コラム

 公開日: 2015-09-27 

スリッパ履き替えを止めて、患者さんの動きをスムーズに!~クリニック改修事例を通して~

「患者さんが入口にあふれてしまって、待合室がごった返している。どうにかなりませんか。」

最近、弊社で相談を受け、改修を行った事例です。
このクリニックは、小児科と内科を併設していて、子連れの親御さんと高齢者で待合室はあふれていました。
患者さんは入り口で靴を脱いで、スリッパに履き替えることになっていました。

靴箱に入りきらない靴が土間に散乱し、赤ちゃんを抱いたお母さんがその靴をまたいでスリッパに履き替える。
ベビーカーは外に置いておくしかない。杖をついたお年寄りも不安げな様子でスリッパに履き替えている。 
見ていると本当に危ない状態でした。

私は、「靴のまま履き替えずに診療所内へ入る」ことと、
「内科と小児科患者の待合室のレイアウトの変更」の提案をしました。
靴箱を取り除いて入口をすっきりとさせ、その分待合室のスペースを広く取って、椅子の置き方も変えました。
ベビーカーや車いすがそのまま入れるよう、小さな段差もなくし、バリアフリーとしました。

改修後、すぐに効果はあらわれました。
患者さんは入口で止まることなく、受付から待合室の椅子へと、スムーズに移動していただけるようになりました。
靴の履き替えという動作を一つ減らすだけで、診療所内の動線はずいぶんシンプルになったのです。

土足か否か、というのは、単純に患者さんの靴に泥がついているかいないか、という問題です。
最近は道路事情が整っていますから、泥だらけの靴で訪れる患者さんはほとんどいません。

それほど大きな改修を行わなくても、日々の診療が格段にスムーズになります。
お困りの事案がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

医療リフォームコム
http://www.iinreform.com/

この記事を書いたプロ

株式会社 パンダ設計 [ホームページ]

一級建築士 菅原邦夫

東京都豊島区東池袋1-47-2 サニーハイム池袋 303 [地図]
TEL:03-6914-2802

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

確かに無料かも知れませんね。ただ、一般的に住宅系の場合、設計~工事~アフターメンテナンスまで一括受注される建設会社やハウスメーカーさん等が工事受注を前提に『...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
医療施設のリフォームや増改築に強い一級建築士 菅原邦夫さん

医師や患者の立場に立ったプランを誠実に提案(1/3)

 菅原邦夫さんは、病院や医院、クリニック、診療所、老人保健施設といった医療福祉施設のリフォームや増改築を専門とする、全国でも数少ない一級建築士の一人。複数の建築事務所で経験を積んだのち、およそ16年前からこの分野に特化して様々な案件を手がけ...

菅原邦夫プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 パンダ設計
住所 : 東京都豊島区東池袋1-47-2 サニーハイム池袋 303 [地図]
TEL : 03-6914-2802

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6914-2802

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅原邦夫(すがわらくにお)

株式会社 パンダ設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

既存のクリニックの完全リニューアルをしました

深野医院は先祖代々から上尾で診療所を開業して父の小児科医...

I・F
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
熊本地震

4/14の熊本地震のニュースを見て目を疑った。あまりの街や建物が無残は形になっていることに・・・震度7がその...

[ 医院増改築工事・耐震診断・補強工事 ]

現在の建築コスト動向についてお話しします

建築・建設分野では、需要が多いか少ないかによって値段が敏感に変化します。消費税が5%から8%に変更される...

診療所・薬局の開設に、市街化調整区域を活用しませんか?

診療所や薬局を新規に開設しようと考えていらっしゃる方々、土地探しにお困りではないでしょうか?駅前で徒歩数...

クリニック新築の坪単価と設計料について考えてみましょう

一般住宅の新築の坪単価は、外溝工事を除いて35万円程度が一般的でしょうか。診療所やクリニック等医療施設では、...

設計料は「建築に対する保険」ととらえてみませんか

私は長年、医療福祉関係施設の新築、改修の設計、工事管理を専門に仕事をして来ました。お客様によく言われるのは...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ