コラム

 公開日: 2011-07-28  最終更新日: 2016-11-25

国際結婚における、「日本人配偶者等」在留資格認定証明書交付申請の審査の要点

どのような審査な基準で審査をしているの?

国際結婚における、「日本人配偶者等」在留資格認定証明書交付申請の審査の要点 

「当事務所は、外国人配偶者の在留資格を得るサポートをします。
当事務所と一緒になって考え、進めましょう!」 

2011年、東京入国管理局の審査官が、講師を務める研修会で発表された審査の要点です
(現在でも、基本的な考え方は同じです)。

どの申請もそうなのですが、申請書を記載して、立証資料を提出いたします。

婚姻事案については、「質問書」を記載しますが、こちらは、とても重要です。
「質問書」の中で、
・初めて会った時期
・初めて会った場所
・紹介者(紹介であれば)
が、最も重要で、適当に書くのではなく、シッカリ書き、その当時の立証資料も添付します。

・前婚について
前の結婚も外国人配偶者で、その外国人配偶者の永住許可後、
すぐに離婚し再婚したケースや、前の婚姻の期間が短いケースについては、印象が悪い、
ということです。

・渡航歴について
パスポートのコピーを立証資料として添付して欲しい、とのことです。
渡航歴で嘘をついたら、不交付にする可能性が高い、ということです。
又、日本人側が、1-2回の渡航、かつ、言葉が通じないときは、意志の疎通はできていないのではないか?
と考えられるので、不交付にする可能性が高い、ということです。

・親族一覧表について
親族の名前、住所、年齢、電話番号が詳しく書いてあれば、二人の婚姻を知っている、
との判断ができやすい、ということです。
又、親が婚姻について賛成しているかが、交付へのポイントになる、ということです。

この「質問書」の記載事項と立証資料としての添付書類の関係は、
相互に関連しあっていますし、記載内容の補填資料になります。


立証資料として、

・所得に関する資料
こちらは、総所得を見るそうです。
なぜか?ですが、
審査としては、入国後の、婚姻の継続・安定性を考え、扶養能力を実証する資料、としての位置づけとのことです。
これに関連しますが、身元保証人、という制度があります。
身元保証人は、滞在費を負担する等々の役目がありますが、通常、配偶者がなります。
ただ、まれに、配偶者以外の人が、身元保証人になるケースがあるらしいのですが、
その人が、自分の家族を扶養している場合、その人の総所得を見て、
「身元保証人としての努めを果たせるのか?」という疑義を持つこともある、
とのことです。

・スナップ写真
スナップ写真は、交際していることを証明として、有力な証拠になります。
渡航したときの写真を、数多く提出しますが、
同じ渡航時の写真ばかりだと、返って、渡航回数の少なさを際立たせることになるので、
心証が悪くなるそうです。
渡航歴を多くして、バランス良く提出した方が良いのでしょう。
私見ですが、最後の渡航から3ヶ月以上経過していると不交付になると思います。
申請中でも、ひたすら結果を待っているのではなく、渡航するようにしましょう。


「国際結婚の手続きと外国人配偶者の在留手続きは、当事務所にお任せください」


「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書の交付や
在留資格変更許可を得るための審査のポイント
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/2410

ネットやスマホで知り合う国際結婚 。10の法則
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/1944


外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/3949

オーバーステイについて
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/1701

各国の国際結婚(中国)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/26960

各国の国際結婚(フィリピン)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/2241

各国の国際結婚(タイ)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/17405

各国の国際結婚(ベトナム)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/1824

各国の国際結婚(ミャンマー)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/52255

各国の国際結婚(インドネシア)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/9538

国際結婚・ロシア
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/1865

国際結婚・ウクライナ
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/3097

当事務所と一緒になって考え、進めましょう!

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ