>   >   >   >   >   >  ライフプラン上のリスクについて

コラム一覧 :ライフプラン上のリスクについて

1件~15件(26件)

過去の15件

厚生年金・健康保険の加入基準変更と扶養の条件を考える

既に、新聞報道等もあり、健康保険や厚生年金の加入基準が平成28年10月から変更されることをご存知の方も多いと思います。これを機会に働き方を扶養の条件を離れ、「世帯としてより多くの収入を得る」ことを考えてはいかがでしょう。理由は、世帯収入として扶養の条件から外れることで増え... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-08-13

怪我や病気で働けないリスクに備える保険

前回までで、生命保険の必要補償額の見直し、私的医療保険の必要性の低さを説明しました。ただし、私も此の保険だけは加入したほうが良いのではないかと考え、お客様にお勧めする保険があります。それは所得補償保険です。(大手企業は提携する保険会社と所得補償保険を準備されていました)... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-08-11

医療費の自己負担、高額療養費制度、先進医療、差額ベッド代等を知る。

イメージ

2回にわたり、生命保険についてその必要性を述べました。今回は医療費の自己負担について、お伝えします。お勤めしている方達には、公的な遺族年金や企業の支援金制度と互助会などの支えで、死亡時の必要保証額が減じ保険料を安くすることが出来ることを伝えました。今回は医療費の自己負担... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-08-10

生命保険を相続で活用するケース

昨日は生命保険に入る必要が無い方を紹介しました。一つにはDINKS世帯で、夫婦それぞれが生活を賄うことが出来る職についている場合と、二つ目は高齢者世帯で既に収入の大半が年金収入のケースとお伝えしました。実は第三のケースがあります。生命保険の主たる目的は、遺されたものが生活に... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-08-06

保険の見直し・加入は「無料の言葉」に注意。

イメージ

このコラムの読者は「ただより高いものは無い」という諺をご存知かと思います。同じ内容の言葉として、西洋には「フリーランチ(ただ飯)は無い」というものがあります。もし、商品を売っている方が、ただ飯や販促品を無料であなたに呉れたなら、一歩引くか、用心するのではないでしょうか。と... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-08-05

医療費の国際比較と国民負担について

イメージ

前回は医療費の動向と高齢者の負担について考えました。巷間言われている生活者の医療費と負担について国際比較資料を探し、日本の負担はどのレベルにあるのかを探りました。資料は、「厚生労働省医療保障制度に関する国際関係資料」から得ています。下図は、OECD加盟国の2012年医療費の状況で... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-07-15

医療費動向と生涯医療費等から高齢者の負担増を考える

イメージ

ライフプラン上のリスクで重要な問題として、医療があります。人は様々な病気にかかり、診療を受けます。そこで心配になるのが、医療費です。人は一生の中で、どの程度の医療費が必要なのかの資料があります。今回は、厚生労働省医療保険に関する基礎資料平成24年度の医療費等の状況(平成26 年... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-07-14

住宅地の値上りは一部地域、他は地価下落が確実

イメージ

前回までは、個人の住宅に関わる現状を、国土交通省の平成26年住宅経済関係データに基づき紹介しました。今回は、将来の推計を交えて、土地・住宅の未来を考えてみます。■日本の人口の将来推計下図は、日本の人口と高齢化率の推計です。2015年の総人口は126,597千人ですが、10年後の202... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-07-07

持家・借家の住居費割合、資金調達及び国際比較

イメージ

前回は、持家世帯と借家世帯の家計支出を紹介しました。今回も住居費割合や資金の調達先及び持ち家・借家の国際比較等を国土交通省平成26年住宅経済関係データから紹介します。■住宅の所有関係別住居費支出の割合の推移下記は家計で示した割合の推移です。平成元年時では、持家と民営借家... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-07-06

持ち家世帯と借家世帯の家計支出と家賃額

イメージ

前回は日本での住宅投資は経済的に全く採算が合わないことをお知らせしました。住宅に投資をしても、資産が増えるのではなく減ることが判明しました。では、住宅を購入した家計と賃貸に住んでいる家計の支出割合を家計調査の資料で確認します。データは国土交通省平成26年住宅経済関連データ... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-07-03

新築住宅の購入は割に合わない投資の可能性大

イメージ

前回は中古住宅を購入する観点で中古住宅探しの注意点を述べました。今回は、住宅購入という資産運用について考えます。■住宅総数を年代別に区分したものです。築35年を超える住宅は1,369万戸で、且つ新耐震基準に切り替わった1981年以前の建物が、1,369万戸存在しています。不動産売買では... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-07-03

日本の住宅数は世帯数より多い:中古住宅の検討

イメージ

前回は大学進学におけるお子様の進路について説明いたしました。ライフプランの過程として、お子様を得たのちは住宅購入が控えています。ファイナンシャルプランニングの中で、子育てと住宅購入は大きな支出を伴うイベントです。下図は国土交通省の平成26年住宅関連データにある図表です。... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-06-30

進路で異なる学費金額を学ぶ表

イメージ

前回はお子様の教育費として、高校までの学習費を文科省の資料を基に述べました。高校を卒業するにあたって、大学への進学がありますが、その前に高等専門学校への進学という選択肢もあります。■進路別学費金額下図は、2013年4月に作成した進学シミュレーションの学部別フローです。●... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-06-29

子供の学習費総額と学校教育費

イメージ

お子様の成長とともに、就学の費用が増加します。文部科学省が発表している、平成24年度子供の学習費調査(2014年1月10日公表)から、お子様に掛る教育費を紹介します■学校種別の学習費総額下図は、平成24年度 学校種別の学習費総額の年度合計です。 ・お子様が幼稚園から高校までの各... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-06-26

子育ての費用内閣府インターネット調査

イメージ

無事出産されたのちに必要とされるのが、子育ての費用です。内閣府の「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」には、お子様の各年代別の子育て費用等がはっ評されています。通常育児費用、教育費など纏めてしまっていることが多いので、紹介いたします。■第1子一人当たりの年間... 続きを読む

ライフプラン上のリスクについて

2015-06-25

1件~15件(26件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ