■...

 
このプロの紹介記事
ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さん

マネジメント力によって、人を活かし、業績を伸ばす(1/3)

 ペネトラ・コンサルティング株式会社の安澤武郎さんは、実行支援型のコンサルタントを展開しています。これは、企業に入り込みハンズオンで事業を改革するやり方で、日常的な活動の積み重ねの中で改革を推し進めていきます。手間のかかる仕事ですが、確実に...

安澤武郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

人や組織がぶつかる「6つの壁」を取り除き、限界を突破させる

会社名 : ペネトラ・コンサルティング株式会社
住所 : 東京都台東区西浅草3-22-3 浅草タワー30F [地図]
TEL : 03-5843-1259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5843-1259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安澤武郎(やすざわたけろう)

ペネトラ・コンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
昭和のマネジメントと平成のマネジメントのGAPを埋める(1/2)
イメージ

最近、パワハラの課題解決のご相談を受けることが多くなりました。この問題を解消する上で厄介なことは、「ハラス...

[ マネジメント ]

今年一年を素晴らしい年にするための「目標設定」と「目標の活かし方」の話

新年あけましておめでとうございます。やる気に満ちた一年のスタート、皆様今年の目標を描いておられるかと思いま...

[ マネジメント ]

日本のエレクトロニクス産業はなぜ凋落したか?

『愚者は(自分の)経験に学び、賢者は歴史(他人の経験)に学ぶ』とはドイツ首相ビスマルクの言葉ですが、日本の...

[ 経営者向け ]

組織の問題解決力を高める(1/2)

■企業の発展段階における構造的な問題企業には成長段階があります。ハーバードのラリー・E・グレイナーは、そ...

[ マネジメント ]

熱意ある社員がわずか6%になるわけ (前編)
イメージ

5月26日の日経新聞に米ギャラップ社によるサーベイの結果が紹介されていました。その調査によると、「熱意溢...

[ 人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ