>   >   >   >   >   >  資産運用:ETFの基礎知識

コラム一覧 :資産運用:ETFの基礎知識

1件~15件(23件)

過去の15件

インデックス投信のリレー手法でのコストダウン事例

今回の銘柄入れ替えに置いて、資金は既存の銘柄の売却代金とコストの安いインデックス・ファンドを解約して新しい銘柄を買い求めています。従来、株式や上場投信は通常の投資信託とは異なり、定額の取引は出来ません。単価×株数(又は口数)=購入金額のため、1万円単位等の定額での投資等が出来ず... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-11-06

新しいタイプのETF(バランス型)の取り扱いが始まりました。

今までのETFの殆どは、対象とするアセットクラスを、株式、債券、不動産など単独のアセット(資産)で、国やワールド・地域・規模で層別し、パフォーマンスを測るインデックス(指数)に連動する様構成したものでした。ところが、今年8月に入り、SBI証券、楽天証券、マネックス証券が取り扱いを始めた... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-18

米国国債、新興国ソブリン債等のパフォーマンスを測る指数と連動するETF、

今回は、アメリカ国債のパフォーマンスに連動するETFを紹介します。ご承知の通り、世界で最も流通する国債はアメリカの国債です。アメリカ国債は、「トレジャリー」、"Treasury"と表記され、米国財務省証券のことを指します。米国債は、世界最大の流通量と売買量を誇る証券ですので、その値動き... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-17

ネット証券大手3社取扱い海外ETFが連動を目指す債券指数-1

前回は日本市場の債券ETFを紹介しました。筆者としてお薦めできるものは1本しかない現状でした。では、債券は一般的な投資信託に頼らざるを得ないのでしょうか。日本市場には上場されていませんが、海外の市場には多くの債券を対象とするETFがあります。現在、大手ネット証券3社(SBI証券、マネッ... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-16

日本市場の債券を対象とした指数に連動するETFはたった3-本だけ

資産配分均等

ETF(上場投資信託)を紹介する際に、あまり語られないのが、債券のパフォーマンスを対象とする指数です。資産運用で必要とされる資産配分(アセットアロケーション)が対象とする資産として、国内株式、国内債券、海外株式(先進国と新興国)、海外債券(先進国と新興国)、国内不動産、そして海外不動産... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-15

新しいタイプのETF(レバレッジ型・インバース型))が上場されています

これまで、ご紹介してきました、ETF(上場投信)は対象とする指数に連動するタイプのものでした。これらのETFは原則、対象とする指数の動きを忠実に反映するように設計されています。これとは異なり、対象とする指数が1動いた時に2倍動くように設計されたETFが開発されています。この指数はTPIXレバ... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-14

東京証券取引所に上場されているETN(Exchange Traded Note)について

ETF(Exchange Traded Fund)と同様に上場している商品としてETN(Exchange Traded Note)(上場投資証券又は指標連動証券)があります。東京証券取引所に10銘柄、大阪証券取引所には上場されていません。ETNもETFと同様、価格は株価指数や商品価格などの特定の商品価格に連動する商品として開発されま... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-12

海外ETFの種類と銘柄及び詳細を知る手順です

海外ETFの銘柄選択をされる際の、ETFの種類と特徴について紹介します。ご自身の資産運用で資産配分方針をお決めになられた後に、基本的には海外の市場・指数に連動する物をお選びになろうかと思います。が、日本株式の場合には、NYSE Arca上場の物が二種類あります。一つはMSCI ジャパン指で、も... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-11

海外ETFを調べてみましょう。様々な銘柄に出会えます。

海外を対象とするETFについて、紹介します。日本市場に上場している、海外株式指数に連動するETFは、東京証券取引所で15本、http://www.tse.or.jp/rules/etf/list/foreign.html大阪証券取引所は5本あります。http://www.ose.or.jp/stock/428対象とする指数の数は17指数です。市場同一の指数に... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-09

日本のETTF銘柄選びの手順とポイント

日本市場でETFを購入する際に注意するポイントなどを紹介します。どのような商品があるかを確認するには、東京証券取引所のホームページにETF・ETNスクエアが便利です。ETFとはから始まり、様々な知識が得られます。http://www.tse.or.jp/rules/etf/index.html東証に上場しているETF一覧は下... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-08

ETF(上場投資信託)と株式、従来型の投資信託との違い

株式・ETF・投信の違い

前回は、ETFとインデックスファンドの表に纏めて比較しましたが、今少し上場投資信託ETFの良さを詳しく紹介します。ETFとの比較対象となるのは、株式と従来型投資信託(インデックス投信を含む)です。1 ETFは証券会社を選びません。  日本株式型ETF は投資信託とは異なり、どの証券会社( 一部... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-08-06

ETF(上場投資信託)の基礎的な知識とインデックス・ファンドとの比較

ETFとインデックスファンドの違い

ETF(上場投資信託)を説明する前に、インデックス・ファンド(インデックス投信)について説明致します。インデックスファンドとは、日本では日経平均株価(日経225)や東証株価指数(TOPIX)、米国ではダウ平均株価やNASDAQ総合指数またはS&P500のような株価指数(インデックス)とそのファンドの基準... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-07-31

あなたのポートフォリオにETF(上場投資信託)をご検討ください。

投資信託の種類

皆様は、ETF(上場投資信託)という金融商品を知っていらっしゃいますでしょうか?既に保有されている投資家もいますが、なぜか取引額が少ない商品群です。世界的には、様々な商品が開発され、米国では機関投資家・年金運用団体が積極的にそのポートフォリオに組み入れていて、既に国では売買残高の2... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2012-07-30

海外ETF選定の考え方と銘柄例-債券他

債券型は対象とする債券の分類なども少なく、米国市場への偏りがありますが、国内外の債券に投資する際には、信託報酬の低い、インデックス・ファンドをポートフォリオに組入れることも検討されると宜しいかと思います。米国市場での債券型は種類も多く、米国国債の短期、中期、長期などに対応し... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2011-01-13

海外ETF選定の考え方とその銘柄例-株式編

我々悩み多き一般投資家としてのETF選定にむけた、考え方と例を取り上げました。株式への資産配分をあれこれ悩まれていらっしゃる方には、1銘柄で世界の大手企業をカバーする世界指数に連動するETFがあります。香港市場にリクソーETF MSCI ワールドが上場されています。この指数は、米国、日... 続きを読む

資産運用:ETFの基礎知識

2011-01-12

1件~15件(23件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ