>   >   >   >   >  依頼に関すること

依頼に関すること

依頼について

依頼するには、どうしたら?

依頼される人は、メールまたは電話をください。
お待ちしています。

報酬

A 在留資格認定証明書交付申請について
  (主に、外国人配偶者や外国人社員の招へいです)
着手金  40,000円
 成功報酬 40,000円
 からとなります。尚、翻訳料金は別途です
 書類作成と申請代行、入国管理局への対応をします。
 (東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の場合は、交通費の負担はありません)

書類作成だけであれば、50,000円です。
 ただし、入国管理局の対応は、できないです。
 助言のみとなります。

B 在留資格変更申請について
 (主に、既に適法な在留資格で日本に滞在している外国人の在留資格変更です)
着手金  40,000円
成功報酬 40,000円
からとなります。尚、翻訳と入国管理局に納付する印紙代金は別途です。
書類作成、申請代行、新しい在留カード交付時の受け取り、入国管理局への対応をします。
 (東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の場合は、交通費の負担はありません)

 書類作成だけであれば、50,000円です。
 ただし、入国管理局の対応は、できないです。
 助言のみとなります。


C 在留資格期間更新申請について
 (主に、既に適法な在留資格で日本に滞在している外国人の期間の延長です)
報酬は、30,000円です。
 ただし、前回の許可時の状況と違う場合は、50,000円となります。
尚、翻訳と入国管理局に納付する印紙代金は別途です。
書類作成、申請代行、新しい在留カード交付時の受け取り、入国管理局への対応をします。
 (東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の場合は、交通費の負担はありません)

D 永住者申請
 報酬は、50,000円です(着手金40,000円。成功報酬10,000円)
 尚、翻訳と入国管理局に納付する印紙代金は別途です。
 書類作成、申請代行、永住者の在留カードの受け取り、入国管理局への対応をします。
 (東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の場合は、交通費の負担はありません)

E 在留特別許可を求めるための違反調査の出頭
 報酬は、100,000円から、となります。
 結婚手続のサポート、書類作成、入国管理局への同行、となります。
翻訳は別途となります。
  (東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の場合は、交通費の負担はありません)

F その他
1 在外日本大使館への添付書類の作成      50,000円
   婚約者を婚姻手続きで入国させる、などVISA申請に必要な
   招請理由書、スケジュール表、身元保証書、申述書などの作成です

2 帰化許可申請(法務局)             70,000円から
 書類の作成、法務局への同行です。
3 国籍取得届(法務局) 30,000円から
  書類の作成、法務局への同行です。
4 出生届                        30,000円から
  書類の作成、市町村役場への同行です。
5 認知届                        30,000円から
  書類の作成、市町村役場への同行です。

6 補助金申請の書類作成、許可や登録申請手続きは、要・相談となります。

 (1から6に関して、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の場合は、交通費の負担はありません)

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

・無料相談について
無料メール相談を承っています。
初回のみの無料相談となります。
「この問題は相談していいの?」というレベルでも、まずはお気軽にご連絡ください。

・有料相談について
「会っての相談」と「電話での相談」は、有料になります。
「会っての相談」の相談料金は、1時間以内、10,000円です。
ご自宅の近くか、お仕事先の近くまで、お伺いします。
お会いする場所が、東京都・神奈川県・千葉県千葉駅、埼玉県大宮駅までは、交通費の負担はありません。
会ってお話しをしますので、その場で疑問点が解消できます。

「電話での相談は、目安として一回につき、30分7,000円となります。

この記事のURL

相談について

・無料メール相談を承っています。
初回のみの無料相談となります。
「この問題は相談していいの?」というレベルでも、まずはお気軽にご連絡ください。

・有料相談について
「会っての相談」と「電話での相談」は、有料になります。
「会っての相談」の相談料金は、1時間以内、10,000円です。
ご自宅の近くか、お仕事先の近くまで、お伺いします。
お会いする場所が、東京都・神奈川県・千葉県千葉駅、埼玉県大宮駅までは、交通費の負担はありません。
会ってお話しをしますので、その場で疑問点が解消できます。

「電話での相談は、目安として一回につき、30分7,000円となります。
お問い合わせに進んでください。

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

この記事のURL

どうしてこの業務を志したのか

私自身が、どうして渉外業務を志したのか?
を書こうと思います。
私は、昭和62年4月から平成7年10月頃まで、サラリーマンをしていました。
城南信用金庫、という信用金庫に勤めており、その当時から、となります。
資格の受験予備校が発行しているパンフレットに行政書士の業務紹介が書かれていて、読みました。
東京都行政書士会のN先生とY先生が取り上げられていました。
当時、「へぇ、こういう仕事をしている人がいるんだ」と思った記憶があります。
その後、行政書士として開業したときに、それを覚えていたから。
開業当初は、建設業の許可関連の仕事から始めましたが、そのうち、渉外業務もやってみたいな、と思い、
一人で勉強をはじめ、専門業務の勉強会にも出席するようにしました。
そして、平成10年(1998年)のゴールデンウィーク頃に、広告を出稿したのが始まりです。
未経験の業務については、常に不安が付き纏います。
現在も、未経験のケースは、不安になります。
平成10年当時、渉外業務の仕事を受託する当てもありませんでした。
渉外業務に参入する行政書士で、前職において、外国人と接する仕事をしていた人は、
ネットワークがあるため、仕事の受託に有利で、そうではない人は苦戦します
(たぶん、今も同様だと思います)。
私は後者であったので、広告を掲載してみよう、と思いました。
当時は、ほとんどの人達にとってインターネットは生活の一部、ではなく、
個人事業主がホームページを開設するには敷居が高かったですし、検索サイトの技術も良くない時代と記憶しています。
ですので、当時の行政書士の受任経路や営業方法は、紹介が王道で、
DMの発送、電話営業、飛込訪問、タウンページ等の紙誌への広告掲載が主で、
人によってはセミナーや研修会の講師をして集客をする、
他にも、コンサルタントと手続業務を融合している人もいました。
紹介の場合、ネットワークを作るのは、けっこう時間がかかりますし、
そもそも外国人とは、どのようにしてネットワークを作ったら良いのか、わかりませんでした。
尚、ホームページやブログですが、その数年後から普及した記憶があります。
平成10年(1998年)ゴールデンウィーク明けに台湾、韓国、フィリピンのミニコミ誌に広告を掲載していきました。
台湾、韓国のミニコミ誌からの問い合わせは、1件もありませんでしたが、
フィリピンのミニコミ誌から反響はありました。
ですので、フィリピンのミニコミ誌は、最初は一つだけでしたが、反響があったため、
もう一つ他のミニコミ誌も掲載しました。
「無料電話相談をやります」と銘打っていたのですが、当時、それが珍しかったらしく、
反響はたくさんありました。
ただ、相談の内容は、当時の私では、わからないことだらけで、調べては、折り返し電話をすることもあり、
信用されないせいか、なかなか仕事の受託には至らなかったです。
相談を受けては、勉強する、という感じでしたので、
広告料という名の研修費を払っている状態でした。
ですので、電話の無料相談は、たくさん有ったものの、上手に説明できないせいか、
信用を得られず、仕事の受託ができませんでした。
電話だけではなく、実際に会って、仕事らしいものを途中まで進めましたが、
自分の知識不足が露呈して、断られるか、連絡してもらえないことが、2件続きました。
そうした中、あるフィリピン女性から、永住者申請について、電話相談がありました。
自宅の住所を教えてもらい、用意する書類を書いて郵送しました。
そのフィリピン女性から、別のフィリピン女性を紹介されました。
「友達から、親切な人がいる、と紹介された」と言われ、
ようやく、永住者についての申請ですが、正式に依頼されました。
平成11(1999)年の2月と記憶しています。
(永住者申請ですが、長期間の審査のすえ不許可でした。知識不足を露呈しました)
この依頼をしてくれたフィリピン女性は、当時、ボランティア活動をしていたので、
その縁で、オーバーステイの在留特別許可の出頭申告の仕事を紹介し続けてくれました
(当時は、実質、30万人以上いるのではないか?と推測されていました。
平成26(2014)年12月末では、約6万人とかなり減少しています)。
平成12年2月18日から退去強制にて出国後の上陸拒否期間が1年間から5年間に
伸長される法律が、交付された時期であり(H11.8.18の交付される前から、噂されていた)、
家族全員オーバーステイの家族の集団出頭が相次ぎ、在留特別許可制度が、にわかに、
新聞やテレビに取り上げられ脚光を浴びた時期と重なりました。
平成12年2月17日以前に退去強制で出国すれば、1年経過後、日本に戻ってこられる、
と考えていた外国人が多く、彼/彼女の出頭が相次いだ時期でもありました。
業界的には、特需でありました。
これがキッカケで、フィリピン人達のネットワークやタイをはじめとする他の国の人達まで拡がり、
渉外業務の仕事を依頼してもらえるようになりました。
今やろうと思っても、再現性がある「キッカケ」にはならないので、自分は運が良かったな、と思っています。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ