コラム

 公開日: 2018-01-18  最終更新日: 2018-01-31

補助金不正の裏側にあるあまり言われない問題~中小企経営者の補助金講座①~

昨年末にスーパーコンピューター開発に対する補助金の不正受給に係る詐欺事件で社長が逮捕される事件がありました。夏ごろ世間を騒がせた大阪の夫妻は問題外として、研究開発に係る国の補助金等(補助金、委託費など国が特定の事業について資金を支出する経費の総称)の不正使用や不正受給について、この数年毎年のように新聞紙上をにぎわせています。それがニュースになるのは、その主人公が大学の教授であったり、それも国の委員会の委員であったりする場合が多いためもあるのだろうとおもいます。

国の研究開発の比較的短期的成果を求められることや、民間企業の技術力が向上しコストメリットということもあって、技術開発に民間の力を活用することで国全体の技術力や競争力アップを目指すために補助金等を活用することが多くなっているように思えます。
そこで、今回スパコン開発会社社長が登場したという訳です。そして、金額も相当多額になってきたのでしょう。

国の補助金を受給する場合には、「補助金等にかかる予算の執行の適正化に関する法律」(補助金適正化法)に従った取扱をすることになっています。その他にも、国のお金を使うにあたっては、いろいろな法律を守ることが求められています。(だから、面倒くさいんですね。)

今回のスパコン開発では、別の開発資金に充当したとのことでしたが、これを補助金等の世界では「目的外使用」として、「不正」とされています。今回は、詐欺罪で懲役10年以下ですが、補助金適正化法の規定でも懲役3年以下の重罪です。
大学等で不正といわれたのも多くは目的外使用で、その多くは、年度末に研究用の消耗品を多量に買ったことが目的外使用とされたものです。(これによって、先に述べた教授たちの研究者生命は断たれてしまいました。何故でしょうか?)
実はこの「目的外使用」には、今の補助金等に係る構造上ともいえる問題が隠されているのです。

このコラムでは、この問題を掘り下げてみたいと思います。
この問題をご理解いただくためには、補助金制度に関する知識が必要になりますので、とりあえず今回は、補助金という言葉について理解していただきましょう。

○補助金と補助金等の違い
  よく出てくるこの二つの言葉ですが、使われる時と場合によって意味が違ってきます
が、わかり易いようにざっくり定義します。
  
✔補助金・・・反対給付(見返り)なく交付される経費のこと。
  ✔補助金の類・・・国の予算の科目のうち国以外の者の行う事業に対し、財政上の援
助を与える経費や利子補給金のこと。補助金、負担金、助成金など予算
書では、コード番号「16」がふられています。
✔補助金等・・・使われる場合によって意味が異なります。
  ・補助金適正化法の区分
     補助金適正化法では、第2条でこの法律が適用される補助金が定められて
います。つまり、不正使用した場合は刑事罰になる経費を定めている訳です。
      ①補助金
      ②負担金(国際条約に基づく分担金を除く)
      ③利子補給金
      ④その他相当の反対給付を受けない給付金であって政令で定めるもの
       ①②③は、予算書で16番がふられている「補助金の類」うちの一部です。       
       問題は④ですが、予算上の「補助金の類」のうち①②以外のものの一部と
予算上で補助金となっていない委託費の一部が政令で補助金適正化法の適
用を受ける経費として定められています。
    ・予算上の取扱
       予算作成や予算の説明では、国以外の者を通して一定の政策目的を達成す
るための経費、コード番号「14」委託費と「16」の「補助金の類」を、補助
金等と分類しています。


この分かりにくい言葉の概念が、「国以外の者を通じて行政目的を達成しようとする」政策手段の遂行に当たって多くの不合理を生み出しているのです。
次回以降は、この違いの意味するところについて、順次解説して行きたいと思います。

中小企業にとって最大の経営資源、「人と組織」から考えます。
http://www.oka-masa.info/

外国人研究者のための法人を立ち上げました。留学生やワークショップにも大手不動産会社と連携して支援します。
また、地域文化と外国人、地元企業と首都の企業の協働をプロデュースして、地域から日本を発信します。
http://www.glcc.or.jp/

私の愛読書が紹介されました。よろしかったらどうぞ。
https://my-best.com/lists/324/

この記事を書いたプロ

岡部コンサルタンツ [[[ホームページ http://www.oka-masa.info ]]]

経営コンサルタント 岡部眞明

東京都千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア [地図]
TEL:090-6959-9897

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岡部コンサルタンツの代表の岡部眞明さん

経営も事業展開も社長の「心の在り方」が変わればすべて変わる(1/3)

 「中小企業は、いわゆる“経営学”がそのまま成り立たないと実感しています。なぜかと言いますと、社長の人間性や個性、人と人との結びつきやご縁など、ひっくるめたものが経営に直結します。ですから、経営を盤石にし継続的に発展・安定させるには、社長自...

岡部眞明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

財務、人・組織、経営基盤、ビジネスモデルを総合的に診断、支援

屋号 : 岡部コンサルタンツ
住所 : 東京都千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア [地図]
TEL : 090-6959-9897

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-6959-9897

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡部眞明(おかべまさあき)

岡部コンサルタンツ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最近の値上ラッシュから見えてくること
イメージ

《1個減ってた「ニラ饅頭」》ASQMIIのコラムJIJICOに書かせていただいた、このところ値上げ続く値上げについて...

補助金の事業が年度内に終わらなくなったらどうする?~中小企業経営者のための補助金講座④~
イメージ

前回は、補助金で行われる事業期間が実は12か月ではなく、実質半分になっていることをお話しました。《事業は...

最近多く行われている補助金交付方法についてのお話~中小企業の経営者のための補助金講座③~
イメージ

 前回は、霞が関界隈で使われる補助金を巡る言葉の使い方の曖昧さが、関連する経費の使い方に大きな影響を与えて...

補助金の使い方を規制する補助金等適正化法にまつわるお話~中小企業の経営者のための補助金講座②~
イメージ

前回は、補助金を巡る言葉の使い方、特に霞が関界隈で使われる言葉の意味の微妙な違いについて解説しました。今...

経営理念を実践する

経営理念は、会社の向かう方向や考えを示すために必要なものです。でも、それをどう実践できなければ意味があり...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ