>   >   >   >   >   >  人生設計:老後の安心年金と制度

コラム一覧 :人生設計:老後の安心年金と制度

1件~15件(16件)

過去の15件

インフレ時の老後資金形成には、所得控除が使える確定拠出年金は外せません

確定拠出年金のイメージ

デフレ時代からインフレ時代に変化した際の、借金と資産形成の金利は逆の発想が必要です。デフレ時代は、借金は変動金利、資産形成は固定金利が有利な投資方法でしたが、インフレの際には、借金は固定金利で、資産形成は変動金利へ というものです。これは、実際に負担する金利の算式でわかり... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2013-01-31

国民年金-保険料の低すぎる納付率で考えること

本日平成24年11月30日に厚生労働省が平成24年9月末現在の国民年金保険料の納付率を発表しました。「家計のホームドクター」であるファイナンシャルプ・ランナーとして、将来のご自身の年金を収めていない方の多さに、心配しています。納付率には、現年度(今年であれば24年度)に納付された率と、未... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-11-30

65歳以上の妻の遺族年金と離婚の際の年金保険料納付記録の分割

昨日は障害年金について述べさせていただきました。本日は、御主人の定年後、65歳以降でお無くなりになった際に、65歳以上の妻が得られる年金について、紹介いたします。ところで、公的年金には「1人1年金」という原則があります。支給事由の異なる年金の受給権を得た時には、どちらか一方を選択... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-05-24

国民年金保険料納付者の実態と滞納者・免除者の概況

イメージ

昨日、一昨日で、国民年金制度の被保険者について、昨日は保険料り免除について、紹介しました。本日は制度の概況を紹介します。厚生労働省が平成23年1月に発表した、厚生年金・国民年金事業の概況によれば、平成21年度末に公的年金に加入している方は、6,874万人で、任意加入を含む第一号被保険... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-05-21

経済的に困難に陥った場合の国民年金保険料の免除等について

国民年金の被保険者は、保険料をお支払いになるのですが、経済的に納入が困難になった際には保険料免除制度等があります。保険料免除制度の対象者は、自営業者や無職などの国民年金第一号日保険者だけです。免除の種類は「法定免除」と「申請免除」があり、その他特例として学生の納付特例制度と... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-05-20

国民年金の被保険者の保険料&専業主婦の仕組み

国民年金の被保険者の保険料と支払は第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者毎に異なります。第一号被保険者は被保険者本人に納付義務があります。(大学生等本人に収入が無い場合には世帯主が連帯して負担します)平成24年度の保険料は月額14,980円(年間納付額179,760円)です。前納制... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-05-19

国民年金の被保険者と受給資格期間の要件について

本日から、我々が加入している年金について、被保険者および種別の年金を受給される方などを紹介します。最初は、原則として国民すべてが加入する国民年金についてです。国民年金は、昭和61年4月からは、日本国内に住む20歳以上60歳未満の人全員が加入することが義務付けられている年金保険です... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-05-18

公的介護保険の1号、2号被保険者の違い

介護保険の場合、被保険者と被扶養者の区別はありません。どなたも加入する必要があります。保険者は 市町村と特別区で、被保険者の管理や保険料徴収を行います、そして、保険料収入や国からの負担金等を財源に、保険財政の適正な運用を図りながら、保険事故が発生した場合の保険給付をおこないま... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-05-15

老後・年金生活に役立つ本の紹介

週刊ダイヤモンドで連載されている、山崎元さんのコラム「マネー経済の歩き方」で、老後の生活設計に役立つ本、老後資金はこれだけかかると」不安を梃子に金融商品を販売している企業・営業マンが困る本、として紹介された本を読みました。題名は あんしん・お気楽! 「年金15万円のゴージャス... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-04-13

各年金とご自身の資産運用の整合

イメージ

将来の年金に不安が広がっています。日本の年金が破綻することは無いと考えていますが、年金の給付額の削減は可能性が高いと思われます。というよりも、年金の給付額の削減は明日にでも実行しないと、将来の削減額は大きなものになると予想されます。既に現役世代の負担は税金・社会保険料の負担... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-01-09

一般投資家の資産配分は企業年金のストレステストを参考に

イメージ

昨日は年金積立金管理運用独立行政法人の資産配分とポートフォリオご紹介しました。本日は、企業にお勤めの方達の多くが退職時に退職金の一部を預けて、年金として受け取る制度(一部厚生年金基金、確定給付企業年金を含む)を束ねる企業年金連合会の資産運用への考え方と資産配分をご紹介します。... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-01-08

一般投資家の資産配分はGPIFのポートフォリオを参考に

イメージ

昨日は、ライフプランに用いる期待リターンの考え方をご説明しました。資産運用の成果の91%は資産配分で決まるとされております。そのため、資産配分をどのように組めば良いのか等の参考として、我々の年金を運用している、年金積立金管理運用独立行政法人の資産配分とポートフォリオご紹介します。... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2012-01-07

日本国債の消化不安と社会保障高給付の行方

ギリシャ危機に始まる欧州の過剰債務国問題の影響で、日本国の債務にも目が注がれています。先週発行の週刊新潮では、国債の国内消化について、あと1000日しかできないとの問題が提起されています。そして、それに伴うハイパーインフレにも触れています。私もコラムで何回か取り上げています。... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2011-09-19

遺族厚生年金について

遺族厚生年金は、厚生年金保険の被保険者または、被保険者であった方が、下記の要件に当てはまる場合に支給されます。厚生年金保険の被保険者が死亡された場合、または、その間に初診日があった病気やけがで、初診日から5年以内に死亡された場合。1級、2級の障害がある方で障害厚生年金を受け... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2011-03-19

遺族基礎年金について

ご主人にもしもの際に支給される遺族年金の概要をご紹介します。遺族年金は遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類があります。遺族基礎年金は概ね国民年金に加入されている方が死亡された場合と老齢基礎年金の受給権者が死亡した場合に支給されます。受給者は「子のある妻」か「子」だけに支給... 続きを読む

人生設計:老後の安心年金と制度

2011-03-18

1件~15件(16件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ