コラム

 公開日: 2013-09-09 

メルマガ第115回、2013,9,1発行、新聞等に掲載された外国人にまつわる記事の話7

行政書士が綴る国際結婚「フィリピーナに恋して」第115回
新聞等に掲載された外国人にまつわる記事の話7   2013.9.1発行

行政書士の折本徹です。
夏の空気から秋の空気になり、しのぎやすくなったと思ったら、
大雨が降った地域がありますし、暑さが続いている地域もありますね。
暑さ疲れしている人も、暑さ慣れしてしまった人もいるかもしれませんが、
体調に留意して過ごしてください。

今年は、時期に関係なく(古くても)、新聞・雑誌・書籍に掲載された、
外国人にまつわる内容で、興味深い記事を紹介し、
簡単にコメントしよう、
と考えています。

以前、国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを定めたハーグ条約、
(正式名称が「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」)
の話を伝えましたが、その続報です。
と言いましても、日本経済新聞が8月7日に報じたものです。

この条約では、
離婚した夫婦の一方が、無断で16歳未満の子どもを国外に連れ去った場合に、
原則として、元の居住国に戻さなければならない、と規定していますが、
その引渡しの方法が、
最高裁判所から全国の裁判官や執行官へ通知がありました。

裁判所の執行官が、強制的に子どもを引き渡し、元の居住国に戻すときですが、
・執行官による強制的な引渡しによって子どもの心を傷つけたり、
プライバシーが侵害されたりすることがないように配慮するべき。
・引渡しは、連れ去った親と子どもが一緒にいる場合に限り、原則自宅で行う。
・親が子どもを抱きかかえて抵抗したり、子どもが拒否したりする場合は、
無理やり引き離さず、説得を繰り返す。
旨のようです。

執行官が登場するのは、
日本の裁判所が、子どもを元の国に戻すべき、と判断したのに、
(ちなみに、元の国に戻すと虐待の恐れがある、と判断すれば、
返さない決定もできるようです)
日本いる親が従わなければ、もう一方の親は、
日数に応じて金銭の支払いを命じるように裁判所に求めることができ、
それでも、返すことに応じなければ、
地方裁判所の執行官が強制的に子どもを引き渡せる、申し立てをする、
ときのようです。

又、引渡しについては、国内結婚の場合も同様に、と盛り込まれたようです。

細心の注意を払って、決めていることが窺えますね。

今回は、まだまだ暑いので、サラッと書きました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
引き続き、登録を継続していただければ、嬉しく思います。

このメルマガも、平成14年(2002年)の10月から発行していて、
何気に、11年目に入りましたので、今後も引き続きよろしくお願いします。

このメルマガは、まぐまぐを利用して発行しています。
登録は 
http://www.mag2.com/m/0000097197.htm
よりできます。
VISA・在留資格研究会
行政書士 折本徹事務所
http://www.toruoriboo.com

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ