コラム

 公開日: 2012-02-14  最終更新日: 2016-06-09

外国人女性との子どもの認知

外国人女性との間の子どもの認知

日本国内で認知届を提出するときは、
当然ながら、母親が、出生時に独身であることが必要です。
ちなみに、母親が離婚した後、出生した場合、
離婚後300日以内に出生した子どもは、前夫の子どもとなり
、認知届けが受理されないこともあります(後婚の成立後、200日以内に出産しても)
又、認知届を提出するときは、相手国の保護要件を満たしていなければならないです。

それで、父子関係について、相手国が上記の認知主義を採用しているのか、事実主義を採用しているのか、
で判断します。
父が自分の子であるあることを承認する意思を表明し、それによって親子関係が成立させるのが、認知制度です。
血縁関係が客観的に証明されれば、法律上も親子関係を認めるとするのが、事実主義です。
事実主義の場合は、保護要件は必要ないです。
認知主義の場合は、保護要件として、例えば、「母親の同意が必要」としていれば、
母親の同意が必要となり、同意書を提出する必要があります。
しかしながら、法務局戸籍課や市区町村役場戸籍課でも、どちらを採用しているのか?
把握していない国も、少なからず、あるようです。

未婚のフィリピン人女性との間の子どもを認知するためには?
フィリピンは、事実主義を採用しています。ですので、
日本の市町村役場戸籍課で認知届を提出するときに満たさなければならない、
相手国の保護要件はないです。
必要な書類は
・子の国籍証明書
・子の出生証明書(父親の氏名は、認知する者と同じであること)
・子が成年に達している場合は子の承諾書(フィリピンの成人年齢は18歳のため、18歳以上の場合は必要)
・母の国籍証明書
・母の婚姻証明書(子の懐胎から出産まで、婚姻していないこと)
・上記書類の日本語訳
・父親の戸籍謄本
母子が、日本に滞在していないときも、受理してもらえることもあります。

日本人と離婚したフィリピン女性との間の子どもを認知するためには?
日本人との離婚が成立したときは、
フィリピン女性は、フィリピンの裁判所で離婚承認を受けなければなりません。
認知届の場合は、女性は独身であることを証明しなければなりませんが、
フィリピンでは、上記の手続きを経なければ、独身には戻れません。
便宜的な方法として、提出書類が、
前配偶者との結婚証明書(フィリピンで創設的婚姻手続きをしているとき。 Marriage Contract)
前配偶者との結婚報告書(日本で創設的婚姻手続きをしているとき。Report of Marriage)
のどちらか。
前配偶者の離婚記載のある戸籍謄本
婚姻記録証明(Advisory on Marriage)
だと受理してもらえる可能性はあります。
ただし注意して欲しいのが、日本人のみとの婚姻・離婚です。

中国人女性との間の子どもを認知するためには?
中国は、事実主義を採用しています。
ですので、日本の市町村役場戸籍課で認知届を提出するときに満たさなければならない、
相手国の保護要件はないです。
・母の国籍証明書
・母の出生証明書
・母の未婚証明書
・母に離婚歴がある場合は、離婚証明書
・上記書類の日本語訳
・父親の戸籍謄本
母子が、日本に滞在していないときも、受理してもらえることもあります。

外国人女性との出生
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/15168

認知による日本国籍取得 と認知に拠らない国籍再取得
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/column/21874


行政書士 折本徹
http://www.toruoriboo.com/syougai_koseki.html

依頼について
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/service1

初回のみの無料相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください
http://pro.mbp-tokyo.com/orimoto/inquiry/personal/

相談について
http://mbp-tokyo.com/orimoto/service1/318/

この記事を書いたプロ

折本 徹 行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 折本徹

東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL:03-3439-9097

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
依頼に関すること

依頼するには、どうしたら? 依頼される人は、メールまたは電話をください。お待ちしています。報酬A 在留資格認定証明書交付申請について  (主に、...

取材・執筆・講師

ミニセミナーの講師を引き受けます。外国籍の学生の在留資格について。1 専門学校に勤務している先生と留学生向け。2 小学校、中学校、高校に勤務する先生向け。...

 
このプロの紹介記事
入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

国際結婚・外国人社員招へいの頼れる味方(1/3)

 「無事在留資格を取れたご依頼人の方から、入国してきましたよとか、今こういう状況ですとか、お便りをいただけたときは、とてもうれしいですね」 気さくな笑顔でそう語るのは、国際結婚や外国人社員招へいに必要な日本での申請手続きを専門にしている行...

折本徹プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

外国人配偶者の招へい手続き、外国人社員の招へい手続

会社名 : 折本 徹 行政書士事務所
住所 : 東京都世田谷区宮坂2-22-3 [地図]
TEL : 03-3439-9097

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請する前にチェックしておきたいポイント

 申請する時のチェックポイント 国際結婚で、外国人配偶者の在留資格申請をする前にチェックしておきたいポイ...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案

 外国人研修生(技能実習生)との結婚 外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案 。「当事務所は、外国人...

[ 入国管理局手続き・国際結婚 ]

留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート

 留学生の就活のお手伝い 留学生の就職活動で知っておきたい!留学生就活サポート。留学生向けに書いていま...

[ 外国人材の獲得 ]

経営者には知ってほしい!!外国人材の活用と販路拡大・事業の発展

 外国人材を活かして事業展開や売上増加を図る 経営者である、あなたは、常日頃、自社の売り上げ増加にはど...

[ 入国管理局手続き・外国人雇用 ]

メルマガ第150回、2016.11.1発行、国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 

メルマガ第150回国際結婚で日本人の婚姻要件具備証明書 2016.11.1発行行政書士の折本徹と申します。11...

[ 過去のメルマガ、85号から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ