コラム

 公開日: 2017-05-31 

「緊張」を味方につける!

こんにちは!
成田万寿美です。

「どうすれば、緊張せずに話せますか?」
スピーチコンサルをさせて頂くときに、
よく聞かれる質問です。

私たちが自分でコントロールできないものの代表格が、
「緊張」なのでしょうね。

でも、私もいまだに人前で話すときは緊張しますよ。
キャスター時代なんて、超がつくほど緊張体質でした。
毎日本番前には、吐き気がするほどで、
時には身体中に蕁麻疹が出ました。
精神安定剤、お守り、おまじないも試しましたが、
「緊張をなくす特効薬」はありませんでした。
諦めてください。

でも、ある時、気がついたんです。
「緊張」を嫌うから、ますます意識して硬くなってしまうのではないか。
だったら、いっそのこと、認めて仲良くしてみてはどうかと。

不思議なもので、そう思うだけで、
だんだん緊張感が快感に変わっていきました。
逆に、緊張感のない時の方が、
大きなミスにつながりやすいことにも気がつきました。

緊張を否定せず、
「いいぞ!今日も良い緊張をしてるね!」って自分に声をかけます。
すると、身体中の細胞がイキイキと応え始め、
想像を超える力が湧いてくることがありますよ。

大地に根をはる樹木になる

成田流「緊張と仲良くする」ための、
とっておきの方法を一つご紹介しましょう。

もし、人前に立った時に緊張してきたら・・・
足の指に力を入れて、しっかり床をつかんでください。
大地に根をはる樹木のイメージです。
頭に上った「血」が、静かに足元に降りていきます。
すると、足の震えも、声の震えも止まります。

お伝えしたクライアントさんの多くが、その効果に驚かれています!
ぜひ!試してみてくださいね。

グッドラック!

この記事を書いたプロ

On Air (オンエアー) [ホームページ]

アナウンサー 成田万寿美

東京都港区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
書籍
愛しきシングルウーマンへ

【本書の内容】報道の最前線でキャリアを積み、プライベートでは20代の結婚と30代の別離、40代の運命的な恋、50代でのプロポーズなど、様々な経験を積んできた著者が...

コンサル/講演/レッスン 他

スピーチ、プレゼンテーション、動画撮影、司会等のご予定がある方、原稿チェックから、話し方、視線、プレゼンスまでをアドバイス致します。【法人様向け】■貴...

 
このプロの紹介記事
元キャスターで、四半世紀にわたりメディアで活躍 成田万寿美さん

キャスター時代に培った伝える力、声に寄り添う力で話し方を磨く(1/3)

 成田万寿美さんは、スピーチコンサルタント。フリーキャスターとして報道番組、情報番組、インタビュー等メディアの第一線で四半世紀にわたり活動。そこで培った‘伝える力’でビジネスリーダーの社長就任スピーチ、イベント・披露宴等のスピーチにおける原...

成田万寿美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

TVキャスター等の経験で培ったノウハウで、伝わる話し方を指導

屋号 : On Air (オンエアー)
住所 : 東京都港区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

成田万寿美(なりたますみ)

On Air (オンエアー)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
絶対にアイコンタクトは必要なのか?

こんにちは!成田万寿美です。 人の目を見て話せない! というご相談を受けることがあります。まず、結...

【日程変更❗️】少人数で「声のマネジメント」を学びませんか?
イメージ

こんにちは!成田万寿美です。現在、12月スタートを募集させて頂いておりますが、日程に誤りがございまし...

キャスターだった私が日本語を学びなおすワケ

こんにちは!成田万寿美です。 日本語学校に通い始めて1年になります。文科省推奨の442単位取得を目指して...

テレビ出演への想いと御礼

こんにちは!成田万寿美です。 「爆報!THEフライデー」(TBS)に出演しました! ご覧いただいた皆様、あ...

【テレビ出演】成田万寿美〜人生の軌跡〜<密着ロケ>
イメージ

こんにちわ!成田万寿美です。 成田万寿美の「人生の軌跡〜現在の様子」を、密着ロケしていただきました。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ