コラム

 公開日: 2014-03-16  最終更新日: 2016-06-08

職人行政書士への道(渉外業務の)第7回「再申請なのか?それとも再度の申請なのか?」

職人行政書士への道(渉外業務の)第7回

「再申請なのか?それとも再度の申請なのか?」

前回のテーマで、申請するも、不交付・不許可となった。
入国管理局は、理由を教えてくれた。
それを修正し、喜び勇んで、二回目の申請をすることは、
「ちょっと待った!」と書きました。

再申請と言うと、あたかも、駄目な箇所を直せば、今度は許可になる、
と捉えがちです。
市区町村役場や都道府県庁では、そうだと思います。
審査する人が同じで、不許可処分にした理由も把握しているだろうから、
です。
でも、実際は、申請を受付けて不許可処分にせず、
許可要件が揃わないと申請を受付しない、が多いと思います。
ところが、入国管理局は、申請書の提出があれば、受付することが多く、
受け付けられて、初めて審査が開始となります。
又、最初の申請(一回目)を審査する審査官と、二回目の申請を審査する審査官は、
同じ人ではないことが多く、別の角度から審査されることも有り得るので
(一回目の不交付・不許可理由は把握しています)、それを前提にすることが必要です。

申請し結果が不交付・不許可で、その理由を教えてもらう場合は、
担当する審査官が話してくれます(その審査官の上司が説明することもあります)。
二回目を申請予定だと伝えると、サジェスチョンをしてくれることがあるのですが、
「二回目は、私が審査するか、どうか、わからないので」と言うことがあります。
だとするならば、
別の人が、別の角度から審査することを前提にしなければなりません。
客観的な審査とはいえ、審査官の主観が入ることは避けられないからです。
例えば、
働く在留資格の在留資格認定証明書交付申請をしたとします。
一回目は「予定されている仕事の中の一つが、法律上決められている活動と適合しない」
で不交付になったとします。
二回目に、この点を修正して申請したところ、
「外国人社員を雇用する妥当性はあるのか、証明が不充分」
「日本人社員と比較して給与が低いのではないか?」との理由で、
不交付になったこともあります。
一回目は、指摘されていないのに、です。
二回目は、一回目と比較して、ハードルが高くなることもあり、再申請と再度の申請は、
似たような言葉なのですが、再申請、という言葉は、ちょっと違うのではないかな、
と感じます。
前の申請を加味した、新たな申請、が適当なのかもしれません。

渉外業務 職人行政書士への道 のコラムを読む
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/?jid=2291&p

他のコラムを読む
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column


http://www.toruoriboo.com

書類作成や申請代行の依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼をするには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。基本的に、当方より出向きます。法人の場合は、貴社におじゃ...

取材・執筆・講師

2017年2月7日に首都圏の留学生会館でミニセミナーを行いました。主なテーマは、卒業後の起業について。株式会社設立の方法、ビジネスをするうえで必要な、役所へ...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
経営者は知っておきたい!外国人材雇用獲得コンサル

外国人材を採用し、定着させるために、どのようにすれば良いのか?外国人材を雇うメリットは?を記載しています。...

[ 外国人材の雇用、活用、経営戦略 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!!留学生就活サポートをするために、留学生に役...

[ 外国人材の雇用、活用、経営戦略 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 どのように結婚手続きを進めたら良いのか?帰国させた方が良いのか?再...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

国際結婚ビザ、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格の申請する前にチェックしておきたい16個のポイントを記載しています。...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

国際結婚ビザ、「日本人配偶者等」在留資格認定証明書交付申請の審査の要点

国際結婚した外国人配偶者のビザ/在留資格を得るために、入国管理局は、どの点に着目しているのか?解説していま...

[ 入国管理局手続(国際結婚ビザ) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ