プロTOP:中村正巳プロのご紹介

ロジック×マジック×OSで企業の問題を解決、業績拡大をサポート(1/3)

生産性を劇的に向上させる組織開発コンサルタント 中村正巳さん

企業の問題の多くは“マジック”に関わること

 オフィス中村代表の中村正巳さんは、組織開発コンサルタント。企業が抱えるさまざまな問題解決を通して、業績拡大をサポートしています。

 多くの企業は、例えば次のような問題に直面しています。
 企業理念が浸透できていない。社内のムードが停滞気味で売上が伸び悩んでいる。サービス・プロフィット・チェーンが構築されていない。営業マンのモチベーションが上がらない。退職率が高く、採用コストなどの労務管理費がかかる。従業員同士のチームワークを高めたい―――。

 「これらの多くは経営戦略の実現に従業員や現場が追い付いていないことに起因。いくら立派なビジョン、戦略、商品、サービスを掲げても、それを実践するオペレーションがしっかりしていなければ、従業員満足度も顧客の支持も得られません」

 経営と人財、現場のミスマッチが起きる理由として、「企業側に“Magic”の視点が欠けていることが多い」と指摘します。

 中村さんは企業の成功方程式を『Logic(論理的追求)×Magic(心理・感情的追求)×OS(ビジョン)』と考えています。
「OSは経営理念など会社の目指すべき目標のことで、“自分たちは何のために働いているのか”という存在理由として、従業員全体で共有すべきもの。Logicは競争に勝てるように提供する価値(商品、サービス、仕組みなど)を論理的に極め、洗練させることです。そして最も大切なのがMagicです。

 現場においては、従業員がワクワクしながら働いているか、他社にはない提供価値を生み出しているか、そのためのリーダーシップをマネジメントが発揮できているか、というのが重要なポイント。従業員ロイヤリティ、サービス品質の高まりは、顧客ロイヤリティの獲得につながり、そうした顧客の反応を通じて、従業員がより良いサービスを追求しようとするという好循環が期待できます。

 Magicのある企業は、従業員満足度と顧客満足度がハイレベルで実現され、サービス・プロフィット・チェーンが機能。オペレーショナル・エクセレンスの実現で、“お客様に次も選ばれる企業”になれるのです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 ポジティブ心理学的アプローチ等を駆使して最適なソリューションを提供

最近投稿されたコラムを読む
OLM研修

(1)特長仕事の成果=OS(ビジョン・考え方)×Logic(論理・知識・能力)×Magic(感情・やる気) の頭文字から名づけました。かの松下幸之助さんや稲盛和夫さんも...

講演テーマ

・経営戦略~ライバルに差をつける競争戦略・生産性を劇的に向上させる組織開発・人生・ビジネスに役に立つレジリエンス開発・マネジメント必須のリーダーシップ...

中村正巳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

証券ビジネスとテーマリゾートで培った組織開発力に強み

屋号 : オフィス中村
住所 : 埼玉県川口市 [地図]
TEL : 090-8688-5596

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8688-5596

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村正巳(なかむらまさみ)

オフィス中村

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
チームをまとめるのに大切なことは何か?

サッカーのワールドカップ開催までいよいよあと2週間となりました。開催直前の2か月前にハリルホジッチ氏から西野...

[ 経営・人事戦略 ]

「生産性を激増させる組織開発」セミナー
イメージ

5月29日(火)IT企業の皆様を中心とした勉強会にて、約50名の参加者の皆様に講演を行いました。テーマは「...

[ 経営・人事戦略 ]

レジリエント・オーガニゼーション

会社が危機に直面した時には、それを克服して再び活力を取り戻していくレジリエント・オーガニゼーション(レジリ...

[ 経営・人事戦略 ]

マネジメント行動評価基準(マネジメント・コンピテンシー・リスト)

マネジメントとしての具体的な行動評価基準は何だと思いますか?MBO(目標管理制度)の中で職責に応じて基準となる...

[ 経営・人事戦略 ]

採用基準

山一證券とオリエンタルランドで通算10年間以上人事の採用担当業務に携わっていました。大学関係者や一般の方か...

[ 人事・教育・研修 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ