>   >   >   >   >   >  人生設計:リスクと生命・医療保険

コラム一覧 :人生設計:リスクと生命・医療保険

1件~15件(15件)

健康保険の被扶養者の要件

このところ立て続けに、お電話を頂きました。その内容は、健康保険の被保険者からのもので、「20歳以上の息子を被扶養者に出来る?」「父親が退職したので被扶養者にしたい」などでした。新年度を迎えたこともあり、被扶養者(扶養される)人に関する問い合わせが多くなったようです。健康保険... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2015-03-29

「保険の見直し」は家計スリム化の第一歩、自家保険を作ろう

130225高額療養費スライド

前回は、医療保険の見直しについて、ネット生命のスタンスを紹介しました。現在、高齢者に保険を勧めるTVコマーシャルが大量に流れています。人間の行動の偏りを利用して、感性に訴えるものが多いと考えています。例えば「がん」に係る者を取り上げると、日本の高齢者で癌に掛るのは半分という... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2013-02-26

インフレに備えるため、「保険の見直し」はネット生命がお薦め

高額療養費制度

アベノミクスによる、円安と日本株の上昇が続いています。私の周りでも、少しずつデフレから「脱却できるのでは」と考えている方が増えてきました。皆様は如何お考えでしょう。インフレへの対応は多々ありますが、いち早く出来る事は、家計の圧縮です。家計の圧縮と言っても、食費は削らないよう... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2013-02-25

傷病による入院期間はどの位なのか?  保険が必要でしょうか確認しましょう

在院日数

昨日に引き続き、厚生労働省のHPに掲載されている、平成23年(2011年)患者調査の概要から得たデータを紹介します。平成23年9月中に退院した全国(石巻医療圏、気仙沼医療圏、福島県を除く)の推計患者について、在院日数を調べたdataが有ります。それによると平均在院日数は、「病院」が34.3日、... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2012-11-29

医療保険に入る前に一考すべき患者に関するデータです。高齢者の80%は非受療者です。

受療率

本日は病気に為られた際の医療・入院などの実態を紹介します。私は、民間の医療保険の有効性に常々疑問を抱いています。その理由は、日本には世界的にみても優れている公的医療保険があり、それにより日本国どこでも、有効と確認されている医療サービスが廉価で受けられ、かつ、医療費が生活者の... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2012-11-28

月1,000万円以上の医療費、最多179件の記事。【自己負担は幾ら? を算出】

70彩未満高額療養費

咋2012年9月24日の日本経済新聞朝刊に標記見出しで、健康保険組合で1ヶ月の医療費が1,000万円以上掛ったケースが2011年に179件になり過去最高となった事が掲載されていました。また、500万円以上も4,457件で過去最高とのこと最高額は1億1550万円との事でした。データは業界団体の健康保険組合連合会... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2012-09-25

民間の医療保険に加入する前に、入院日数と差額ベッドの実態をご確認ください

病床別入院日数

医療保険の営業トークに、差額ベッド代や入院時の雑費等もばかになりません、例えば差額ベッドが1日10,000円支払うと家計が大変です。などがあります。営業トークを聞いていると、保険に入らなければ、大変だ!!という気持ちになります。でも、実態を知ることで、入る気持ちも無くなるのではないかと... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2012-04-18

保険に加入する前に、年代別の生存率をご確認ください

年代別生存率表

昨日は、先進医療の内容について、御紹介しました。もし、医療保険を購入された場合、先進医療特約を付けても、使用しない確率が大きいことがお分かりに為られたと思います。今回は、若い時に生命保険に入るのは、価値があるのかを検討頂くデータをご紹介します。それは、厚生労働省がホームペー... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2012-04-17

公的保険が使えない先進医療と保険で掛れる標準治療の違い

先進医療の実施報告

昨日は高額療養費制度について、内容ご紹介し、民間医療保険の必要性が低い理由を紹介ししたか。でも、がん保険などの営業から気化される先進医療は公的医療保険が使えないから心配と、お考えになる方のために、先進治療について紹介します。先進治療という言葉を聞くと、何か最先端の治療で大変... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2012-04-16

医保険加入の前に公的保険・高額療養費制度を知りましょう。

70彩未満高額療養費

明日、発売の週刊ダイヤモンド(特大号2012)年4/21号)の特集は「だまされない保険」として、保険勧誘のだましの手口や数字のマジック等が掲載されています。(定期購読社のため、事前に届きますので情報が早く届きます)。記事の内容は、現在保険に加入されていらっしゃる方、これから加入を検討され... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2012-04-15

後悔しないために読む、保険選び本

私はFPを開業した当時、保険販売の資格を保有しているFPとして、代理店に属しました。販売を行うための営業研修で、これらを販売することはお客様のために為るのかとの疑問に突き当たり、早々に販売から撤退しました。何故ならば、お客様に販売してほしいと紹介されるものは、高い手数料が入るもの... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2011-10-12

医療保険の必要性について考える

イメージ

医療保険の最大の目的は「病気や怪我」になった際に、生活(家計)に負担を与えずに医療を受けられるというものです。「安心して入院・病院通いが出来ます。」です。では、通常加入する医療保険の契約内容を考えて見ましょう。主契約では、疾病入院給付金が支払われます。支払額は、入院給付金日額... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2011-06-06

もしものときに必要な保障額のイメージ

イメージ

ライフプランのご相談にあずかる際に、生命保険に関しては下記のイメージをお見せしながら、保障額の考え方を説明しています。 下図は縦軸が必要補償額で横軸は時間として、必要保障額の期間変化をイメージしています。独身の間、通常は遺された者が居ませんから補償額はゼロ円でも大丈夫です... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2011-01-21

保険の貯蓄性は非効率

イメージ

今回は「保険と貯蓄」について考えてみたいと思います。 ご承知の通り、生命保険の主眼は、家計の大黒柱に「もしも」が発生した場合、遺された者が困らないために掛けるものです。この保険に貯蓄性を持たせたものが養老保険になります。良く「養老保険の予定利率が2%で保証されているから、貯... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2011-01-20

知らないと損する高額療養費制度について

イメージ

先日、友人と退職後の生活で一番不安なのは、医療費が払えるのかという事が出ました。高額療養費制度をお話ししたのですが、意外と知られていない制度なのだと解りました。そこで、ライフプランシリーズ始める一番に掲載致します。現在コマーシャルでは、高齢者の医療保険のコマーシャルが放送さ... 続きを読む

人生設計:リスクと生命・医療保険

2011-01-18

1件~15件(15件)

コラムのテーマ

RSS
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ