コラム

 公開日: 2016-08-16  最終更新日: 2016-11-03

留学生のインターンシップ

留学生のインターンシップ

法務省入国管理局より留学生のインターンシップの取り扱いについて、
発表がありました。

掲載された内容を、そのまま、転載しています。
(文章だけを読むと、
留学生の立場であれば報酬を得る、
インターンシップ予定機関の立場であれば報酬を払う
ことは可能なようですが、
風俗関連以外でなければ、1週について28時間以内の資格外活動許可をする
、包括型の資格外活動許可ではなく、
個別の内容によって認めるか、どうかで判断する、資格外活動許可、という感じです)

(尚、海外の大学生のインターンシップではありません。
海外の大学生のインターンシップについて知りたい人は、下記をクリックしてください。
http://www.toruoriboo.com/gaikokujin_koyou.html  )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

o留学又は特定活動(就職活動及び就職内定者)の在留資格をもって在留中の方につきましては,
一定の要件を満たせば,
資格外活動の許可を受けて1週について28時間以内(長期休業期間中は1日8時間以内)
で行う資格外活動(いわゆるアルバイト)が可能ですが,
就職活動の一環として行うインターンシップの場合など,
1週について28時間を超える資格外活動許可を受けることができます。


1週について28時間を超えるインターンシップが認められる例

o対象となる方
(1)在留資格「留学」をもって大学(短期大学を除く。)に在籍し,
インターンシップを行う年度末で修業年度を終える者であって,
かつ,卒業に必要な単位をほぼ修得している者(卒業に必要な単位をほぼ修得した大学4年生等)
(2)在留資格「留学」をもって大学院生に在籍し,
インターンシップを行う年度末で修業年度を終える者(修士2年生,博士3年生等)
(3)在留資格「特定活動」をもって在留する就職活動を行っている者
(短期大学を卒業した者及び専修学校の専門課程を修了した者を含む。)
(4)在留資格「特定活動」をもって在留する就職内定者
(短期大学を卒業した者及び専修学校の専門課程を修了した者を含む。)

上記に該当しない方であっても,
単位を修得するために必要な実習等,専攻科目と密接な関係がある場合等には,
許可を受けることができます。


o対象となる活動

対象となる活動の例としては,就職活動の一環として行う職場体験を目的とする活動が挙げられます。
大学等で学んだ専門的知識等を生かし,
また,専修学校の専門課程を修了した方については,
専攻した科目との関連性が認められるものに限られます。


o上記の例に該当する場合に資格外活動許可申請に際して提出いただく資料

・ インターンシップを行う予定の機関が作成した
活動内容,活動期間,活動時間,活動場所,報酬等の待遇を証する文書
※活動内容については,具体的に行おうとする内容を記載いただく必要があります。
・ 大学生又は大学院生の場合は,大学又は大学院が発行する在学証明書
・ 大学生の場合は,卒業に必要な単位数及びその修得状況が確認できる文書(成績証明書等)
・ 専修学校の専門課程を修了した者の場合は,専修学校が発行する成績証明書


oQ&A

Q. 専修学校又は短期大学に在学中に行うインターンシップは,
1週について28時間以内でなければならないのでしょうか。

A. 資格外活動の許可に当たっては,
資格外活動を行うことにより,学業に支障がないことが前提となりますが,
個別に内容を判断した上で,1週について28時間を超えるインターンシップを行う許可を受けることも可能です。


Q. 大学4年生ですが,どの程度の単位を修得していれば,対象者(1)に該当するのでしょうか。

A. 卒業に必要な単位のうち,9割以上の単位を修得している必要があります。


Q. 既に1週につき28時間以内で資格外活動を行う許可を受けていますが,
   これに加えて,インターンシップを行うことはできますか。

A. 可能です。
なお,1週につき28時間以内で行う資格外活動の許可を受けていない方は,
インターンシップに係る資格外活動許可申請の際に,
併せて1週につき28時間以内で行う資格外活動の許可の申請をしていただいても構いません。


Q. 雇用契約書は必要ですか。

A. 雇用契約書を必要とするものではありませんが,
実際に行う活動内容について,インターンシップを行う予定の機関に証明してもらう必要があります。


Q. 具体的な資格外活動許可の申請の方法について,教えてください。

A. 最寄りの地方入国管理局に,
資格外活動許可申請書,
インターンシップを行う予定の機関が作成した活動内容等を記載した資料等
を提出して頂くことになりますが,
詳細については,申請を行う地方入国管理局にお問い合わせください。

---------------------------------------------------------------------
留学生就活サポート
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/44518

経営者は知っておきたい!外国人材獲得コンサル
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/53134

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ