コラム

 公開日: 2016-03-30  最終更新日: 2016-09-02

伝統(的)工芸品の制作で、外国人材は働けるか?

伝統(的)工芸品の制作で、外国人材は働けるか?
-外国の需要を取り込む&外国人材に活躍してもらう-

経済産業大臣指定の伝統的工芸品と東京都の指定伝統工芸品とは?
クールジャパン、という
日本のアニメ、料理、ファッション、デザインなどを、
海外に発信していくことを主な目的とした政策があります。
そのときに、デザインや食器などに、伝統「的」工芸品、
という言葉を見聞きするようになりました。
日本の伝統や文化に興味を持つ訪日客に、
好まれそうですが、
伝統的工芸品と伝統工芸品の違いって、何?となります。
前者については経済産業省が、
後者については東京都が、
指定している工芸品があるので、定義されているようです。

「経済産業省が指定する伝統的工芸品」
伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)に基づき経済産業大臣が指定。 
「伝統的工芸品」に指定されるためには、下記の指定条件を備えていることが必要。
1.主として日常生活の中で使われているものであること。
2.主要部分が手づくりであること。
3.伝統的な技術又は技法が守られていること。
4.伝統的に使用されてきた天然の原材料が用いられていること。
5.産地が形成されていること。

一般の「伝統工芸品」とは別に、「伝統的工芸品」という呼称は、
伝産法により定められていて、
「的」とは、「工芸品の特徴となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、
さらに、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、
時代の需要に即した製品作りがされている工芸品」という意味。


「東京都が指定する伝統工芸品」
下記の要件を備える工芸品について、「東京都伝統工芸品産業振興協議会」の意見を聴いて、
知事が東京都伝統工芸品に指定。
1.製造工程の主要部分が手工業的であること
2.伝統的な技術又は技法により製造されるものであること
3.伝統的に使用されてきた原材料により製造されるものであること
4.都内において一定の数の者がその製造を行っていること。

上記は東京都の例ですが、他の道府県にもあるでしょうし、道府県ごとに
多少要件が違うかもしれません。

では、
伝統工芸品や伝統的工芸品を作っている法人
又は、
伝統工芸品や伝統的工芸品を売っている法人
に、外国人材を雇えるのか、どうか?

伝統工芸品の製作そのものについては、難しいかもしれません。
入国管理局の不許可事例で、
「漆器塗装は、自然科学又は人文科学の分野に属する技術又は知識に必要とするものとは認められず」
とありました。
どちらかと言えば、熟練技能なのかもしれません。
でも、あえて言えば、理科の世界、なのではないのかな?思うので、
伝統(的)工芸品の製作に携わる場合、自然科学に属する技術又は知識に必要とする、
がキチンと理論づけができれば、可能、ということにならない?と希望を持ちたくなります。

又、販売に携わる場合、多くの外国人訪日客向けに、外国語を用いた説明や
販売、ウェブサイトの作成と運営、マーケティングはどうだろう?
仮に、認められた場合でも、販売や体験コーナーの訪日客の多さ、用いる外国語は母語なのか、どうか、
等々が関わってくるかもしれません。

でも、テレビ番組で、伝統工芸品を作っている現場で働く外国人を観た
記憶がある、と思います。
働いていたとしたら、日本人と結婚しているか、ワーキングホリデーでしょう。

「当事務所は、外国人の招へい、在留手続きを承っています」


就労在留資格(技術・人文知識・国際業務)の申請の簡単なポイント(外国人社員の雇用)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/10576

外国人に日本の文化を伝える事業と在留資格「文化活動」(Culturalビザ)
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/55049

留学生のインターンシップ
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/55192

外国人人材獲得コンサル
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/53134

留学生就活サポート
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/44518

外国人材高度専門職とは?
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/37322

「働く在留資格の手続きは、当事務所にお任せください」

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ