コラム一覧 :取材コラム

1件~15件(30件)

過去の15件

投資助言業の定義と役割と売り手との違い

イメージ

 投資に関するアドバイスを行う投資助言 ―――取材コラムの最終回を迎えました。最後に、吉野さんが取り組む「投資助言業」について教えてください。「金融庁のHPでは、次のように規定されています。『投資助言業は、顧客に対して投資顧問契約に基づき、有価証券の価値等又は金融商品の価... 続きを読む

取材コラム

2016-04-08

資産フライトは要注意!資産フライトのリスクと落とし穴

イメージ

 安易な資産フライト、特に不動産の購入にはリスクが ―――自分の資産を日本だけにとどめておくのではなく、日本以外の国へ資産を移す「資産フライト」が増えていると聞きます。なぜですか?「グローバル化に備えて、というのは表向きの理由。多くの場合、節税や日本が抱えるリスクに備えるた... 続きを読む

取材コラム

2016-04-06

非居住者の海外資産の資産運用方法とポイント

イメージ

 日本ではじめた資産運用は海外に住んでも続けることはできる? ―――海外に住むとなっても、日本にいるときにはじめた資産運用は続けられますよね?ネットで取引できれば海外でも変わらずに取引できますし、長期投資ならそのままにしておいて、配当を受け取れれば問題ないのではないでしょうか... 続きを読む

取材コラム

2016-04-04

不動産投資よりREIT?その特徴・違いとは?

イメージ

 「不動産をもたない地主」と呼ばれるREITの投資家 ―――不動産投資で資産形成をすることはできますか?「不動産に関心があるのなら、REITのこともぜひ知っておきたいですね」―――REITとは何ですか?「REITは、『Real Estate Investment Trust』を意味します。多くの投資家から集めた資... 続きを読む

取材コラム

2016-04-01

国際分散投資が簡単にできる「海外ETF」

イメージ

 ETF(上場投資信託)では「海外ETF」がおすすめ ―――長期投資に効果的な金融商品を教えてくだい。「ETF(上場投資信託)です。証券取引所に上場する投資信託で、『Exchange Traded Funds』の頭文字をとりETFと呼ばれています。特徴は、日経平均やTOPIXのように指数に連動するように運... 続きを読む

取材コラム

2016-03-30

争族は親の責任!相続で揉めないための争族対策

イメージ

 意思がはっきりしている間に全員に思いを伝え、それが出来ないな ―――前回、相続について考えるとき、相続税を減らすことを目的にいろいろと策を練るべきではないことがわかりました。では、積極的にすべきことはありますか?「遺産分割で家族が争う姿は見たくありませんよね。『争族対策』... 続きを読む

取材コラム

2016-03-28

1億円を相続することに!知っておきたい相続税のこと

イメージ

 相続税の改正には大きなポイントが4つ ―――資産のことを考えるとき、相続もキーワードになりますよね?昨年、相続税に関する法律が変わったと聞きましたが…「『約600万世帯が相続税の負担を迫られる可能性がある』といった情報が流れたことは、記憶に新しいですね。改正のポイントは大... 続きを読む

取材コラム

2016-03-25

資産運用で金を保有するメリットは小さい/5,000万円以上の資産運用

イメージ

 金はインフレに強いのか? ―――一般的に金はインフレに強い商品として、富裕層、準富裕層の方達に勧めることが多いのですが、「金」を保有するメリットを教えてください。資産運用の目的は「増やしたい」と「維持したい」、大きくこの2つに分けられます。富裕層の方達は「維持したい」... 続きを読む

取材コラム

2016-03-23

妻の年収は130万円以内にとどめるべきか?

イメージ

「前回に引き続き、社会保険と『年金』のお話をしたいと思います。会社員や公務員の奥さんのパート年収は、「扶養内にとどめるべき」「扶養を超えたら働き損」といった風潮があります。しかし、気にせず働き、ある年収を目指すことで、受け取れる年金額が増えることを知っていますか?働い... 続きを読む

取材コラム

2016-03-18

自分年金をつくる個人年金VS個人型確定拠出年金

イメージ

 運用によって金額が変わる確定拠出年金 ―――公的年金以外にも、「年金」があると聞きました。どんなものですか?「国民年金、厚生年金、共済年金など国が運営する公的年金に対し、『個人年金保険』や『個人型確定拠出年金』というものがあります。『個人年金保険』とは、私的に保険料を... 続きを読む

取材コラム

2016-03-16

インデックスファンドVSアクティブファンドのリターン・手数料比較

イメージ

 運用成績がわかりやすく投資先選びが容易なインデックスファンド ―――インデックスファンドとアクティブファンド、それぞれの特徴を教えてください。「インデックスファンドとは、市場平均と同じような動きをする運用を目指すファンドです。市場平均とは「日経平均株価」「TOPIX」など、い... 続きを読む

取材コラム

2016-03-14

アセットアロケーションの考え方・組み方、リアロケーションのタイミング

イメージ

 資産全体の値動きを安定させるためには? ―――アセットアロケーションは、運用成績の80~90%を決める重要なものだと教えていただきました。では、具体的にどのように組んだらいいのでしょうか?「アセットアロケーションは、投資する資産(市場)と投資する市場(場所)をベースに考えます。... 続きを読む

取材コラム

2016-03-11

ポートフォリオの資産構成比率の参考例

イメージ

 マネーライフプランとその運用が連動していることが重要 ―――資産構成比率を考えるには何からはじめたらいいのですか? 「どのような資産構成比にすべきか、人それぞれ異なるわけですが、自分にとって最適な資産構成比率をつくるため、まずは資産運用の目標に立ち返ることが大切です。... 続きを読む

取材コラム

2016-03-09

資産運用における長期投資のメリットは複利にある

イメージ

 利息に対して利息がつく複利の効果が効いてくるには時間がかかる ―――利息のつき方には、「単利」と「複利」の2種類があるということですが、どう違うのですか?「単利というのは、元本に対する利息です。例えば元本100万円・金利が10%の場合、利息は10万円です。翌年以降も、100万円に対... 続きを読む

取材コラム

2016-03-07

投資の基本「リターン」「リスク」「コスト」

イメージ

 リターンは成長率をみることが大切、それを表せるのが幾何平均 ―――無理のない投資を成功させるため、何から学んだらいいですか?「投資を行うことで得られる収益『リターン』と収益の不確実性・変動性を意味する『リスク』から学びましょう」―――リターンは…例えば100万円が110万円にな... 続きを読む

取材コラム

2016-03-04

1件~15件(30件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ