コラム

 公開日: 2016-07-08  最終更新日: 2016-07-22

「難民調査官」(下村敦史さんの小説)を読んで-難民認定申請-

「難民調査官」(下村敦史さんの小説)を読んで
-難民認定申請-

書評を一つ。
下村敦史さんの「難民調査官」という小説を読みました。
刑事を主人公にしたり、警察小説は多くありますが、
難民調査官が主人公で、東京入国管理局を舞台した小説は、
あまりないのではないのかな、と思います。
テーマは、難民ですね。
(下村さんには、江戸川乱歩賞を受賞した、
中国残留孤児をテーマにしている、
「闇に香る嘘」という小説があるので、
ミステリーファンなら知っていると思います)

・小説の中、主人公のセリフで
「本物の難民は、独裁政権や当局などから弾圧、迫害され、
自国政府や警察に助けを求められない状況にあるからこそ、
保護を求めて他国に逃げなければ生きられない人・・・・・・」
と言わせていました。

・そして、
反政府的な思想をもっても、テロ行為はせず、
迫害の恐れがあれば・・・みたいな解釈

・母国の紛争から逃れてきた人
特定の集団から迫害されていても自国の警察が機能して助けを求められる人
は、条約上の難民ではない、

・実習先から逃げだした技能実習生からの偽造難民申請が多い

・たとえ、難民認定がされなくても、
人道的な配慮で在留を認めていること

などもキチンと触れていました。
マスコミでは、このあたりを触れていないこともあるせいか、
一般の人達は条約上の難民を理解していないこともあるので、
知識的に役に立つ小説です。

又、小説の内容そのものも面白かった。

後発難民性(日本で難民認定申請してからも、活動している)とか、
ドイツは難民の認定数以上に不認定も出している、
など、(私の不勉強ですが)初めて知ることもありました。

難民をおさらいしておきますと、
「難民」とは,
難民条約第1条又は議定書第1条の規定により定義される難民を意味し,
それは,人種,宗教,国籍,特定の社会的集団の構成員であること
又は政治的意見を理由として迫害を受けるおそれがあるという
十分に理由のある恐怖を有するために国籍国の外にいる者であって,
その国籍国の保護を受けることができないか又はそれを望まない者
とされています。

重複しますが、小説では、
自国の政治が不満で国外にでた者
経済的な困窮で国外にでた者
内戦や災害で国外にでた者
は、条約上の難民ではないこと、

審査を進めるにあたって、重要視されているのが
・自国脱出後から来日までの経緯
母国を非合法で脱出するしか方法がない
--正規の手段で堂々と母国を出国できるなら
自国の政府から弾圧されていない根拠になりうる

・陳述書(義務ではないが、審査では重要視される)
家族、出生時の状況、現在の国の情勢、受けた迫害の内容、帰国した場合の危険性

・後発難民性の活動

など。

又、政治的な意見を主張していないのだから、迫害される恐れはない

ことも触れていました。

実は、
日本に滞在していて、母国で騒乱があったことを聞き及び唐突に難民認定申請をした感じの人達から、
難民認定の目途について、相談を受けたことがあるのですが

(就労の在留資格を得るめどがついたら、
在留資格「特定活動」[適法滞在の人が、難民認定申請すれば得られることがある]
から「技術・人文知識・国際業務」に変更申請をする。
結果として変更許可を得られることもあるので、
それまでのつなぎみたいに考えている人もいる)

サポートするにしても、
「迫害の理由になるほどの政治的主張をするものの、テロ行為をしていない運動とは?」
は、現在の日本で生活しているとなかなか思いが至らないし、
あったとしても、帰国させられた場合に迫害される恐れがあるのか、ないのか、
も想像がつかないので、
当事者ではない国の人間が、
条約上の難民か、どうか、の判断はしずらく
宗教や民族、歴史的な経緯も、詳しく把握する必要もあるので、
「どう申告したら良いのだろうか?」と思ってしまいます。

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ