コラム

 公開日: 2011-09-01 

メルマガ第93回2011.9.1発行 外国人配偶者の永住申請の審査の要点2

行政書士が綴る国際結婚「フィリピーナに恋して」 第九十三回

行政書士の折本です。
9月に入りましたね。
既に場所によっては、台風の影響がある、ということです。
天気予報での台風情報を気にしながら、お過ごしくださいね。

ここ数ヶ月のメールマガジンでは、東京入国管理局の審査官が講師を務める研修会に、
出席したことを報告しています。
そして、日本人が外国人と結婚し、招へいする場合の入国管理局への在留資格認定証明書交付申請の審査の要点をお伝えしました。
研修会では、永住申請の審査についての話もありましたので、
前号から、永住申請についてお伝えしています。

このメルマガの読者の中には、国際結婚されている方もいると思います。
そして、既に、外国人配偶者が、永住許可になっているかもしれません。
将来、外国人配偶者に永住申請をしてあげよう、
と考えている人もいるかもしれませんので、しばらくお付き合いください。

永住許可の場合、入国管理局ではガイドラインを公表しています。
その中に、3つの法的要件があります。
1 素行が善良であること
2 独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
3 国益に合すること
です。
そのうち、
1 素行が善良であること
2 独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
について、お伝えしましたので、その続きとなります。

3国益の合すること
その者の永住が日本国の利益に合すると認められることです。
ア 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること
但し、この期間のうち、就労資格又は居住資格をもって、引き続き5年以上在留していること
イ 罰金刑や懲役刑を受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること
ウ 現に有している在留資格について、法で規定されている最長期間を持って在留していること
エ 公衆衛生上の観点から有害となる恐れが無いこと

日本人と国際結婚をした外国人配偶者は、更に、例外を設けられています。
日本人と結婚していない外国人は、永住申請するためには、
原則10年の在留が求められています。
しかし、日本人と結婚した外国人配偶者は、
実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し、引き続き1年以上本邦に在留していること、
となっています。
要するに、
3その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
の諸要件を満たし、
実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し、引き続き1年以上本邦に在留していること
であれば、永住許可になる可能性は高い、ということがおわかりいただけると思います。
(国際結婚している外国人配偶者については、
1 素行が善良であること
2 独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
は、法的要件に適合しなくても良い、となっています)

でも、3のイとエは、1の素行が善良であること、という要件と重なり合うし、
3のイは、2の独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること、という要件と重なり合うことがわかりますよね。

続きは次号です。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
引き続き、登録を継続していただければ、嬉しく思います。
このメルマガも、平成14年の10月から発行していて、
何気に、9年目に入りましたので、今後も引き続きよろしくお願いします。
このメルマガは、まぐまぐを利用して発行しています。
登録は http://www.mag2.com/m/0000097197.html
よりできます。

VISA・在留資格研究会
行政書士 折本徹事務所
http://www.toruoriboo.com

書類作成や申請代行の依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼をするには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。基本的に、当方より出向きます。法人の場合は、貴社におじゃ...

取材・執筆・講師

2017年2月7日に首都圏の留学生会館でミニセミナーを行いました。主なテーマは、卒業後の起業について。株式会社設立の方法、ビジネスをするうえで必要な、役所へ...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
経営者は知っておきたい!外国人材雇用獲得コンサル

外国人材を採用し、定着させるために、どのようにすれば良いのか?外国人材を雇うメリットは?を記載しています。...

[ 外国人材の雇用、活用、経営戦略 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!!留学生就活サポートをするために、留学生に役...

[ 外国人材の雇用、活用、経営戦略 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 どのように結婚手続きを進めたら良いのか?帰国させた方が良いのか?再...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

国際結婚ビザ、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格の申請する前にチェックしておきたい16個のポイントを記載しています。...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

国際結婚ビザ、「日本人配偶者等」在留資格認定証明書交付申請の審査の要点

国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格を得るために、入国管理局は、どの点に着目しているのか?解説していま...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ