コラム

 公開日: 2012-11-15  最終更新日: 2016-10-11

宣教師、僧侶、神官等の在留資格 宗教(いわゆるミショナリー・ビザ)

宗教ビザについて

宣教師、僧侶、神官等の在留資格宗教(いわゆるミショナリー・ビザ)

外国の宗教団体により日本に派遣され、日本において布教活動等を行うことを
目的とする宗教家の活動

1 外国の宗教団体とは、必ずしも特定の宗派の本部であることを要しない。
 日本に本部のある宗教団体に招聘される場合であっても、申請人が国外の
 宗教団体(日本の宗教団体と直接関係があるか、どうかは問わない)に、
 現に所属しており、かつ、当該団体からの派遣状又は推薦状を受けている
 者であれば、外国の宗教団体から、派遣された者として扱われる。

 例)神官、僧侶、司教、司祭、宣教師、伝道師、牧師、神父等々

2 宣教の傍ら、語学教育、医療、社会事業等の活動を行う場合であっても、
 これらの活動が所属宗教団体の指示に基づいて宣教活動等の一環として
 行われるものであり、かつ、無報酬で行われる場合は、宗教上の活動と
 認められる。
 「報酬を受けて行う場合は、資格外活動許可を要する。」
 「日常生活の経費支弁は認められている」

 注意
(1)宗教団体とは?
宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを、
 主たる目的とし、
 ①礼拝施設を備える神社、寺院、教会、修道院他これらに類する団体
 ②上記①の団体を包括する教派、宗派、教団、教会、修道会、司教区その他
  これらに類する団体
のことを言います。

 (2)宗教活動とは?
本来の宗教上の活動及びそれに付随する活動を言います。
 ①本来の宗教上の活動とは?
 宗教の布教、伝道及び法会、式典などの祭式の執行、その他の宗教活動
 ②付随する活動とは?
 布教等のかたわら、所属宗教団体の指示に基づき、かつ、布教活動等の
 一環として是認される語学教育、医療、社会事業等の活動

(3)宗教活動は、基本は無報酬での活動であるが、
  申請上は報酬を受けて活動することが前提となっているので注意が必要です(矛盾していますが)。

(4)英語の先生等のアルバイトをして報酬を得る場合ですが、
 入国管理局より、資格外活動許可を得ることが必要です。
 本来の宗教上の活動の妨げにならない程度となります。
尚、基本的に一週間の労働時間数の明示はなく、
入国管理局が、個々別の申請にて許可・不許可を決定します。
例えば、英語の先生を行う場合、英語の先生としての活動時間が長ければ、
  在留資格の変更を要請されることは、あり得ます。

(5)所属する宗教団体が運営する施設の職員を兼ねる場合は、当該施設が、
 教育、社会福祉、祭事に使用する物品の販売等の、宗教活動に密接に関連し、
 かつ、通常、宗教団体が行う事業を目的とする場合に限り、宗教上の活動と
 認めて差し支えないことになっています。

 (6)単なる信者としての活動は、宗教上の活動に該当しないです。

 (7)専ら修業や宗教上の教義等の研修するため来日する場合は、含まないです。

 (8)宗教家として行うものではない信者としての宗教上の活動、専ら教会の雑
 事に派遣される者等の活動は、宗教の在留資格に該当しないことになって
 ます。

 (9)在留資格「宗教」をもって、日本に在留する者は、派遣元である宗教団体
 からの指示、又は、派遣先である日本に所在する宗教団体の指示に基づいて、
 布教その他の宗教活動の一環として、結婚式の司式を執り行うことについては、
 活動の範囲内です。
 ただ、この指示が無い場合で、資格外活動許可を受ける必要があるケースで、
 当該者が、上記の活動を行い、報酬を受けることについて、
  事前に、受入機関である日本所在の宗教団体の承認を受けている必要があります。
 
 
3 宗教上の活動であっても、その内容が国内法令に違反し、又は、公共の福祉
 に害するものであってはならない。

 日本に派遣されて行う活動なので、活動の財源が全て日本にあるような
 「外国の宗教団体」への参加、また、宗教活動であっても、
 国内法令に違反し、又は、公共の福祉に害するものを行おうとして入国することは
 認められないことになっています。

在留資格「宗教」の在留資格認定証明書交付申請に必要な資料
A 派遣機関からの派遣期間、地位及び報酬を証する文書
 外国の宗教団体からの派遣状等のコピー
B 派遣機関と受入機関の概要を明らかにする資料
 案内書
C 宗教家としての地位及び職歴を証する文書
 派遣機関からの証明書等々(申請人の宗教家としての地位、職歴を証明する資料)

外国人宗教家(僧侶、神官、宣教師など)は、宗教法人の設立は可能か?
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/50511


「在留資格の手続きは、当事務所にお任せください」


行政書士 折本徹事務所
http://www.toruoriboo.com

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ