コラム

 公開日: 2016-09-29  最終更新日: 2016-11-05

飲食店の外国人雇用と食品衛生教育

経営者は知っておきたい 飲食店の外国人雇用


「訪日旅行者(インバウンド)向け飲食店の外国人雇用と食品衛生教育」

現在、経営している飲食店を外国旅行者向けも利用してもらいたい、
外国人スタッフを雇い、対応させたい、
外国の友人と一緒に飲食店経営ができないか?
と考えている人もいると思います。

A そもそも、外国人を雇えることができるか、どうか?の確認。

在留カードを見て確認する

・在留資格が、
「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」
であれば、店舗では、どの業務でも働くことは可能。

・在留資格が、
「留学」「家族滞在」
であれば、条件付きで、店舗のホールスタッフで働くことは可能。
資格外活動許可を得ているか、どうかの確認(在留カードの裏面)
通常は、1週間で28時間以内。
尚、風俗営業又は風俗関連営業の店舗では働くことができない。
又、「留学」の場合、
夏休みなどの教育機関の長期休暇中は、1日8時間は働くことは可能。

・在留資格が
「特定活動(ワーキングホリデー)」
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ドイツ、
グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国政府、アイルランド、デンマーク
中華人民共和国香港特別行政区政府、ノルウェー、韓国、フランス、台湾
ポルトガル、ポーランド、スロバキア、オーストリア
の国の青少年が対象で、在外の日本大使館・領事部へ申請することになるのですが、
年間の受入人数が決まっている国もあります。
青少年の国際交流が滞在目的です。
宿泊費や交通費などの滞在費用を賄うのに働くことができますが、
就労目的の滞在ではないことに注意して雇用する必要があります。


・在留資格が
「技能」
で、入国管理局から「コック」の活動で許可を得ていれば、
コックとして、働くことは可能。
又、在留資格が、
「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」
であればコックとして働くことが可能。
それ以外の在留資格を得ている者は、原則として、認められていない。

・ホールスタッフとして働く場合、
在留資格が、
「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」
資格外活動許可を得た「留学」と「家族滞在」
「特定活動(ワーキングホリデー)」は、可能。
上記の在留資格を得ていない外国人は、原則として、認められていない。

働く在留資格、主に「技術・人文知識・国際業務」の場合ですが、
コックやホールスタッフやフロアーマネージャー(店長)などはできませんが、
管理系の専門的な仕事であれば、可能性はあると考えます。
尚、「技術・人文知識・国際業務」では、
・飲食店で、経理をさせたい
・飲食店の広告宣伝をさせたい
・外国人客が多いので、通訳として雇いたい
との相談があります。
ここで問題になるのが、1日の業務量です。
「専ら、この業務をしている」が前提で、
そのことを証明することになります。
入国管理局へ申請した後、追加資料として、
入社後の1日と1週間の仕事のスケジュールを教えて欲しい。と求められこともあり得ます。
ですので、1店舗で、
経理や広告宣伝をやるとしても、それだけで、1日の労働時間は埋められず、記載できない、
と思いますし、
外国人客が多い場合、全体でどのくらいの割合なのか、
常時、座席数のどのくらいの割合を占めるのか、
そのうち、どれくらいの人たちが通訳を必要とするのか
(例えば、中国語圏の人を雇用しても、中国語圏のお客さんばかりではないでしょうし、
日本人の従業員に、メニューを取り込んだ外国語の簡易翻訳の端末機器を持たせれば対応できる)
が焦点になると思いますし、
入国管理局の担当審査官も、そのような観点で審査すると思います。
複数店舗を管理する、スーパーバイザー的な仕事
複数店舗を管轄する、集客・販売促進の仕事
下記のように、複数店舗で指導する、店舗の衛生管理・食品衛生教育や研修の仕事であれば、
可能性はあるかもしれません。


B 外国人従業員に対する食品衛生教育
―――保健所のパンフレットより―――

国により、食品衛生に関する意識の違いがあるので理解してもらう。

1食中毒予防について
食中毒は、最も気を付けなければならないので、防止することが
必要であることを理解してもらう。
1)菌をつけない
・従業員本人の健康と清潔
・ネズミ、ゴキブリなどの駆除
・生肉や生の魚介類などの調理済み食品への二次汚染の防止
2)菌を増やさない
・冷蔵庫(10度以下)、冷凍庫(-18度以下)の温度の確認
・室温に置いた調理済み食品は2時間以内に提供
3)菌をやっつける
・卵、肉類は中心温度が75度で1分間以上の加熱
・貝類は中心温度が85度で1分間以上加熱
・作り置きする場合は、冷蔵庫または冷凍庫で保存し、
 食べる直前に十分に加熱

2教育項目
1)日常の健康管理
・下記のような症状がある場合は、責任者に報告することを義務付ける。
 下痢、腹痛、嘔吐、吐き気、発熱などの体調不良、手指のけが、手荒れ
 家族や同居者に下痢や嘔吐の症状がある
・毎日の入浴、洗髪、ブラッシング、歯磨きを習慣づける
・健康に以上がないことを確認するために「検便」を行う
2)現場に入る前の衛生管理
・爪は短く切る(マニュキュアを取る)
・髪の毛は清潔に(できれば短く、長い場合はゴムなどで束ねる)
・制服や仕事着を正しく着用
・履物は清潔に
 (ピアスやネックレス、指輪などのアクセサリー、腕時計をはずす。
 香水の使用も注意)
3)手洗いの徹底
・作業に入る前
・食品に直接触れる前(調理前の食材)
・生肉や鮮魚を扱った後
・調理済み食品を扱ったり、盛り付け作業を行う前
・廃棄物処理などの作業をした後
・トイレの後
・顔や頭に触れた後

3衛生教育
1)掲示物
・衛生管理のポイントや守るべき注意点を、見やすいところの掲示
・日本語だけではなく、外国語でも明記し、写真やイラストを添える
・衛生管理の意識を高めるために、標語にして掲示し、読み上げる
2)確認
・周りにいる人が、確認
・些細なことでも、心配や不安に思った場合は、必ず確認
・衛生管理が身につくまでは、常に周りの人が注意を払い、
 不備な点はすぐに指摘して直させる
3)コミュニケーション
・簡単な母国語で声をかける
・休憩時間や終了後、皆でコミュニケーションをとることが大切
4)その他
・業務開始前に健康チェックを行い、衛生に関する意識を高める
・業務終了後に、本日の衛生管理を振り返る
・ごみの分別や出し方も指導する
・厨房の清掃時には、調理器具の洗浄を含め、しっかりと指導する

「外国人の招へい、採用した外国人の在留手続きを承ります」

経営者は知っておきたい、外国人社員の雇用の際の在留資格申請のポイント
当事務所は、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を得るサポートをしています。
・外国人を雇用できるか、どうか
・雇用契約に基づく採用理由書の作成
・会社の業務内容と外国人の仕事内容について、入国管理局へ説得力のある伝え方
・申請書作成と申請書の提出
許可を得るためには、上記の4点は相互に関連しあっています。

http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/10576

外国人旅行者(インバウンド)向けビジネスと外国人材に関する記事のまとめ
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/?jid=3615

外国人材を雇って新事業を展開。交付されそうな補助金のまとめ
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/54973

インバウンド(訪日外国人客)向け宿泊・飲食施設の分煙環境整備の補助金
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/54544

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ