コラム

 公開日: 2016-02-20  最終更新日: 2016-07-09

女性の再婚禁止期間100日と国際結婚における外国人配偶者(女性)

女性の待婚期間が変わります

女性の再婚禁止期間100日と国際結婚における外国人配偶者(女性)

女性の再婚禁止期間を100日とする民法の改正案が成立しました。

民法第733条
第1項
女は、前婚の解消又は取り消しの日から起算して、
100日を経過した後でなければ、再婚をすることができない。
第2項
前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。
①女が前婚の解消又は取り消しの時に懐胎していなかった場合
②女が前婚の解消又は取り消しの後に出産した場合

要するに、
1 再婚禁止間を100日に短縮
2 離婚前に妊娠した子を再婚後に出産することが無ければ、再婚禁止期間を適用しない

ーーー妊娠していないことを証明すれば、離婚後すぐに再婚できる

-------------------------------------------------------------
下記は法務省の案内です。
この改正に伴い,平成28年6月7日から,
前婚の解消又は取消しの日から起算して100日を経過していない女性
を当事者とする婚姻の届出の取扱いが,次のとおり開始されます。

1 「民法第733条第2項に該当する旨の証明書」が添付された婚姻の届出の取扱いについて
A 民法第733条第2項に該当する旨の証明書について
再婚をしようとしている本人である女性を特定する事項のほか,
(1)本人が前婚の解消又は取消しの日であると申し出た日より後に懐胎していること,
(2)同日以後の一定の時期において懐胎していないこと,
(3)同日以後に出産したこと
のいずれかについて診断を行った医師が記載した書面をいいます。
なお,医師の診察を受ける際,「前婚の解消又は取消日」(注)(離婚日など)を申告する必要があります。  
この日について誤って別の日を医師に申告した場合には,
本証明書を作成してもらったとしても,
再婚禁止期間内の再婚が認められない場合がありますので,十分御注意ください。

(注)
「前婚の解消又は取消日」とは,離婚の届出日等,法的に前婚の解消又は取消しの効力が生じた日を指します。  
協議離婚の場合は,協議離婚の届出日(受理日)のことであり,戸籍に【離婚日】として記載されています。
また,裁判離婚の場合は,離婚の裁判の確定日のことであり,戸籍に【離婚の裁判確定日】として記載されています。
同様に,調停離婚の場合は,離婚調停の成立日のことであり,戸籍に【調停成立日】と記載されています。

B 届出の受理について
前婚の解消又は取消しの日から起算して100日を経過していない女性を当事者とする婚姻の届出について,
上記の「民法第733条第2項に該当する旨の証明書」が添付され,
「女性が前婚の解消又は取消しの時に懐胎していなかった場合」
又は「女性が前婚の解消又は取消しの後に出産した場合」に該当すると認められた場合には,
その他の婚姻要件を具備している限り,その届出は受理され,婚姻することが可能となります。


C 戸籍の記載について
届出が受理されると,
妻の身分事項欄には婚姻事項とともに「民法第733条第2項」による婚姻である旨が記載されることになります。

2 「民法第733条第2項に該当する旨の証明書」が添付されていない婚姻の届出の取扱いについて
前婚の解消又は取消しの日から起算して100日を経過していない女性を当事者とする婚姻の届出に
「民法第733条第2項に該当する旨の証明書」が添付されていない場合には
,民法第733条第1項の規定が適用されることとなるため,婚姻の届出は受理されません。
ただし,これまで証明書がなくても再婚禁止期間内にされた婚姻の届出について受理されていた類型
(前婚の夫と再婚する場合など)については,今後も証明書がなくても婚姻の届出は受理されます。

-----------------------------------------------------------------------

「日本人の配偶者等」を得ている外国人女性で、離婚後即再婚のケースは、
前婚そのものや再婚経緯について、私見ではありますが、厳しくなるかもしれません。

注意しなければならないのが
・「家族滞在」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」などの在留資格を得て在留する、
外国人は、配偶者と離別又は死別した場合は、14日以内に入国管理局に届け出をすること。
正当な理由なく、住居地の届け出をしなかったり、虚偽の届け出をすると
在留資格取り消しの対象になること
(正当な理由の例
長期にわたっての入院
DVの被害に会い、加害者である日本人の夫/妻に所在を知られたくない、など。)

・配偶者として「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」の在留資格で在留する、
外国人は、正当な理由なく、配偶者としての活動を6ヶ月以上行わないで在留すると
在留資格取り消しの対象になること。[配偶者として「家族滞在」者は、3ヶ月以上]。
(正当な理由の例
子の親権を巡って調停中の場合
日本人の夫/妻が有責であることを等々を争っての離婚訴訟中、など)

があるので、これらの絡みで、「在留状況が好ましくない」と判断されることもあるので、
どのような理由にするのか?となります。

例えば、
日本人と結婚し、「日本人の配偶者等」の在留資格・期間1年間で入国した外国人が、
入国後、別居して、その後、在留期限の数か月前に離婚し再婚するケースもあり得ます。
前婚にしても、再婚にしても在留資格目当てではないのか?という印象を受けます。

又、在留資格「日本人の配偶者等」で在留期間1年間の期間更新許可を得て、
すぐに、離婚し、再婚するようなケース。
夫と仲良く暮らしたい、と申告しておきながら、
すぐに離婚・再婚すれば、虚偽申告ととらえられる可能性はあります。

改正前の法律では、
再婚禁止期間は離婚後6ヶ月なので、離婚後、6ヶ月の間に新しいパートナーと知り合い結婚、
はあり得ます。
「在留資格目当てではなく、本当の結婚。短期間で二人はの愛は燃え上がりました。」
なんて言われてしまえば、信じるしかないです。

でも、時系列で、過去をたどった時に、

前者では、
入国したばかりの外国人が婚姻中に知り合い、交際をしている、
前婚は、本当の結婚なのか?実は、在留資格目当てで、後婚もそうではないのか?

後者では、
期間更新前から交際していて、前婚は破綻しているのに、
在留を維持するための申請ではないのか?

と印象を持ってしまいます。

尚、居住地変更の届け出は怠れないので、
別居した段階で届け出をしておかなければならず、
6ヶ月以上別居していると取り消し対象、なってしまいます。
(取り消し、まではいかないで、更新許可を認めず、の可能性はある)
入国後、数か月で別居、
期間更新許可後、即、離婚となると、
入国管理局の審査部門も、前婚の日本人の夫/妻に聞き取する可能性は否定できないので、
そうすると、理由づけが難しくなるな、と思います。

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/3949

オーバーステイについて
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/1701

「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書の交付や
在留資格変更許可や配偶者チェンジの期間更新許可を得るための審査のポイント
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/2410

「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書交付申請や
在留資格変更許可、配偶者チェンジの期間更新許可の審査の要点
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/8169

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ