コラム

 公開日: 2018-05-28 

「刺してますか⁉」

少し前の話だが
フェンシングのメダリスト
太田選手がバラエティ番組に
出ていた時の話だ

あっという間に風船が・・・

あるお笑いの人がフェンシングの防具を
身にまとい
(いわゆるフェンシング選手の恰好)
面や胸や肩やお腹に
・・・黄色い風船を5つ付けていた

一方
もう一人のお笑いの人が
サーベルを手にして
その黄色い風船を「割っていく」
というコーナー

簡単に割れると思いきや
ひとつも割れない状況が続く中
・・・太田選手が耳元で
こそこそとアドバイスするや否や

パンッ・パンッ・パンッ・・・と
あっという間に5つの風船は
割れてしまった

風船を割ろうとしているから割れない!

太田選手のアドバイスは
「風船じゃなく『人』を刺してください」
・・・たったこれだけ

風船を狙って割ろうとするのではなく
その向こうに居る生身の人間を
突き刺す感覚でっ!

お客様の前でも

今お手伝いしている
飲食系の販促品を取り扱っている会社さん
そこの若手スタッフとロープレ等をする際に
このフェンシングの話を
引き合いに出します

そこのアイテム(商品・サービス)は
「メニュー」や「ショップカード」や「HP」etc
といったいわゆるお店の足回り品を
デザインしてお役に立つこと

しかしながら
なかなか思うようにクロージングに至らない

聞けばアイテムが持ち合わせている
特長やメリットをスムースに伝えようと
(決して間違いじゃない)

でもそれって
「フェンシングの黄色い風船を
 上手に割ろうとしていないかな」
「そのお店のオーナーや
 店長さんが手にしたいのは
 決してチラシやショップカードではないんだよ」
「刺して欲しいのは
 届かなければならないポイントは
 『客単価UP』
 『新規顧客増』
 『リピーターや口コミの広がり』
 なんだよって」
「そこに寄り添い
 そこを刺しに行かないと
 いっくら風船を割ろうとしても
 オーナーや店長の心には響かないよって」

本質を・・

少し立ち止まってみると
「風船を割ろうとしている」って
ちょいちょい見受けられます

*そのアジェンダで会議をやっている意味
*プレゼン資料そのものがゴールになっていたり

社内でも社外でもプライベートでも
手段が目的やゴールになってしまい
その「本質」を見失っている時って
あるのではないでしょうか

そんな時はフェンシングの黄色い風船を
思い出してみてください

ちゃんと生身の人間を刺してますか
風船を割ろうとしていないですか

あなたは会社の理念やビジョンを
ちゃんと刺しに行ってますか

そんなサポートをしていきたいと
切望しております

この記事を書いたプロ

office TAMURA (オフィス タムラ)

経営コンサルタント 田村哲也

東京都中央区日本橋3-2-14 新槇町ビル別館第一2F [地図]
TEL:03-6869-7826

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
office TAMURAの田村哲也さん1

「社長の頭の中にある構想」 その実現に向けての徹底サポート(1/3)

 「売上をUPしたいのに営業が思うように動かない、戦略はいろいろ浮かぶが何から始めたらよいかわからない…小規模事業所の社長さまの頭の中は色々なことが浮かんではくるものの日常に忙殺されてしまいます。大企業のようにコンサルタントがついているわけ...

田村哲也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

経営者の頭の中にある戦略を具現化して「アクションプラン」に

屋号 : office TAMURA (オフィス タムラ)
住所 : 東京都中央区日本橋3-2-14 新槇町ビル別館第一2F [地図]
TEL : 03-6869-7826

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6869-7826

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村哲也(たむらてつや)

office TAMURA (オフィス タムラ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「Easy Go♪」

イージーゴー=気軽に行こうっ!「言うは易し行うは難し」4つのエピソードとともに・・・ ①「サーカスの...

「お名前を頂戴できますか?」はNG

ご存知ですか「お名前を頂戴できますか?」はNGだってことを・・・ ビジネスマナー研修 今お手伝いさせ...

「3人のレンガ職人」・・・その三年後

働く意味だったり「目標」と「目的」の違いだったりでよく例え話を用いることがありますよね 寓話「3人のレ...

「ライフタイムバリュー」

先日、ドコモショップ代理店のK部長と久し振りにお話しする機会を得ましたDoCoMoからの評価は「端末をいか...

「3つの目」
イメージ

3種類の動物の目が私たちに大切なことを教えてくれることをご存知でしょうか 虫の目・鳥の目・魚の目 ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ