コラム

 公開日: 2015-11-25  最終更新日: 2016-09-11

訪日外国人客(インバウンド)ビジネス/民泊サービス

訪日外国人客(インバウンド)ビジネス/民泊サービス
-外国の需要を日本国内に取り込む&外国の人に活躍してもらう-

自宅の空き部屋を宿泊先として提供し、外国の人達と交流したい、
空き物件を借りて民泊の運営をしたい、
外国の友人と一緒に観光ビジネスができないか?
と考えている人もいると思います。

いわゆる、民泊サービスについては、
2016年4月に全国で一部解禁することになりました。

通常、貸し手が繰り返し料金を受け取って宿泊させる場合は、旅館業法の営業許可が必要です。
しかし、無許可営業が広がることにより、
逮捕者が出たり、見知らぬ人物に出入りによる近隣の苦情が増えたりするなどの
トラブルが相次ぐようになり、
又、いわゆる民泊サービスを行いたい、との要望もあったので、
政府は検討を始めました。

そこで、政府は、2段階で全国解禁する方針を打ち出し、
第1 段階 住宅をカプセルホテルなどと同じ「簡易宿所」と位置づけ、地方自治体が営業を許可する方向
第2段階  個人の住宅所有者も民泊を手掛けやすくする方向
(住宅地でのサービス禁止など制約の多い旅館業法の適用から民泊を除外する法整備を検討する)
とツーステップで検討を進めることにしました。

その後、
第1段階については、
      客室の延べ床面積が33平方メートル以上のところ、
      収容定員が、「10人未満」であれば、
      一人当たり、3.3平方メートル(1坪) X 定員数=延べ床面積
算出した延べ面積以上とする(いわゆるワンルームマンション向け)として認める方向。
      しかし、 収容定員が10人以上であれば、現行の基準又は厳しくする。
第2段階については、
      民泊業者を登録制にする(実際の物件の管理者が対象)。
      カギの監理、宿泊者の本人確認、ゴミ出しのルール確認などを義務付ける案となりそう。
      苦情は民泊業者が対応する責任を負う(職員にトラブル対応の研修を求めることも有りそう)。
      上記の問題を放置すれば、登録取り消しする案となりそう。
      賠償保険の加入も求める。
      住宅地でも、宿泊制限をなくし、民泊を認める。
      家主が居住する場合は、届け出制なりそう。
という経緯を経て、

第1段階については、2016年4月から、
 「民泊サービス」の場合であっても、
「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」に当たる場合には、
引き続き、旅館業法上の許可が必要として、認めることになりました。
(一度に宿泊させる宿泊者数が10人未満の施設の場合には、
宿泊者1人当たり面積3.3平方メートルに宿泊者数を乗じた面積以上で許可
で、その他の決まり事については、旅館業法を適用する)

要するに、
第1段階の
住宅をカプセルホテルなどと同じ「簡易宿所」と位置づけ、地方自治体が営業を許可する
を先行させ、
第2段階の
個人宅の民泊サービスについては、引き続き、検討することになりました。

その後、
6月20日の「民泊サービス」のあり方に関する検討会では、
第2段階の個人宅の民泊サービスの最終報告書をまとめました。
ホテル・旅館ではなく、「住宅を活用した宿泊サービス提供」と位置付け、
旅館業法とは別の法律となる。
家主居住型「ホームステイ型」と家主不在型の2つに分け、
・家主居住型については、あらかじめ役所への届け出。
・家主不在型については、管理者を決めて役所への登録。
2つの型とも、利用者名簿の作成や、標識掲示、最低限の衛生管理などの義務が生じる。
民泊の仲介業者も登録制として、料金などの取引条件の説明を義務付ける。
焦点になった、年間提供日数については、上限を設けることになった(180日以下の範囲内で設定)。

ですので、
個人で「民泊サービス」をやりたい方は、第2段階が発表されるまで、待った方が良いと思います。

しかし、もし、実施されても、東京都の葛飾区、京都や軽井沢町のように条例での制限や、
マンションの管理組合などが、民泊サービスの禁止を設けることもあり得ます。


今回、2016年4月の規制緩和による、
地方自治体が営業を許可する民泊サービスの概要をまとめておきます。

簡易宿所営業の許可要件である客室延床面積(33平方メートル以上)の基準を改正し、
一度に宿泊させる宿泊者数が10人未満の施設の場合には、
宿泊者1人当たり面積3.3平方メートルに宿泊者数を乗じた面積以上で許可を受けられることとしました。
これにより、従来より容易に旅館業の営業許可を取得することができるようになりました。
また、一度に宿泊させる宿泊者数が10人未満の小規模な施設により、
簡易宿所営業の許可を取得する場合は、
玄関帳場等(いわゆるフロント)の設置を要しない旨の通知改正を行いました。
それ以外は、従前の営業許可と同じです。

なお、営業許可の申請手続については、都道府県が窓口となります。
(保健所を設置する市又は特別区にあつては、市長又は区長。)
尚、簡易宿所としての申請になるので、
各都道府県(保健所を設置する市又は特別区にあつては、市長又は区長。)
のウェブサイトなどで事前に許可要件を確認してください。

「宿泊料」とは、名目だけではなく、
実質的に寝具や部屋の使用料とみなされる、休憩料、寝具賃貸料、
寝具等のクリーニング代、光熱水道費、室内清掃費などが含まれます。
このため、これらの費用を徴収して人を宿泊させる営業を行う場合には、
旅館業法上の許可が必要です。
旅館業法上の許可を受けないで、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」を行った場合は、
旅館業法第10条では、許可を受けないで旅館業を経営した者として、
6月以下の懲役又は3万円以下の罰金に処することになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京都の簡易宿所の主な許可要件
まず、簡易宿所とは?
客室を多数人で共用する宿泊施設。イメージとして、ゲストハウス、民宿やカプセルホテルです。
民宿の場合は、農家や漁師が自宅で開業しているケースが見受けられます。

4つの大原則
・宿泊料を受けていること
・寝具を使用して施設を利用すること
・施設の管理/経営形態を総合的にみて、宿泊者のいる部屋を含め、
 施設の衛生上の維持管理責任が営業者にあるものと、社会通念上認められること
・宿泊者がその宿泊する部屋に生活の本拠を有さないこと、
 を原則として営業していること

3つは、最低基準
・定員1人あたりの客室の有効面積を満たしていること
・共同便所の便器数を満たしていること
・共同洗面所の給水栓数を満たしていること

その他
・設置場所が、学校や児童福祉施設などなどの施設の周囲から、概ね100メートルの区域内にある場合、
旅館の設置によって清純な施設環境が著しく害される恐れが無いか、どうかについて
保健所から、施設を所管監督する関係機関へ、意見を照会している。
・衛生や安全の観点から、細かな取り決めがあり、必要な措置を講じることになる
(客室、寝具、洗面所、便所、飲用水、貯湯槽、浴室、採光・照明、防湿など)

尚、簡易宿所の相談や申請するにあたり、
事前に、
避難誘導などのための消防法
既存の建物の用途が100平方メートル以上の住宅の場合、
用途を変更するために建築基準法が関係するので
申請手続きに入る前に関係機関に相談することになります。

簡易宿所と現状の民泊サービスの違い
・客室数 多数人で共用しない客室の延べ床面積は、総客室面積の半分未満。
      階層式寝台は、2層で上下1メートル以上の間隔。
・1客室の床面積 3平方メートル以上で合計で33平方メートル以上
{民泊サービスでは、上記の客室延床面積(33平方メートル以上)の基準を改正し、
一度に宿泊させる宿泊数が10人未満の施設の場合には、
宿泊者1人当たり面積3.3平方メートルに宿泊者数を乗じた面積以上で許可}

・定員  1名あたり1.5平方メートルを超える有効面積を確保
{民泊サービスでは、一度に宿泊させる宿泊数は10人未満}

・浴室  入浴設備を有する(近接に浴室等の入浴施設がない場合)

・その他 宿泊者の履物を保管する設備を有する。
      飲食の提供を必要としない場合は、調理場を設けなくて良い。
{民泊サービスの場合、一度に宿泊させる宿泊者数が10人未満の小規模な施設であれば、
簡易宿所営業の許可を取得するときは、玄関帳場等(いわゆるフロント)の設置を要しない}

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考 大田区の民泊サービス
大田区の民泊条例では
・宿泊日数を7日以上
・必要に応じての区職員の立ち入り調査ができるようにすること
・事前に近隣住民に周知すること

主な認定要件
○ 賃貸借契約及びこれに付随する契約に基づき使用させるものであること。
○ 施設の居室の要件等
 ・一居室の床面積25平方メートル以上であること。
 ・出入口及び窓は、鍵をかけることができるものであること。
 ・出入口及び窓を除き、居室と他の居室、廊下等との境は、壁造りであること。
 ・適当な換気、採光、照明、防湿、排水、暖房及び冷房の設備を有すること。
 ・台所、浴室、便所及び洗面設備を有すること。
 ・寝具、テーブル、椅子、収納家具、調理のために
  必要な器具又は設備及び清掃のために必要な器具を有すること。
 ・施設の使用の開始時に清潔な居室を提供すること。
 ・施設の使用方法に関する外国語を用いた案内、緊急時における外国語を用いた情報提供
その他の外国人旅客の滞在に必要な役務を提供すること。
○  当該事業の一部が旅館業法 第二条第一項 に規定する旅館業に該当するものであること。
○  滞在期間が6泊7日以上であること。
○  建築基準法上「ホテル・旅館」が建築可能な用途地域であること。

大田区における国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の実施地域は、
既存の都市環境、住環境保全の観点から、
建築基準法第48条により「ホテル・旅館」の建築が可能な用途地域とします。
 実施地域:第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、
商業地域、準工業地域、第一種住居地域(3,000平方メートル以下)

「当事務所は、外国人の招へい、雇用した外国人の在留手続きを承っています」


渉外業務 職人行政書士への道 のコラムを読む
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/?jid=2291&p

他のコラムを読む
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column





 

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者は知っておきたい!外国人材獲得コンサル

 経営者は知っておきたい 外国人の獲得・採用・定着 経営者は知っておきたい!外国人材獲得コンサル外国人の...

[ 外国人材の獲得 ]

メルマガ第151号、2016.12.1発行、平成27年における留学生の就職状況

メルマガ第151号平成27年における留学生の就職状況 2016.12.1発行行政書士の折本徹と申します。先日、一...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ