コラム

 公開日: 2018-04-13 

団体監理型技能実習の入国後講習、日本語講習

団体監理型技能実習の入国後講習、日本語講習

入国後講習

技能実習生が入国後に、監理団体が実習実施者における技能等の修得前に行わせなければならないもので、
監理団体が、自ら又は適切な者に委託して、座学により実施するものであることです。

・科目は次に掲げものであること
1 日本語
2 本邦で生活一般に関する知識
3 出入国又は労働に関する法令の違反していることを知ったときの対応方法
 その他技能実習生の法的保護に必要なもの(専門的な知識を有する者[第一号団体監理型
 技能実習に係る者である場合にあっては、申請者又は監理団体に所属する者を除く]が
 講義を行うものに限る。)
4 上記1から3までに掲げるもののほか、本邦での円滑な技能等の修得等に資する知識

・時間数
 (1)技能実習生が本邦において行う第一号技能実習の予定の6分の1以上
 →例えば、1年間で1,920時間であれば、320時間以上
 (2)当該技能実習生が、過去6か月以内に、本邦外において、上記の1,2,4に掲げる科目に
 ついて、一月以上の期間かつ160時間時間以上の課程を有し、座学により実施される
 入国前講習を受けた場合には、12分の1以上
 →例えば、1年間で1920時間であって、
   入国前講習で160時間以上を1か月以上行えば入国後は160時間以上

・時間配分
入国後講習は、上記の1から4までの全ての科目を実施しなければならないが、各科目の
時間数やその割合については、技能実習生の個々の能力や技能等を習得するために必要な
知識の程度によってそれぞれの科目の必要な時間数が異なることから、
実習実施者において適宜定めることとして差し支えない。

<法的保護>

A 出入国又は労働に関する法令の違反していることを知ったときの対応方法
  その他技能実習生の法的保護に必要なもの
技能実習法令、入管法令、労働関係法令に関する事項、実習実施者や監理団体等が
  技能実習法令等の規定に違反していることを知ったときの対応方法、
特に申告・相談先である機構における母国語相談や
労働基準法違反の申告・相談先である労働基準監督署等の行政機関への連絡
及び申告の要件や不利益取扱いのある禁止に係る事項、
賃金未払に関する立替金制度や休業補償制度、
労働安全衛生や労働契約に関する知識、
厚生年金の脱退一時金制度のほか、
やむを得ない理由による転籍をしなければならなくなった際の対応等に関する事項が、
講義内容に含まれていなければならない。
  技能実習法令、入管法令、労働関係法令、その他法的保護に必要な情報について、
  少なくとも各2時間ずつ実施することを目安とし、合計で8時間実施することが必要。
  尚、通訳を付して実施する場合は、通訳に要する時間を考慮して当該8時間の内容を実施することが必要。
 
労働関係法令で、違反になる恐れがあるものを挙げておきます。
1)会社の備品を壊したら、罰金を支払うことになっていること
→労働契約の不履行について違約金を定め、又は、損害賠償額を予定する契約は禁止されているから
→ただし、現実に労働者の責任により発生した損害について、賠償請求することは禁止されていない

2)賃金の一部を強制的に貯蓄し、預金通帳を持っていること
→労働契約に付随して貯蓄の契約をさせ、又は貯蓄金を管理することは禁止されているから
→ただし、労働者の任意の委託を受け一定の要件のもと、貯蓄金を管理すること
までは禁止していないが、実習実施機関は技能実習生からの要望があっても、
預金通帳等は預からないほうが良い。

3)賃金支払い日において賃金を払わない
→賃金は、1 通貨で、2 労働者に対し直接、3 全額を、4 各月に1回以上、5一定期日を定めて支払わなければならな いから
→ただし、法令で定められているもの(税金など)、労使協定で定められたもの(寮費など)は、賃金から控除することは可能。でも、具体的な使途が明らかにしていないものは不可。

4)1日8時間を超えて労働をさせても、その分の賃金を支払わない

5)宿舎から外出する際、承認を受けさせる
→寄宿舎に労働者が居住する場合において、労働者の生活の自由が制限されるような
ことは禁止されているから
「寄宿舎とは」、用意した宿舎に居住させ、共同生活(便所、炊事場、浴室等が共同で、一緒に食事をする等

6)実質の時間給が、決められた最低賃金額を下回っている

7)働いてもらって1年以上経過しても、健康診断を受けさせない
→事業者は労働者を雇い入れた時及び一定期間(1年又は6月以内)ごとに健康診断を
実施しなければならないから

8)仕事中にケガがっても、治療費や休業の補償がされていない

9)実習生の危険又は健康障害等を防止するために、労働安全衛生法で定められた措置を講じていない

B 本邦での生活一般に関する知識
 技能実習生が最大5年間本邦で生活を行うためには、
我が国の法律や規則、社会生活上のルールやマナーを守る必要があり、
自転車の乗り方等日本の交通ルール、公共機関の利用方法、国際電話の掛け方、買い物の仕方、
ゴミの出し方、銀行・郵便局の利用方法など様々なものが考えられますが、これらに関するもの

C本邦での円滑な技能等の修得等に関する知識
 機械の構造や操作に関する知識のほか、技能実習への心構え、企業内での規律等が想定されている。
また、現場施設見学を行う場合が該当することになる。
なお、講習実施施設の外で講習を実施しても差し支えないが、
実習実施者の工場の生産ライン等の商品生産施設においては見学以外の活動は認められていない。
商品生産施設での機械操作教育や安全衛生教育は、
講習とは別に実習実施者において、技能等の修得のための活動として実施しなければならない。

D 日本語
 技能実習が行われる現場においては、
日本語による指導やコミュニケーションが行われるのが通常であることから、
技能実習を効果的かつ安全に行うための日本語教育を求めるものです。
また、技能実習生は我が国で生活することとなるため、
技能実習の基盤となる日常生活を円滑に送るためにも一定の日本語能力が必要となることから、
技能実習生が技能実習の遂行や日常生活に不自由しないレベルに達することができるよう、
入国後講習を行うことが望まれる。

入国後講習の日本語科目について以下の教育項目を含めたほうが良い。
・総合日本語 文法(文の文法、文章の文法)、語彙、待遇表現、発音、正確な聞き取り、話題に即した文の作成
・聴解 発話表現、即時応答、課題理解、ポイント理解、概要理解
・読解 内容理解、情報検索
・文字 漢字読み、表記
・発音 拍、アクセント、イントネーション
・会話 場面に対応した表現、文末表現
・作文 文章構成、表現方法

日本語学習目標の例
「技能等を習得する場面」
・作業の指示の言葉の理解
・数量や時間を正確に聞くことができる
・進捗状況を簡単に報告することができる など
「健康に安全に暮らす場面」
・病気やけがの時を知らせることができる
・交通標識などを理解することができる など
「職場や地域の人と人間関係を築く場面」
・挨拶をすることができる
・人とおしゃべりなどをしてコミュニケーションが築ける など
「生活を楽しむ場面」
・買い物施設や飲食店を利用することができる
・交通機関を利用することができる
・テレビを見ることができる など

又、日本語習得状況から技能実習生を
「N3取得者(レベル)」「N4上位者(レベル)」「N4下位者(レベル)」に分けて、
研修を行うことも考えられます。
「N3取得者(レベル)」
1)1か月目 実習実施機関での仕事上の日本語のやり取りに慣れ、自身の考えを
     まとまりのある単位で発話することかできる。
     特定の職業(実習先の職種)の人とのやりとりがある程度できる。
2)2か月目 自身の考えを聞き手にとってわかりやすく、段落の意思をもって発話することができる。
      日常生活及び基本的な仕事における円滑なコミュニケーション力を身につける
3)日本での生活に関する情報の理解
4)日本の文化・社会に対する基本的な理解

「N4上位者(レベル)」
1)1か月目 相手の質問に対して、正しく返答ができる
      待遇関係を意識して話すことができる
2か月目 自身の考えをまとまりのある単位で発話することかできる。
      特定の職業(実習先の職種)の人とのやりとりがある程度できる。
2)日本での生活に関する情報の理解
3)日本の文化・社会に対する基本的な理解

「N4下位者(レベル)」
1)1か月目 相手の質問に対して、正しく返答ができる
      日常生活における基本的なコミュニケーションを習得する
2) 日本での生活に関する情報の理解
3) 日本の文化・社会に対する基本的な理解

優良な実習実施者及び優良な監理団体(一般)のなるための加点対象になっている
地域社会との共生[最大10点]
1 受け入れた実習生に対し、日本語の学習支援を行っていること 4点
2 地域社会との交流を行う機会をアレンジしていること 4点
3 日本の文化を学ぶ機会をアレンジしていること 4点

団体監理型技能実習

1回のみ無料相談を受け付けています
当事務所のもう一つのホームページである
VISA・在留資格研究会 折本徹行政書士事務所
からも受付しています。
お問い合わせください。

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼をするには、どうしたら?行政書士の折本徹です。依頼に関するページにアクセスしていただき、ありがとうございます。 依頼される人は、メールまたは電話...

取材・執筆・講師

2017年2月7日に首都圏の留学生会館でミニセミナーを行いました。主なテーマは、卒業後の起業について。株式会社設立の方法、ビジネスをするうえで必要な、役所へ...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
外国人社員の雇用・就労のビザ/在留資格申請のポイント

外国人社員の雇用・就労のビザ/在留資格申請のポイント・外国人を雇用できるか、どうか・雇用契約に基づく採...

[ 入国管理局手続(外国人就労ビザ) ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!!留学生就活サポートをするために、留学生に役...

[ 外国人材の雇用、活用 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 どのように結婚手続きを進めたら良いのか?帰国させた方が良いのか?再...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

国際結婚ビザ、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格の申請する前にチェックしておきたい16個のポイントを記載しています。...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

国際結婚ビザ、「日本人配偶者等」在留資格認定証明書交付申請の審査の要点

国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格を得るために、入国管理局は、どの点に着目しているのか?解説していま...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ