コラム

 公開日: 2014-03-28  最終更新日: 2016-06-08

職人行政書士への道(渉外業務の) 第10回「上陸拒否期間は蟄居謹慎期間?」

職人行政書士への道(渉外業務の) 第10回

「上陸拒否期間は蟄居謹慎期間?」

前回に続き、外国人を招へいしたい、と在留資格認定証明書交付申請を依頼される
、上陸拒否期間がテーマです。

では、実際、どのくらいの期間は駄目なのか?です。
これも私見なのですが、
上陸拒否期間が5年の人は、
上陸拒否期間1年の人とのバランス上、
1年未満で入国することは、不可能と感じています。
1年の場合は、本当の名前で適法に入国し在留するもそのまま不法残留、
それ以外の犯罪はなく、自主的に出頭し、帰国したケース
5年の場合は、それこそ様々ですが、1年との比較であれば、
本当の名前で適法に入国し、そのまま不法残留、
それ以外の犯罪もないものの、どちらかで捕まり、帰国したケース
だとするならば、
5年の方が得になる、は有り得ないわけです。
退去強制した後、間髪いれずに申請したがる人がいますが、
申請してしまうと、逆に、反省していないのではないか?
単に、運が悪かっただけ、と思っているのでは?
と思われるかもしれません。
実際、上陸拒否期間が5年の人は、2年間は駄目、と言っているようです。
(3年ぐらいの短縮は、子供が授かったときぐらいでしょう)

上陸拒否期間が永久の場合は、
上陸拒否期間が5年の人とのバランス上、
5年未満で入国するのは、難しいと思います。
入管法違反で執行猶予付きの懲役1年に処せられたら、上陸拒否期間が永久になります。
しかし、「働きながら旅行できる」「働きながら学べる」と言われ、
本当の名前で適法に入国したものの、パスポートを取り上げられ、
スナック等で働かされ、過酷な環境に耐えられず(当たり前ですが)、
逃げ出したもののどうしたら良いかわからず、途方に暮れ、不法残留してしまい
その後、警察の職務質問を経て捕まってしまい、起訴されてしまった女性もいるでしょう。
その場合、上陸拒否期間が永久は、酷なような気がします。

国際結婚で外国人配偶者が、上陸拒否期間が5年や永久の場合、
「日本に入国することが優先なのか」
「一緒に暮らすことが優先なのか」
という選択にならざるを得ず、
一緒に暮らすことを優先、の選択をした場合、
外国人配偶者の国で生活することになるので、
日本人の男性、女性に問わず、きつい選択になります。

いずれにしても、日本に入国する予定の無い人は、関係ありませんが、
日本に入国を希望する人にとっては、本国で蟄居謹慎みたいになりますよね。
くれぐれも
「反省しているんだから、認めてくれたっていいじゃねぇか?」と
逆切れしないことです。

渉外業務 職人行政書士への道 のコラムを読む
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/?jid=2291&p

他のコラムを読む
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column


行政書士 折本徹
http://www.toruoriboo.com

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ